最新テクノロジーで将来の夢を!「REDEE」が新感覚のエデュテインメント施設に!

2022年8月3日、日本最大級のデジタル教育施設「REDEE(レディー)」を運営するレッドホースコーポレーション社は、同月1日に「REDEE」をリブランドしたことを明らかにしました。

ゲームを通じて自分の興味のある職業につながる、デジタル体験ができる新感覚のエデュテインメント施設に生まれ変わっています。




選べる職業は3種類!未来につながるコンテンツが充実

選べる職業は3種類!未来につながるコンテンツが充実

日本最大級のデジタル教育施設「REDEE」は、デジタル教育施設としての位置付けをさらに高め、目指す職業に合わせたコンテンツを充実させました。

30種類以上のデジタルスキルアップ体験、最新テクノロジーが1日で体験できるようになっています。

選べる3つの職業は

「エンジニア」

「クリエイター」

「プロゲーマー」

という、いずれもゲームに関わる子どもたちに人気の職業です。

新しく登場した体験コンテンツ

エデュテインメント施設としての役割を強化した「REDEE」は、より興味のある分野に特化して学ぶことができるコンテンツを全部で30種類以上が揃いました。

主なものは以下の通りです。

メタバースVR没入体験

メタバースVR没入体験

メタバース空間(バーチャル大阪)を自由に歩くことができます。

カスタマイズPC展示

カスタマイズPC展示

パソコンの内部構造を展示。パーツの役割を学べる展示です。

ペンタブ体験

ゲーミング英会話体験

ペンタブを使ったデジタル塗り絵を体験できます。

ゲーミング英会話体験

ゲーミング英会話体験

メンバーシップで人気のゲーミング英会話を楽しめます。

メンバーシップ作品展示

メンバーシップ作品展示

REDEEメンバーシップの子どもたちが作ったゲームや映像を展示されていて、実際に遊んでみることも可能です。

楽しみ方は自由自在!

30種類以上のコンテンツをどこから回っていくかは自分次第なので、好きな順番で自由に体験できます。

また、指定されたコンテンツに参加するとスタンプがもらえ、スタンプを集めると最後に景品をもらうことができ、より達成感が高まります。

初日である8月1日には、100名以上が来館し、新しいコンテンツを思い思いの楽しみ方で、目指す職業につながるデジタル体験をしました。




日本最大級のデジタル教育施設「REDEE」とは?

日本最大級のデジタル教育施設「REDEE」とは?

「REDEE」は、ゲームの体験を通じて、デジタル技術をはじめ、広域な知識やスキルを獲得するための日本最大級のデジタル教育施設です。

258席を有するシアターのプロゲーマー体験エリアで、eスポーツ大会の出場者さながらの体験やゲーム実況者体験、VRやドローンの体験、プログラミング教室など、誰もが気軽に楽しんで、学べる施設となっています。

学校関係者向けの校外学習や修学旅行先としても人気のスポットで、コロナ禍においても多数の団体が来館しているとのことです。

住所〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1

アクセス:大阪モノレール「万博記念公園駅」より徒歩約2分、ららぽーとエキスポシティ内

施設面積:1,457坪

WEB公式サイト

運営会社:レッドホースコーポレーション株式会社

まとめ

日本最大級のデジタル教育施設「REDEE」が、ゲームを通じて学ぶ新感覚のエデュテインメント施設に生まれ変わりました。

ゲームに関わる職業について、デジタルコンテンツを通してより深く体験することができます。

夏休みのこのタイミングで生まれ変わった「REDEE」。夏休みの期間中は休みなく営業しているとのことです。

夏休みは「REDEE」で最新テクノロジーに触れ、本物のデジタル体験で将来の夢を見つけてみるのもいいのでは?

ソース:レッドホースコーポレーション株式会社のプレスリリース[PR Times]

関連キーワード

Twitterでフォローしよう