「東海4県ロケットリーグ高校生大会」2/26に開催!エントリーは24日まで

一般社団法人愛知eスポーツ連合は、高校生を対象にしたeスポーツ大会「東海4県ロケットリーグ高校生大会」を、2022年2月26日(土)にオンライン開催することを発表しました。

エントリーは既に始まっており、同24日(木)まで専用フォームにて受け付けられています。




「東海4県ロケットリーグ高校生大会」2/26に開催

今月26日に開催される「東海4県ロケットリーグ高校生大会」は、愛知eスポーツ連合の主催・北米教育eスポーツ連盟 日本本部(NASEF JAPAN)の後援で行われるeスポーツ大会で、

・愛知

・三重

・岐阜

・静岡

の高校生たちを対象としています。

チームメンバー同士でコミュニケーションを図りながら、切磋琢磨し技を磨いて強くなっていくことを目的としており、PCだけでなくPSシリーズなど全てのプラットフォームで参加することができます。

なお、翌日の27日(日)は大会予備日となっています。

イメージ

エントリーは2月24日まで

同大会へのエントリーは、専用フォームにて今月24日(木)まで受け付けられており、参加費用は無料。

愛知・三重・岐阜・静岡の東海4県に在籍する

・高校生

・定時制高校生

・高等専門学校生(3年生まで)

・通信制高等学校生

のみ、同一の学校に通う生徒ら3人一組で参加することができます。




3対3の熱戦が繰り広げられる

本大会には、サッカーゲームの「Rocket League(ロケットリーグ)」が採用されており、

・PC

・PS4

・PS5

・XBOX One

・XBOX X/S

・Nintendo Switch

のいずれかにて参加できます。

競技形式はシングルエリミネーションのトーナメント形式で、高校生たちによる3対3の白熱したバトルが展開されます。

この大会に採用されている「Rocket League」は、レースゲームとサッカーゲームが融合したこれまでにない新しいスポーツゲームで、世界で大ヒット。

様々な大会に採用されています。

プレイヤーはジャンプやロケット飛行ができる車「バトルカー」を操作し、相手チームのゴールにボールをシュートしていきます。

制限時間内により多くのゴールを決めたチームが勝利という、サッカーに近いルールであるものの、オフサイドなどの難しいルールを省いてシンプルなルールであることから、初めて観戦する人でも楽しめるタイトルとなっています。

まとめ

「東海4県ロケットリーグ高校生大会」が、今月26日にオンラインで開催されます。

ここでは高校生たちによる白熱したバトルが行われ、東海4県ロケットリーグ高校生No.1が決定されます。

今回の大会はいったいどんな展開になっていくのでしょうか。

エントリーは24日まで受け付けられているので、ぜひ参加して日頃のチームワークを試してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう