イメージ

アディッシュプラス株式会社は、同社がスポンサーを務めているeスポーツチーム「RyukyuGaming」の取り組みのひとつとして、高橋佑明さんをコーチとして招き、KBC学園 未来高等学校沖縄のゲーム部「IDA Gaming」チームのサポートを行っていくことを発表しました。




「RyukyuGaming」が高校生たちの挑戦をバックアップ

「RyukyuGaming」は沖縄を拠点とするゲーミングチームで、eスポーツの特徴でもある

・年齢

・性別

・障害

・時間

・場所

を超越する"5LESS"という思想に共感して、eスポーツ市場の健全な発展や、青少年の健全なインターネット利活用の推進にeスポーツを通じて寄与する活動をおこなっています。

そんな同チームが今回、KBC学園 未来高等学校沖縄のゲーム部「IDA Gaming」のチームメンバーたちのサポートをすることになりました。

「IDA Gaming」では

・全国高校対抗eスポーツ大会「STAGE:0」

・全国高校e-sports選手権

に挑戦しようと試行錯誤しています。

しかし、それらの大会のタイトルでもあるLeague of Legends(LoL)でプレイヤーとして成長していくためには、非常に多くの知識が求められており、また同校としても部活動としてeスポーツチームを運営することは初の試みであり、適切な指導者がいないという課題があります。

今回の"RyukyuGaming"の取り組みはこの課題を解決することを目的に行われるもので、LoLについて高いポテンシャルと幅広い知識を兼ね備えている高橋佑明さん(サモナーネーム:takahashiEX)がコーチとして派遣されます。

このサポートでは、チームメンバーである生徒たちがLoLプレイヤーとして成長していくために必要な知識を共有・指導することで、生徒たちのレベルアップと大会で結果を残すことを目指しています。

イメージ




今後の試合に出場も

チーム「IDA Gaming」では、高橋佑明コーチによる指導のもと、部活動・eスポーツチームとしてメンバーたちのレベルアップを図りながら、

・11月7日より開催されている「第1回U19eスポーツ選手権」

・12月5日より開催される「第3回全国高校e sports選手権」

に挑戦していきます。

彼らの活動報告は、「RyukyuGaming」の公式TwitterやKBC学園 未来高等学校沖縄のFacebookなどで実施されていきます。

「RyukyuGaming」公式Twitter

KBC学園 未来高等学校沖縄Facebook

まとめ

沖縄のeスポーツチーム「RyukyuGaming」が、KBC学園 未来高等学校沖縄 ゲーム部「IDA Gaming」のサポートをしていくことが発表されました。

今回はLoLの知識が豊富な高橋佑明さんがコーチとして派遣され、メンバーである生徒たちの、プレイヤーとしてのレベルアップが図られていきます。

彼らは今後のeスポーツ大会にも出場を予定しており、大会ではどんなバトルを見せてくれるか楽しみですね。

レベルアップした彼らは、注目を集めるチームとなりそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう