プロプレイヤーとの対戦も!eスポーツでSDGsを学ぶイベント開催!

2022年2月24日、福岡県を拠点に活動する株式会社愛しとーとは、同社が運営するeスポーツ関連企業株式会社CS entertainmentが2月26日に福岡市にて開催予定の「みんなのSDGs展~こどもFUKUOKA未来博~」に参画することを発表しました。

「みんなのSDGs展」ではeスポーツイベントとして「eスポーツエキシビション」が行われ、プロeスポーツプレイヤーやパラeスポーツプレイヤーと対戦することができます。




現役プロプレーヤーとの対戦を通して社会の課題を知るきっかけに

現役プロプレーヤーとの対戦を通して社会の課題を知るきっかけに

「eスポーツエキシビション」とは福岡市が目指すSDGs目標達成に向けて、行動の一歩目を自らの意思で踏み出すためのきっかけ作りとして開催されるイベントです。

来場する子供たちは

・年間賞金総額3億円のリーグに参戦する現役プロプレイヤー

・障がい者スポーツとして注目を集めるパラeスポーツプレイヤー

と対戦することができ、eスポーツを通して多様性尊重などSDGs精神を学ぶことができます。

また、保護者にとっても

・eスポーツを通じたデジタルの知育

・子どもたちの感覚や思い

など、様々なデジタルとの付き合い方を知ることができるようになっているとのことです。

「eスポーツエキシビジョン」概要

「eスポーツエキシビジョン」概要

日時:2022年2月26日(土)10時~17時

場所:福岡市科学館 3階 特別展示室(福岡市中央区六本松4-2-1

WEB:第2回 みんなのSDGs展特設サイト

参加費:無料

eスポーツトークイベント

CS entertainment所属の

・パラeスポーツの第一線で活動しているストリーマー星野佑介

・日本トップリーグに出場中のプロeスポーツ選手

によるトークイベント。

eスポーツエキシビジョン

プロeスポーツプレイヤー×パラeスポーツプレイヤーによるエキシビジョンプレイ。さらに来場者から挑戦希望者を募り、彼らと対戦します!

SDGs×eスポーツクイズ

SDGsとeスポーツに関するクイズ大会。

正解者にはプロeスポーツチーム「FOR7」オリジナルステッカーがプレゼントされます。

ゲーム体験ブース

対戦する楽しさやeスポーツとしてのゲームの面白さを体感できる、子供たちを対象にしたeスポーツ体験コーナーです。

保護者も子供たちがゲームを頑張っている姿や喜怒哀楽を表す姿を通して、親子で一つになってゲームを楽しめます。




地元企業がイベントを主催

地元企業がイベントを主催

「eスポーツエキシビション」を主催するCS entertainment社は福岡県中川市を拠点に

・プロeスポーツ選手・ストリーマーのマネジメント

・eスポーツ大会・eスポーツイベント・ビジネスコンテストの運営

・番組制作

などの活動を行っています。

また、プロチームには、

世界ダウンロード数5億回を超えるモバイルゲーム『Call of Duty: Mobile』をプレーする「芝刈り機〆(CoDm部門)」

PUBGM・APEXの2部門を抱える「FOR7」

が所属中です。

今回「みんなのSDGs展」に参画するにあたり、eスポーツを通じて子どもが楽しみながらSDGsを学び、取り組むきっかけ作りをサポートしたいとしています。

「みんなのSDGs展」とは?

「みんなのSDGs展」とは?

近年耳にする機会が増えたSDGs(エスディージーズ)とは、国連が提唱する「持続可能な開発目標」です。

世界の環境や飢餓、食料など全世界が共通認識を持って問題解決に取り組む17のゴールと169の具体的な目標から成り立ちます。

とはいうものの、実際に私たちが何から取り組めばよいのか、さらに子どもから質問された時にどう答えればよいのか、学ぶ機会は限られているのが現状です。

そこで、SDGsを親子で楽しく学ぶイベントとして「みんなのSDGs展」が福岡市科学館(福岡市中央区六本松)にて開催されることになりました。

まとめ

最近話題のSDGsをeスポーツを通して学ぶイベントが行われます。

親子の会話としては小難しく堅いイメージの話題も楽しく知ることができれば、大人も子供も理解を深めることが可能です。

また、イベントを通じて子供たちがeスポーツの楽しさを体験し、大人にとってもeスポーツへの理解が深まることになれば、将来を担うeスポーツプレーヤーが育つ土壌作りにもなるのではないでしょうか。

今後も同様の取り組みを行うeスポーツチーム、eスポーツ関連企業が続くことに期待したいですね。

ソース:プレスリリース[PR Times]

Twitterでフォローしよう