「SFL: Pro-JP 2021 プレイオフ」結果発表!グランドファイナル は1/29に開催

2022年1月8日(土)に行われた「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 プレイオフ」の結果が公開されています。

このトーナメントを勝ち上がった2チームが激突する「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 グランドファイナル」は、今月29日(土)に東京・渋谷にてオフライン開催されます。




「SFL: Pro-JP 2021 プレイオフ」結果発表

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP」は、JeSUから発行される「ストリートファイターV」ジャパン・eスポーツ・プロライセンスを保有する世界トップレベルの選手たちが、リーグ独自のチームを組んで戦う6チーム制の公式チームリーグ戦で、2018年より過去3シーズンが実施されています。

2021年シーズンでは、企業8社がチームオーナーとなって4人1組のオリジナルチームを編成するチームオーナー制が導入されており、全56の試合が10月よりオンラインライブ中継されています。

リーグ本節では各チームがポイントを競い合い、その上位チームが「プレイオフ」へ、さらに勝ち上がったチームが決勝である「グランドファイナル」へと進出します。

イメージ

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021」公式Webサイト

「CAPCOM eSports」公式Twitterアカウント

「Mildom Beast」と「v6プラス FAV Rohto Z!」がGFへ進出

プレイオフは

・MATCH1

・MATCH2

・MATCH3

で、それぞれ2巡の試合が行われており、WINNER SIDEではリーグ本節2位の「v6プラス FAV Rohto Z!」 と同3位の「Mildom Beast」が、LOSER SIDEではリーグ本節4位の「忍ism Gaming」とリーグ本節5位の「魚群」が激突しました。

MATCH1では最終的に「v6プラス FAV Rohto Z!」が3pt・「Mildom Beast」が5ptを取っており、「Mildom Beast」が勝利しています。

イメージ

1巡目

イメージ

2巡目

イメージ

MATCH1結果

MATCH2では最終的に「忍ism Gaming」が2pt・「魚群」が6ptを取っており、「魚群」が勝利しています。

イメージ

1巡目

イメージ

2巡目

イメージ

MATCH2結果

さらに行われたMATCH3では、MATCH1で敗北した「v6プラス FAV Rohto Z!」とMATCH2で勝利した「魚群」が激突しており、最終的に「v6プラス FAV Rohto Z!」が5pt・「魚群」が3ptを獲得。

「v6プラス FAV Rohto Z!」が勝利しています。

イメージ

1巡目

イメージ

2巡目

イメージ

MATCH3結果




グランドファイナルは1月29日開催

プレイオフの結果、「Mildom Beast」と「v6プラス FAV Rohto Z!」が、グランドファイナルへの進出を決めており、彼らはグランドファイナル進出を決めている、リーグ本節1位の「Good 8 Squad」と3チームで優勝をかけて戦います。

イメージ

グランドファイナルは、1月29日(土)の13時より、東京・渋谷のイベントスペース"EBiS303"にて開催が予定されており、大会の模様はライブ配信サービスZAIKOにてWEB先行視聴が行われます。

このWEB先行視聴チケットは、1日通しで3,000円で販売中となっており、購入方法など詳しくはストリートファイターリーグ公式サイトで確認できるほか、後日には無料配信も予定されています。

またプレイオフの様子は、1月15日(土)18:00より「CAPCOM eSports」公式チャンネルにて無料配信されます。

「CAPCOM eSports」公式YouTubeチャンネル

「CAPCOM eSports」公式Twitchチャンネル

「CAPCOM eSports」公式Mildomチャンネル

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021」公式Webサイト:プレイオフ

まとめ

今月8日に行われた「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 プレイオフ」の結果が発表されています。

その結果「Mildom Beast」と「v6プラス FAV Rohto Z!」がグランドファイナルへの進出を決めており、そこでリーグ本節1位の「Good 8 Squad」との3チームで本シーズンのチャンピオンを目指して激闘します。

グランドファイナルは29日13時スタート。

果たして王者となるのはどのチームなのでしょうか。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう