「SFL: Pro-JP 2021 U-22大会」8/9開催!エントリーは8/5まで 

カプコンの格闘ゲーム"ストリートファイターV チャンピオンエディション"の22歳以下プレイヤーを対象にした大会「ストリートファイターリーグ(SFL): Pro-JP 2021 U-22大会」が、2021年8月9日(月・祝)に開催されます。

エントリーは既に始まっており、8月5日(木)午前11時59分まで専用フォームにて受け付けられています。




「SFL: Pro-JP 2021 U-22大会」8月9日に開催

今年8月9日に開催が予定されている「SFL: Pro-JP 2021 U-22大会」はカプコンが主催する公式大会で、格闘ゲームの金字塔「ストリートファイターV チャンピオンエディション」の新世代の才能の発掘を目的に、22歳以下のプレイヤーを対象にして行われます。

集まるのは「SFL: Pro-JP 2021 ドラフト会議」の候補選手登録権の獲得を目指す22歳以下の若手プレイヤーたちで、彼らはオンライントーナメントによる個人戦を戦い抜きます。

毎年行われている同大会ですが、今年はどのような若き才能が集まり、新たなスターが生まれるのか、日本中から注目が集まります。

イメージ

大会公式サイト

優勝賞金は3万円!プロになるチャンスも

本大会の優勝者には3万円の賞金が用意されており、参加人数に応じて指定の成績を収めた参加者には、一般社団法人日本eスポーツ連合「JeSU」 が発行する「ジャパン・e スポーツ・プロライセンス」の取得資格が与えられるのと、ドラフト会議候補選手として登録がされます。

その指定の成績は、以下のようになっています。

32名以上の参加者の大会の場合

本大会に32名以上のプレイヤーが出場した場合は、優勝選手1名にJeSUへ「プロライセンス」発行の推薦が行われ、ドラフト会議候補選手として登録されます。

31名以下の参加者の大会での場合

本大会に出場するプレイヤーが31名以下だった場合は、JeSUへの「プロライセンス」発行の推薦とドラフト会議候補選手登録の、どちらも実施されま




エントリーは8月5日まで

本大会へのエントリーは専用フォームにて受け付けられており、8月5日(木)午前11時59分まで応募可能になっています。

出場できるのは先着256名のプレイヤーで、8月9日時点で満15歳~22歳のプレイヤーであることの他、

・「ストリートファイターV」の「プロライセンス」を保有していない

・「プロライセンス」取得資格を得た場合「プロライセンス」を取得する意思がある

・ドラフト会議で指名を受けた場合は「SFL: Pro-JP 2021」にチームメンバーとして参加できる

などが出場条件になっており、詳しい参加資格は公式サイトで確認することができます。

またTOP8以降の試合は、各プラットフォームの「Capcom Fighters JP」チャンネルで配信が予定されています。

配信サイト(YouTube)

配信サイト(Twitch)

配信サイト(Mildom)

まとめ

「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 U-22大会」が、8月9日に開催されます。

この大会は格闘ゲーム「ストV」の公式大会で、若手の逸材の発掘を目的に、22歳以下のプレイヤーを対象に行われます。

優勝者には賞金の授与に加えて、プロライセンス取得への推薦・ドラフト会議候補選手への登録も行われます。

プロ選手となり飛躍するチャンスとなるこの大会、腕自慢のプレイヤーはぜひ参加してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう