SNKがeスポーツ活動サポートプログラムを開始!企業や団体の活動を支援へ

ゲームメーカーの株式会社SNKは2021年10月15日(金)、新たなeスポーツサポートプログラム「SNK e-Sports Support Program:企業・団体支援」を開始したことを発表しました。

今回はその名のとおり、同社が提供するゲームタイトルを使用した企業や団体のeスポーツ活動の支援が行われていきます。




「SNK e-Sports Support Program:企業・団体支援」開始へ

「SNK e-Sports Support Program」は、数々の名作を世に送り出してきたゲームメーカー・SNKが実施しているeスポーツサポートプログラムで、"THE KING OF FIGHTERSシリーズ"など同社が提供している格闘ゲームを採用した大会への支援が行われていきます。

プラットフォームは

・コンシューマ

・PC(STEAM)

・アーケード

を対象にしており、直接的な営利活動を目的としない大会・イベントが対象。

例えば企業内や企業間でのeスポーツ大会での活用のほか、

・地域イベントでのゲームの使用

・教育機関のeスポーツ授業での使用

・eスポーツ施設での使用

での利用が想定されています。

イメージ

国内企業や団体が対象!タイトルの使用許可などを実施

このプログラムに申し込みできるのは、日本国内の企業や教育機関・団体・施設などで、必要事項を記入したメールをSNKに送ることで申し込み完了。

その詳細・宛先は、「SNK e-Sports Support Program:企業・団体支援」公式サイトで確認することができます。

サポートの対象になる大会は、一般ユーザーが参加可能なオフラインまたはオンラインのゲーム大会であることが条件で、その他参加予定人数が

・オフライン大会16名以上

・オンライン大会8名以上

であることや、WEBサイトやSNSなどを通じて大会参加者の募集告知や大会結果の掲載が可能なことも条件になっています。

また認定された大会には、同社格闘ゲームの使用許可が出されるほか、

・同社SNSでの告知協力

・同社ロゴ・ゲーム関連素材の提供

・同社ゲームソフトの貸し出し

・同社オリジナルグッズなどの提供

といった支援がされていきます。




個人やコミュニティ向けプログラムも受付中

また「SNK e-Sports Support Program」では、個人やコミュニティが主催するeスポーツ大会向けのサポートプログラムも受け付けられています。

個人・コミュニティ向けプログラムは2016年11月22日よりスタートしており、これまでに世界53の国と地域・1200件以上のeスポーツ大会を支援していて、それぞれにグッズや賞金の提供・告知支援などを行っています。

「SNK e-Sports Support Program:個人・コミュニティ支援」公式サイト

まとめ

ゲームメーカーのSNKが、企業・団体向けeスポーツ支援プログラム「SNK e-Sports Support Program:企業・団体支援」を開始しました。

このプログラムでは認定された大会・イベントに同社格闘ゲームの使用許可が出されるほか、大会告知や賞品の提供といったサポートがされていきます。

個人・コミュニティ向けのプログラムも受付がされているので、eスポーツシーンを盛り上げるためにもぜひ利用してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう