eスポーツの甲子園「Coca-Cola STAGE:0 2021」閉幕!各部門優勝校が決定へ

2021年8月12日(木)~15日(日)の4日間にわたって開催された「STAGE:0 2021 決勝大会」が終了し、各部門の試合結果と優勝・準優勝が発表されています。

また来年度の「STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2022」の開催も決定されています。




「STAGE:0 2021」閉幕!各部門の結果が発表に

「STAGE:0」は、日本最大の高校対抗eスポーツ大会で、"eスポーツの甲子園"とも言えるイベントです。

eスポーツ競技の発展と世界で活躍する日本人選手の輩出を目指しており、毎年全国から多数の高校・チームが集結します。

3回目の開催となる今回は「Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2021」と題して行われており、全国1,960校・2,234チーム・5,675名が出場。

6月~7月に全国8ブロックのブロック代表決定戦が行われ、8月12日~15日にかけて決勝大会が実施されました。

今回は

「クラッシュ・ロワイヤル」

「フォートナイト」

「リーグ・オブ・レジェンド」

の3部門が行われており、その試合結果と優勝校・チームが発表されています。

イメージ

大会公式WEBサイト

大会公式Twitter

LoL部門ではN高校の「N1」が優勝

リーグ・オブ・レジェンド部門では、角川ドワンゴ学園N高等学校(沖縄県)のチーム「N1」が優勝しています。

イメージ

クラロワ部門ではN高校の「Team おひさま」が優勝

クラッシュ・ロワイヤル部門では、同じく角川ドワンゴ学園N高等学校(沖縄県)のチーム「Team おひさま」が優勝しています。

イメージ

フォートナイト部門ではルネサンス高校の「見て、見て見て見て~~~~~! 」

フォートナイト部門では予選を通過した40チーム80人がバトルロイヤル方式にて6ROUNDを戦い、その合計ポイントにて優勝チーム・準優勝チームが決定されています。

同部門では、ルネサンス高等学校新宿代々木キャンパス(東京都)のチーム「見て、見て見て見て~~~~~!」がトップに輝いています。

イメージ

初開催のフォールガイズ部門ではN高校のふな選手が優勝

今年度から新たに加わった「Coca-Cola STAGE:0 GAME PARTY 2021」(フォールガイズ部門)では、大会アンバサダーやゲストと高校生が対戦し、角川ドワンゴ学園N高等学校(沖縄県)のふな選手が優勝しています。

イメージ




次回の開催も決定

また第4回となる2022年大会「STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2022」の開催も決定しており、開催形式やゲームタイトルなど詳細については公式サイトやTwitterなどを通じて順次発表がされていきます。

イメージ

大会公式WEBサイト

大会公式Twitter

大会の特別番組も放送

さらに今大会の特別番組もテレビ東京系列にて放送が予定されており、eスポーツの舞台で闘志を燃やす全国の高校生たちの姿が見られます。

<「高校生ぃぃeeeee!STAGE:0 2021 eスポーツ甲子園日本一ぃぃeeeee! 速報SP」>

放送日時:8月21日(土)昼1時13分~1時28分

<「Coca-Cola presents 高校生ぃぃeeeee!STAGE:0 2021 eスポーツ甲子園」>

放送日時:9月12日(日)夜10時~11時24分

イメージ

まとめ

「STAGE:0 2021」の決勝大会が8月12日(木)~15日(日)に行われ、各部門の優勝校が決定されました。

実施された4部門中3部門がN高校のチーム・選手が優勝という結果になっており、今回は同校選手の圧倒的な強さが披露される結果になっています。

来年の開催も決定されており、次はどんな展開になるのでしょうか?

また特別番組も放送されるようなので、高校生たちのeスポーツに取り組む姿を、ぜひその目に焼き付けてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう