イメージ

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、株式会社JTBの協力のもとで、"太鼓の達人"公式オンライン大会「おうちでドンカツ!太鼓の達人eスポーツ オンライン大会!」を、6月22日(月)から開催することを発表しました。




「おうちでドンカツ!太鼓の達人eスポーツ オンライン大会!」とは

「おうちでドンカツ!太鼓の達人eスポーツ オンライン大会!」は、Nintendo Switchで発売されている和太鼓リズムゲーム「太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!」を使って行われる公式オンライン大会で、参加者のTwitterアカウントから、指定のハッシュタグをつけて課題曲のスコアを撮影した写真を投稿する形式で行われます。

大会は2020年6月~7月の間に行われ、

6月22日(月)大会公式サイトにて課題曲および大会ルール詳細を公開

6月22日(月)~6月28日(日)23時59分 1次予選

7月3日(金)~7月5日(日)23時59分 2次予選

7月18日(土)決勝大会予備日

7月19日(日)決勝大会

というスケジュールになっています。

1次予選はスコアアタックで実施され、課題曲のスコアを撮影した写真投稿によって勝敗が決まります。

スコア上位者は2次予選へ進出となり、ここでは出場者本人が課題曲をプレイしている様子を動画で送付することで参加できます。

その動画の判定によって、決勝へ進出するプレイヤーが決められます。

イメージ

決勝大会の結果、優勝したプレイヤーには賞品として「JTBえらべるカタログギフト「たびもの撰華」(柊コース/30,600円相当)」が、副賞として「スポーツ報知」電子号外(PDFデータにて授与)が贈呈されます。

太鼓の達人eスポーツ大会公式サイト

自宅から気軽に参加できる大会!6つの部門で実施

「おうちでドンカツ!太鼓の達人eスポーツ オンライン大会!」は、熟練プレイヤーからカジュアルプレイヤーまで幅広いファンが楽しめるように、年齢別・難易度別とした

・キッズ部門ふつう(未就学児含む小学3年生以下)

・キッズ部門むずかしい(未就学児含む小学3年生以下)

・小学校高学年部門むずかしい(小学4~6年生)

・小学校高学年部門おに(小学4~6年生)

・一般部門むずかしい(中学生以上)

・一般部門おに(中学生以上)

の全6部門が用意されています。

なお、参加できるのは日本在住のプレイヤーのみで、13歳以下の参加者は保護者のTwitterアカウントより投稿することとなっています。

また、1名による複数の部門へのエントリーは無効になるということです。

著名プレイヤー3名がアンバサダーに

「おうちでドンカツ!太鼓の達人eスポーツ オンライン大会!」では、3名の著名プレイヤーがアンバサダーに就任しており、大会を盛り上げるほか、開催に先駆けてTwitterでのリツイートキャンペーンを実施しています。

イメージ




Twitterキャンペーンも実施中

「おうちでドンカツ!太鼓の達人eスポーツ オンライン大会!」開催にあたって、Twitterキャンペーンが「おうちでドンカツ!太鼓の達人eスポーツ オンライン大会【公式】」Twitter(@taikoesports)で行われています。

同アカウントをフォローし、本大会の告知Tweetをリツイートすれば応募完了で、抽選で500名に「太鼓の達人特製ハンカチタオル」がプレゼントされます。

キャンペーン期間は6月8日(月)~6月28日(日)23時59分までとなっています。

「太鼓の達人eスポーツ」公式サイト

「太鼓の達人」とは

曲のリズムに合わせて太鼓をたたくだけで簡単に遊ぶことができる和太鼓リズムゲームです。

魅力的で親しみやすいキャラクターも注目となっており、子どもから大人まで幅広い世代のファンが世界中に存在します。

近年はeスポーツの種目としても注目されており、本大会主催のバンナムは、本シリーズのeスポーツ大会を通じて多くの人にeスポーツを身近に感じてもらいたい、としています。

まとめ

オンラインで、eスポーツ大会「おうちでドンカツ!太鼓の達人eスポーツ オンライン大会!」が今年6月~7月の間に開催されることになりました。

本大会は参加者のTwitterアカウントを使って行われるもので、同ゲームのスコア画面を投稿することで参加できます。

また開催に先駆けて、Twitterキャンペーンも実施されています。

「太鼓の達人」初の公式大会となるこのイベントでは、どんなリズムをうまく取れるプレイヤーが現れるのでしょうか。

自宅から簡単に参加できるので、腕に自信のあるプレイヤーはぜひ参加してみてください。

ソース:「おうちでドンカツ!太鼓の達人eスポーツ オンライン大会!」プレスリリース[DreamNews]

Twitterでフォローしよう