アーケードのeスポーツ大会「闘神祭2021 REVENGE」開催決定!

株式会社タイトーと株式会社NTTe-Sportsが共同主催する、国内最大級のアーケード版eスポーツ大会"闘神祭"の第6回目となる「闘神祭2021 REVENGE」の開催が決定されました。

また実施タイトルも発表されています。




アーケードeスポーツ大会「闘神祭2021 REVENGE」開催へ

「闘神祭」は、タイトーとNTTe-Sportsが共同主催するアーケードゲームのeスポーツ大会で、全国のゲームセンターなどで行われる予選を突破したゲーマー達が集結し、それぞれのタイトルのトッププレイヤーを目指して戦います。

昨年は、コロナ禍により闘神祭2020の中止やゲームセンター自体の休業など、アーケードゲーム業界にとってもプレイヤーたちにとっても心苦しい年となったものの、闘神祭の再開や21年大会に対する期待の声がプレイヤーや各メーカーから寄せられており、そういった背景から人流抑制や感染症対策などを徹底し、選手・関係者の健康と安全を第一に考え、新たな予選・決勝方式を携えて今回の「闘神祭2021 REVENGE」開催が決定されています。

今回の大会テーマは

「ヤバい、凄い。」

となっています。

これは人が本当に凄いものを見たときに感じる“畏怖”と“敬意”を表現したテーマになっていて、選手が生み出す情熱と凄技を全国・全世界へ発信することで、元気と感動を与える大会を目指すという意気込みが込められています。

イメージ

予選・決勝方法も変更へ

同大会ではこれまで、店舗予選とエリア予選を全国100店舗以上のゲームセンターで実施しており、決勝大会は東京の会場で2日間に渡り、数千人規模のイベントを開催してきましたが、現在のコロナ禍の現状を踏まえて方式が変わっており、従来よりも予選会場数が絞られ、全国を2~7ブロックに分けて各ブロック代表と決勝当日の最終予選の1枠を獲得したファイナリストによる決勝ラウンドが行われるようになっています。

タイトルごとに決勝ラウンドの日程を設けることで、人の流れを極力抑えつつ最適な会場を確保することを目的にしており、これまで店舗予選や当日予選は当日申し込みが行われていたところを、余裕をもってエントリーするために、NTTe-Sports社のeスポーツ向けコミュニケーションアプリ「eXeLAB」による事前エントリー制が導入されています。

なお、詳細のスケジュールや店舗予選会場は、10月下旬以降に闘神祭公式サイトにて発表されます。

闘神祭公式サイト

4部門10タイトルで実施

今回の大会では、計4部門の10タイトルで実施が決まっており、電車運転ゲームの「電車でGO!」など5タイトルが初登場しています。

<格闘・アクションゲーム部門>

「Virtua Fighter esports」(闘神祭初登場)

「GUILTY GEAR -STRIVE-」(闘神祭初登場)

「鉄拳7 FATED RETRIBUTION ROUND 2」(”MASTERCUP”とのコラボ開催)

<音楽ゲーム部門>

「WACCA Reverse」(闘神祭初登場)

「グルーヴコースター 4MAX ダイヤモンドギャラクシー」

<ドライブゲーム部門>

「電車でGO!!」(闘神祭初登場)

「頭文字D THE ARCADE」

「湾岸ミッドナイト マキシマムチューン 6R」

<パズルゲーム部門>

「テトリス ジ・アブソリュート ザ・グランドマスター2 PLUS」

「中毒パズル レベルスVS」(闘神祭初登場)




鉄拳はコラボで開催

実施タイトルの内"鉄拳"については、"鉄拳"コミュニティの世界最大規模を誇るイベント「MASTERCUP」とのコラボレーションイベントとして、「MASTERCUP EXTRA」と題して開催されます。

このコラボ大会は

「コミュニティ&プレイヤーファースト」

を掲げる闘神祭として、権威あるコミュニティイベントとコラボすることで、広く世界中に両大会と選手の熱戦を発信していくことを目的としており、大会種目「鉄拳7 FATED RETRIBUTION ROUND 2」のみ"闘神祭"と"MASTERCUP"の両チームで運営されます。

イメージ

まとめ

国内最大級のアーケードのeスポーツイベント「闘神祭2021 REVENGE」の開催が決定されました。

その実施タイトル4部門10タイトルも発表されており、初登場するタイトルも入っています。

その中で鉄道好きな筆者が個人的に注目したいのは、今回初登場の「電車でGO!」。

果たして大会ではどんなプレイが見られるのでしょうか。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう