イメージ

2021年2月12日~14日まで行われる「東京eスポーツフェスタ」で、JeSU認定eスポーツタイトル"パズドラ"を使った「東京eスポーツフェスタ presents パズドラチャレンジカップ2021」がオンライン開催されることが発表されました。

予選が同ゲーム内で始まっており、エントリーは1月25日(月)まで受け付けられています。




東京eスポーツフェスタで「パズドラチャレンジカップ」を開催

「東京eスポーツフェスタ」は、東京都などから構成されている実行委員会が主催するイベントで、競技大会や関連産業展示会が行われます。

このイベントはeスポーツの普及と関連産業の振興を目的としており、第1回目が去年1月に東京ビッグサイトで開催されています。

第2回目となる今回は、2月12日(金)~14日(日)の開催が予定されており、オンラインで実施されます。

その競技大会の1つとして、JeSU認定eスポーツタイトルでもある"パズル&ドラゴン(パズドラ)"の競技大会「東京eスポーツフェスタ presents パズドラチャレンジカップ2021」が開催されます。

イメージ

公式サイト

ゲーム内で予選を実施!アマチュアのみが参加可能

これに先駆けて、1月18日(月)から同ゲーム内で予選大会が実施されています。

予選は、ゲーム内のランキングダンジョン「東京eスポーツフェスタ2021杯」で実施され、大会参加エントリーを行った選手の中から、本ランキングダンジョン上位16名の選手が抜擢され、フェスタ当日の決勝トーナメントに出場します。

イメージ

この大会は「パズドラチャレンジカップ」となるため、参加できるのはアマチュア選手のみとなっており、ランキングダンジョンの開催中は何度でもダンジョンへ挑戦することが可能です。

2月13日に行われる決勝トーナメントは「パズドラバトル」を使用して行われ、優勝した選手には、日本eスポーツ連合が発行を行う「プロライセンス」の認定権利が贈呈されます。




エントリーは1月25日まで

本大会へのエントリーは、ゲーム内で1月25日(月)9:59まで受け付けられており、指定フォームより応募することが可能です。

また参加できるのは、パズドラIDを持っていて「パズドラ」のプロ認定をされていないプレイヤーで、その他

・2021年1月時点で小学生以上のプレイヤー

・日本国内に居住で、日本語での読み書き、会話に支障のないプレイヤー

などが条件になっており、未成年の参加者は決勝トーナメントに出場する際に保護者の同意が必要になります。

また予選となる「パズドラ」ランキングダンジョンをプレイするには、ランク90以上である必要があります。

大会ルールなどの詳細

まとめ

2月12日~14日にオンラインで行われる東京eスポーツフェスタで、「東京eスポーツフェスタ presents パズドラチャレンジカップ2021」が開催されます。

この大会は、アマチュアプレイヤーのみが参加可能で、優勝者にはプロ認定権利が贈呈されます。

予選はゲーム内にて行われており、そのエントリーも1月25日まで受け付けられています。

パズドラプロへの道の一つとなるこの大会では、どんなバトルが繰り広げられるのでしょうか。

腕に自信のあるプレイヤーは、ぜひ参加してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう