「東京eスポーツフェスタ2023」結果発表!6タイトルの優勝者が決定

2023年1月27日(金)~29日(日)に開催された「東京eスポーツフェスタ2023」の結果が公開されています。

競技大会6タイトルの優勝者が決定しており、3日間にわたる総来場者数は約4.4千人、オンライン動画配信の総視聴数は約10万回を記録しています。




「東京eスポーツフェスタ2023」結果発表

今年1月27日(金)~29日(日)に東京ビッグサイト南1・2ホールで開催された、「東京eスポーツフェスタ2023」の結果が公開されています。

このイベントは、eスポーツの普及と関連産業の振興を目的とした、競技大会と関連産業展示会などで構成する、同実行委員会が主催するイベントで、4回目となる今回はリアルとオンラインの双方のメリットを活かしたハイブリッドで開催されています。

ここでは、競技大会やセミナーなどの企画をリアル会場で実施し、それと同時にYouTubeなどでも配信が行われていて、3日間の総来場者数は約4.4千人、オンライン動画配信の総視聴数は約10万回を記録しています。

なお、実施された各種企画は、会期後もYouTubeの東京eスポーツフェスタ公式チャンネルのアーカイブにて見る事ができます。

イメージ

公式サイト

OPは都知事のメッセージやコメントで開幕

会期初日におこなわれたオープニングでは、実行委員会名誉委員長の小池百合子都知事からのビデオメッセージが流され、都知事は

「eスポーツは、子どもからお年寄りまで、また、性別や障害の有無にかかわらず、色んな個性の人が一緒に楽しめます。

このことがeスポーツの奥深さを生み出しています。

東京eスポーツフェスタが、eスポーツの裾野をさらに拡大させることを期待しています。

白熱した試合が繰り広げられる3日間をどうぞお楽しみください。」

とコメントしました。

また、実行委員会特別顧問であり日本eスポーツ連合の岡村秀樹会長もコメントしており、その後の、公式アンバサダーである吉本興業所属の芸人・見取り図さんのコメントで東京eスポーツフェスタ2023の幕が切って落とされました。

競技大会6タイトルの優勝が決定

競技大会では、全国各地から多くの選手が参加し、

「eBASEBALLパワフルプロ野球2022」

「グランツーリスモ7」

「太鼓の達人 ドンダフルフェスティバル」

「パズドラ」

「ぷよぷよeスポーツ」

「モンスターストライク」

の6種目それぞれで熱いバトルを展開し、優勝した選手たちには東京都知事杯が贈呈されています。

「グランツーリスモ7」決勝

グランツーリスモでは、オンライン予選を勝ち上がった8名による決勝レースが実施されました。

使用コース「鈴鹿サーキット フルコース」を10周するレースで、風が強くタイムが出にくい中、Ryun選手が1分56秒台をたたき出すなど優勝候補が何名かいる激戦区の中、昨年は準優勝だったとかり選手が見事に優勝を勝ち取っています。

イメージ

とかり選手

「パワプロ2022」決勝

パワプロでは、PS4・Nintendo Switchの両ハード計4チームのオンライン予選が行われ、全国ランキング1位を獲得した4名による決勝トーナメントが実施されています。

各試合では、「にじさんじ」所属の人気ライバーたちも応援団長として対戦を見守り、準決勝から終始楽しくプレイをする、パワーヒッターズのあらき選手が見事優勝を決めています。

イメージ

あらき選手

「太鼓の達人」決勝

太鼓の達人では、オンライン予選や会場予選を勝ち上がった親子部門4組と、 一般部門4名で決勝トーナメントが実施されました。

親子部門では、激戦を戦い抜いたおはる選手・ゆうと選手が安定したプレーを見せて優勝を決めており、一般部門では、幅広い楽曲で高いスキルを持つはる~~ん選手が2000点もの差で勝利を勝ち取っています。

イメージ

おはる選手(右)、ゆうと選手(左)

イメージ

はる~~ん選手

「パズドラ」決勝

優勝者に「プロライセンス認定権利」が与えられるパズドラでは、オンライン予選・会場予選から勝ち上がった16名による決勝が実施され、8人同時に参加する対戦が3試合行われました。

合計スコアで勝者を決定するルールとなっており、第1・第2バトルでは2位に入っていたcstk選手が逆転優勝し、初参加初優勝を決めています。

イメージ

cstk選手

「ぷよぷよeスポーツ」決勝

ぷよぷよでは、オンライン予選を通過したキッズ部門4名、一般部門4名によるトーナメントと、プロ部門2名によるワンマッチが行われました。

キッズ部門では、Terusaひゅうと選手が8連鎖に続き、3連鎖を続けて出して冷静な判断と思い切りの良さで優勝。

一般部門では、日頃から様々なゲームをプレイし実力をつけてきたTS選手が優勝を掴んでいます。

さらにプロ部門では、両選手とも大連鎖を繰り広げ、ともにリーチとなった最終戦でともくん選手の冷静な判断が決めて優勝と、3部門においてハイレベルな試合がくり広げられました。

イメージ

Terusaひゅうと選手

イメージ

TS選手

イメージ

ともくん選手

「モンスターストライク」決勝

モンストでは、親子(ファミリー)部門、一般部門のそれぞれで2名1組を1チームとし、オンライン予選を勝ち上がった親子(ファミリー)部門4チーム、オンライン予選や会場予選を勝ち上がった一般部門8チームによる決勝トーナメントが実施されました。

親子(ファミリー)部門では、終始息の合った正確なプレイを見せたチーム 『短パン小僧』が逆転優勝を決め、一般部門では、2年前の悔しい準優勝からリベンジを果たしたチーム『きよら』が涙の優勝を獲得しています。

イメージ

短パン小僧

イメージ

きよら




企業展示会や対抗戦も

同時開催された関連産業展示会では、都内に所在するeスポーツ関連の中小企業や団体、学校など、31事業者がリアルブースやオンラインで出展し、また「企業対抗戦」や 「ピッチイベント」が実施されました。

さらに、eスポーツ体験企画として、「学生対抗戦」や「シニア&小中学生2世代ペア対抗戦」も実施され、eスポーツ初心者向けの「eスポーツの始め方」やeスポーツに関わる職業紹介などの様々なセミナー、eスポーツの可能性を多面的に議論する様々なセッションも行われています。

企業対抗戦

企業対抗戦では、関連産業展示会の出展事業者有志が、東京のブランド豚「TOKYO X」を賭けて、「Fall Guys:Sunken Secrets」にで対戦しました。

吉本興業所属のプロゲーマーであるJapanese小池さんも特別参加したものの、残念ながら初戦で脱落してしまい、激しいバトルの結果、株式会社ラディックスの松永さんが見事優勝を決めています。

イメージ

株式会社ラディックス 松永さん

ピッチイベント

ピッチイベントでは、関連産業展示会に出展する5事業者が、eスポーツ関連産業活性化に向けた新規サービスや製品などに係るアイデアのプレゼンテーションを行い、2名の専門家が審査した結果、トータルビューティ株式会社が最優秀賞を受賞しています。

イメージ

トータルビューティー株式会社 細野さん

<参加事業者・プレゼンテーションテーマ>
・クラウドエース株式会社

「eスポーツと企業の付き合い方」

・株式会社スポーツシンギュラリティー研究所

「eスポーツ脳トレの可能性」

・トータルビューティー株式会社

「デバイス用メガネとVISIONリテラシーの必要性」

・株式会社フアモサライフ

「アリーナのスポーツチェアを「eスポーツ」へ」

・株式会社ラディックス

「映像表現の可能性とニーズの融合を追い求めて」

まとめ

今年1月27日~29日に東京ビッグサイトで開催された「東京eスポーツフェスタ2023」の結果が公開されています。

競技大会6タイトルの優勝者と、関連企業による対抗戦やピッチイベントの優勝企業が決まっています。

来年度のイベントはどんな展開になるのでしょうか。

概要の発表が待たれます。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]