国内最大級のeスポーツ大会「闘神祭」に新部門追加!予選開催店舗も募集中

株式会社タイトー公式サイトにて2019年10月11日(金)、2020年5月16日(土)と17日(日)に決勝大会の開催が予定されている「闘神祭2020~World Championship of ARCADE~」のテーマと、新たに追加される2部門が発表されました。

また競技タイトルの発表と予選実施店舗の募集も開始されています。

「闘神祭」とは

「闘神祭」は、タイトーが毎年開催している国内最大級のアーケード版eスポーツ大会です。

5回目の開催となる「闘神祭2020~World Championship of ARCADE~」の決勝大会は、来年5月16日(土)と17日(日)の2日間に、東京ビッグサイトで開催されます。

このイベントは

・格闘ゲーム

・ドライブゲーム

を中心として全国のゲームセンターにて予選を行い、予選を勝ち抜いたプレイヤーたちが集う決勝大会が東京で行なわれます。

そして今回、闘神祭2020の大会テーマが「極めるって、凄い。」になることが発表されました。

イメージ

新たに2部門の追加が決定

前回までの大会では

・格闘・アクション部門

・ドライブ部門

の2部門が行なわれていましたが、2020年大会ではこれらに加えて新たに

・音楽部門

・パズル部門

が新設されています。

このゲーム部門追加によって、ゲームジャンルにとらわれず、より多くのゲーマー達にアーケードゲームの魅力を伝え、全てのゲームファンに楽しんでもらえるような大会を目指すということです。

競技タイトルも発表へ

また闘神祭2020の競技タイトルも発表されています。

今回はNESiCAxLive2で2019年稼動予定の「SAMURAI SPIRITS」のほか、4部門12タイトルが登場します。

格闘・アクション部門

【3on3】

ストリートファイターⅤタイプアーケード、ウルトラストリートファイターⅣ、鉄拳7 FATED RETRIBUTION ROUND 2、GUILTY GEAR Xrd REV 2、ディシディアファイナルファンタジー

【シングル】

SAMURAI SPIRITS

ドライブ部門

【2on2】

湾岸ミッドナイト マキシマムチューン 6

【シングル】

頭文字D ARCADE STAGE Zero(決勝大会のみ)

音楽部門

SOUND VOLTEX VIVID WAVE、jubeat festo、太鼓の達人 グリーンVer.

パズル部門

テトリスカンパニー公認「テトリスR ジ・アブソリュート ザ・グランドマスター2 PLUS」ワールドトーナメント

引用:タイトー公式サイト

大会の魅力を語る動画も公開

また今回の発表と同時に

闘神祭プロデューサー 椎木庄平さん

大会コーディネーターのユニバーサルグラビティー社 松田泰明さん

が、2020年大会の魅力を語る動画もYoutubeで公開されています。

予選開催店舗も募集開始

闘神祭2020の大会予選を開催する店舗の募集も開始されています。

募集期間は2019年は11月1日までで、今回の大会から全国の予選実施店舗を中心に行なうキャンペーンが予定されています。

闘神祭公式サイト

闘神祭公式Twitter

まとめ

タイトーが毎年開催しているアーケードゲーム大会の5回目となる「闘神祭2020~World Championship of ARCADE~」の競技タイトルが発表されました。

今回から新たに「音楽部門」「パズル部門」が追加され、合計4部門12タイトルで行なわれます。

全国から猛者たちが集まる、まさにゲーマーたちの祭典といえるこの大会。

2020年度大会は、各部門で誰が最強の称号を勝ち取るのでしょうか。

ソース:タイトー公式サイト

Twitterでフォローしよう