VALORANT eスポーツの新計画が発表に!新リーグとゲームでエコシステムを拡大

ライアットゲームズが2022年4月29日(金)、2023年のVALORANT eスポーツについての新計画を発表しました。

新たなリーグの設立とゲーム内機能の実装、また2023年導入予定の新モデルで選出されたチームとの、長期的パートナーシップ締結が発表されています。




VALORANT eスポーツの新計画が発表に

米・Riot GamesのタクティカルFPS"VALORANT(ヴァロラント)"eスポーツシーンでの、2023年度新計画が公開されています。

今回は選出チームとの間で長期的パートナーシップ契約を締結し、世界最速で成長を続けるこのタイトルを継続的・長期的に運営していく安定性を確立するための計画が示されており、いくつかの新機能の追加とイベントの新設が実施されていきます。

イメージ

新リーグの設立へ

ここでは、新たな

・インターナショナルリーグ

・ドメスティックリーグ

の設立が表明されており、そのうちインターナショナルリーグは最高峰レベルのリーグとなっています。

世界屈指の強豪チームが集結する3つのリーグにて週ごとに試合が継続的に行われ、リーグの区分は

・アメリカ大陸

・ヨーロッパ

・アジア

となっています。

それぞれのリーグを代表する最高峰のプレイヤーがLAN環境で集結し、観客を前に熱戦を繰り広げます。

またシーズン中には

・国際イベントMastersが2回

・世界王者決定戦"VALORANT Champions"

が開催され、これらにはインターナショナルリーグで優れた成績を残して出場権を獲得したチームのみが参加できます。

もう一方のドメスティックリーグは、現在のChallengersやGame Changersのシステムを拡張したリーグとなっており、最高峰のインターナショナルリーグを目指し、実力を示す大会になっています。

出場するのは、ゲーム内コンペティティブモードの上位チームで、国や地域のトップチーム同士が真剣勝負に挑みます。

新たなゲーム内コンペティティブ体験の提供

新たに導入が計画されているモードは、全てのプレイヤーがVALORANTクライアント内から直接参加でき、世界中の優れたプレイヤーが実力を示す場として設計されています。

この機能は既存のリーダーボードを補完するもので、プレイヤーに"コンペティティブモードの先"にあたる新しい目標を提示します。




eスポーツシーンでは異例の取り組みも

また今回は、競技シーンを参加チームと共に成長させていくことを志向し、選出チームに長期的パートナーシップ参加費用を求めないことになっています。

同タイトルを世界最高のFPS競技へ成長させるためには、適切なパートナーの選定が欠かせず、このためライアットゲームズは2022年を通じて長期的パートナーの申請プロセスを進めていくこととしています。

イメージ

選出条件を満たすチームには1年単位の経済的支援が実施され、さらに独自の

・限定インゲームコンテンツ

・プロダクトのコラボレーション機会

も提供されていきます。

これによりパートナーチームは、VALORANTの月間アクティブプレイヤー数1500万人に向けてブランドコンテンツを提供できるようになり、プレイヤーはVALORANTの観戦や、プレイ中にお気に入りチームを応援できるようになります。

チームと公式なパートナーシップ契約を締結することで、一層綿密なコラボレーションが可能になり、野心的なイベンやデジタル体験・観る者を魅了するeスポーツ体験の創造が可能になります。

今回の発表にあたって

また今回の発表にあたって、ライアットゲームズの2名からコメントが発せられています。

<John Needham氏(ライアットゲームズ プレジデント・オブ・eスポーツ)>

これらすべての要素が競技エコシステムの成長を促し、VALORANTの成長を新たなステージへと高めてくれると信じています。

胸躍る熱戦、観衆の前で実施する新イベント、百万人単位のファンを夢中にさせる視聴体験を実現するため、私たちはトップレベルの競技環境構築に取り組んでいきます。

過去10年間にLoL eスポーツ運営から得た教訓を総動員して、私たちはVALORANTを新たな多世代型競技へと高速進化させていきます。

<Whalen Rozelle氏(ライアットゲームズ ヘッド・オブ・eスポーツオペレーション)>

VALORANTでは、業界最高峰の管理体制と情熱を併せ持つチーム組織と共に"今もっとも刺激的なeスポーツ"の座を目指していきます。

VALORANTの長期的パートナーシップモデルの設計においては、参加チームの事業継続性だけでなく、参加チームがVALORANT eスポーツの総合的な成長に合わせて事業拡大/構築していける仕組みも目指しました。

選出チームに長期的パートナーシップ参加費用を求めないという決断も、長期的パートナーの成功を第一に考えてのものです。

今後はパートナーチームが所属選手のサポートと、優れたコンテンツを生み出してファン層を拡大していくことにリソースを集中できるよう環境を整備していきます。

まとめ

ライアットゲームズから今回、VALORANT eスポーツの新計画が発表されています。

ここでは新たなリーグとゲーム内機能の追加が発表されており、また2023年導入予定の新モデルでは選出されたチームと長期的パートナーシップの締結も計画されています。

どんな展開でどう盛り上がっていくのか、これからも注目が集まりそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES}

Twitterでフォローしよう