イメージ

ライアットゲームズは2020年3月2日(月)、新作のタクティカルFPS「VALORANT」を2020年夏に世界多数の地域でリリースすることを発表しました。



「VALORANT」とは

イメージ

今回発表された「VALORANT」は、数々のeスポーツ大会でも採用されている"League of Legends"を運営しているライアットゲームズが開発する新作タクティカルFPSで、2020年夏にPCゲームとしてリリースされる予定です。

このゲームはこれまで「プロジェクトA」というコードネームだけが知られていましたが、ついにその中身が公開されました。

「VALORANT」公式サイト

圧倒的な緊張感・度胸が試される5対5のバトル

このゲームはキャラクター要素と競技性を備えた5対5のPC向けタクティカルFPSで、プレイヤーは攻撃側と防衛側の5人2チームに分かれて最大24ラウンドを戦います。

戦いの肝となるのは

・精確な技術

・一か八かの勝負に出る度胸

で、常に一撃死の危険が伴う緊張感や一瞬のひらめきから生まれる斬新なプレイが重要になってきます。

試合は全プレイヤーがマッチで使用する「エージェント」と呼ばれるキャラクターを選択することから始まり、その後に攻撃側と防御側に分かれて最大24ラウンドまで対戦します。

イメージ

舞台は近未来の地球で、プレイヤーは実在する土地や文化圏からやってきた様々な「エージェント」たちから一人を選んで戦いに挑みます。

エージェントたちはそれぞれが独自の能力を持っており、

・情報収集や拠点の防衛

・索敵のための偵察

・防御地点の突破

・陣地の防衛

などに活用しつつ、勝利を目指します。

イメージ

エージェントの能力と銃による戦闘や、情報を駆使した戦略的な立ち回りを組み合わせることで、プレイするたびに新鮮なゲーム体験を楽しむことができます。

またバトル中は銃撃戦そのものが最も重要な要素となるため、ライアットゲームズでは

全プレイヤーが無料で利用できるチックレート128Hzの専用ゲームサーバー

世界中の主な大都市圏のプレイヤーに35ms ping以下の通信速度を提供することを目指し世界各地に分散させたデータセンター

正確な当たり判定のためにカスタムチューンされたネットコード

独自開発のチート対策をサービスインと同時に導入

するなど、総力を挙げてストレスを感じさせないゲームプレイの実現を目指して開発しています。

4つの特徴がバトルを盛り上げる

このゲームには4つの特徴があり、その1つ目が精密で高品質な、それでいて危険な銃撃戦が体験できる点です。

戦闘はミリ秒単位で決着することもあり、

・ヘッドショットの場合はほぼ一撃死

・ライフルであれば3~4発で死亡

などキルタイムが短く、さらに銃のリコイルも強烈になっているので、たった一発の銃弾が戦況を変えるということもあり得ます。

2つ目の特徴はゲーム内では多種多様な銃器が使用できるということです。

全エージェントがすべての銃を使用することが可能で、すべてラウンドごとに銃を購入することができます。

またそれぞれの銃には固有の戦略的利点だけでなく、リコイルのコントロールや携行すべき状況の見極めといった習得すべき要素も存在します。

イメージ

登場する「エージェント」たちは"必殺技"ではなく、情報収集や作戦のサポートなどの銃撃戦の補助となるような能力を持っています。

そのため、状況に対するアプローチの手法もエージェントによって様々で、どんな場面でどの能力を使うかの戦術も重要になってきます。

ゲーム内のマップにも特徴があり、長期的なプレイに耐えることができるよう競技向けに調整されています。

すべてのマップが様々な作戦やチーム編成でプレイできるようにデザインされており、長くプレイし続けることで習熟し続けることができます。

イメージ




VALORANT エグゼクティブプロデューサー:Anna Donlonさんコメント

「『VALORANT』の開発全体を通して意識していたのは、タクティカルシューターのコアと言える部分…つまり正確な射撃、銃撃戦、戦術的な立ち回りといった要素をしっかりと維持しようということでした。これらの重要な要素に、キャラクター固有の能力という新たな要素を加えることで、タクティカルシューターというジャンルの可能性を広げることができるだろうと考えました。『VALORANT』をきっかけに、世界中のタクティカルFPSプレイヤーの皆さんとライアットゲームズの関係が始まることを、そしてその関係が長きに渡って続くことを願っています。」

引用:VALORANTプレスリリース

イメージ

VALORANT 概要

タイトル:VALORANT(ヴァロラント)

デベロッパー/パブリッシャー:ライアットゲームズ

プラットフォーム:PC

サービス開始時期:2020年(夏)

価格:基本プレイ無料

対応スペック

推奨スペック(60 fps):[CPU]Intel i3-4150/[GPU]Geforce GT 730

ハイエンドスペック(144 fps以上):[CPU]Intel Core i5-4460/[GPU]GTX 1050 Ti

最低スペック(30fps):[CPU]Intel i3-370M/[GPU]Intel HD 3000

OS:Windows 7 / 8 / 10 (64-bit)

メモリ:4GB

グラフィックメモリ:1GB

まとめ

あの"League of Legends"を運営するライアットゲームズから、新作のFPS「VALORANT」が登場します。

本作は5人チーム同士の緊張感溢れるバトルが楽しめるもので、リリースは今年夏が予定されており、今夏以降の大会で採用されることが期待されます。

新しく登場するこのFPSも世界中で圧倒的な人気を誇ることが予想されますが、誕生するであろうこのゲームの猛者たちは、どんな戦いをするのでしょうか。

リリース後の展開が楽しみです。

ソース:VALORANTプレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう