「VALORANT Champions Tour」チャンス予選10/11~17にオンラインで開催!

ドイツ・ベルリンで開催が予定されている国際大会"2021 VALORANT Champions Tour - Champions"への出場権をかけての試合が行われる「APAC ラストチャンス予選」が、2021年10月11日~17日にかけてオンラインで開催されます。

なお、試合の様子は日本時間の15時30分から、YouTubeとTwitchでの配信が予定されています。




「VALORANT Champions Tour APAC ラストチャンス予選10月に開催

「2021 VALORANT Champions Tour - Champions(VCT Champions)」は、米・Riot Games, Inc.のタクティカルFPSゲーム"VALORANT(ヴァロラント)"の2021年シーズンを締めくくる国際大会で、ドイツの首都ベルリンで現地時間の12月1日~12日に開催されます。

本大会には、

・レギュラーシーズンに優れた成績を残した12チーム

・ラストチャンス予選を勝ち抜いた4チーム

を合わせた計16チームが出場し、世界チャンピオンを巡って熾烈な戦いを繰り広げます。

イメージ

そのアジア地域における「APAC ラストチャンス予選(LCQ)」が、今年10月11日~17日にオンラインで開催されます。

日本公式サイト

グローバル公式サイト

公式 Twitter

アジア各国から10チームが出場

「APAC LCQ」では、

・東南アジア

・中国

・韓国

・日本

・南アジア

から選出された10チームが出場し、VCT Championsへのたった1つの出場権をかけてバトルを繰り広げます。

これらのチームは、それぞれの地域で最も多くのサーキットポイントを保有しており、なおかつVCT Championsへの参加資格をまだ獲得していないチームで、出場チームの割り当ては、

「東南アジア3チーム」

「中国2チーム」

「韓国2チーム」

「日本2チーム」

「南アジア1チーム」

となっています。

出場するのは、ベルリンでの"VCT Masters Stage3"の結果を受けて決定されたチームで、サーキットポイントが付与されなかった地域にも枠が割り当てられています。

この場合には、現時点で最も規模の大きいイベントの成績上位チームがAPAC LCQへ招待されることとなっており、日本からは

「ZETA DIVISION」

「REJECT」

の2チームが出場権を獲得しています。

イメージ




10チームによるトーナメント戦を実施

LCQでは10チームによりトーナメント戦が行われるものの、東南アジア・中国・韓国・日本において最もシード順の高いチームは第2ラウンドからのスタートとなり、東南アジアのチーム同士が、最初のラウンドで対戦しないようにチームが配置されます。

残りのチームは第1ラウンドにランダム配置され、10月11日~16日まで各ラウンドをダブルエリミネーション方式によるBO3(2本先取)で戦います。

なお、10月17日の決勝戦はBO5(3本先取)で行われ、期間中の試合は、日本時間の15時30分からYouTubeとTwitchでの配信が予定されています。

イメージ

まとめ

FPSゲーム"VALORANT"2021年シーズンの世界チャンピオンを決定する国際大会「VALORANT Champions Tour - Champions」への出場権をかけて戦う「APAC ラストチャンス予選」が、今年10月11日~17日にオンラインで開催されます。

アジア地域のラストチャンス予選である同大会には、東南アジア・中国・韓国・日本・南アジアから10チームが集結。

日本からは「ZETA DIVISION」と「REJECT」の2チームが出場権を獲得しています。

VCT Championsへの出場枠1つは、どのチームが獲得するのでしょうか。

大会の様子は配信も予定されているので、ぜひ観戦して大会の行方を見守ってください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう