「VCT 2022 Stage 2 Masters Copenhagen」日本代表チームがベスト10の好成績!

2022年7月10日〜24日(現地時間)にデンマーク・コペンハーゲンにて『VALORANT』の国際大会「VALORANT Champions Tour 2022 Stage 2 Masters Copenhagen(以下、VCT 2022 Stage 2 Masters)」が開催されました。

なお、同作を運営するライアットゲームズと日本大会を運営するRAGEによって、大会の模様が日本国内でもYouTubeおよびTwitchでライブ配信されました。




EMEA代表「FunPlus Phoenix」が初優勝!日本代表「NORTHEPTION」も大会ベスト10に

EMEA代表「FunPlus Phoenix」が初優勝!日本代表「NORTHEPTION」も大会ベスト10に

画像:優勝を果たした「FunPlus Phoenix」

連日熱戦が続いた「​​VCT 2022 Stage 2 Masters」は、EMEA代表の「FunPlus Phoenix(FPX)」とAPAC代表の「Paper Rex(PRX)」の2チームがグランドファイナルまでコマを進めました。

試合は接戦の末「FPX」が3-2で「PRX」を下し、初優勝を飾っています。

なお、今大会には「NORTHEPTION」が日本代表として国際大会初出場しており、日本国内からも熱い声援が送られていました。

「NORTHEPTION」は、初戦は韓国代表の「DRX」に0-2で敗退となりましたが、敗者復活枠となるLowerブラケットでAPAC代表の「XERXIA」に2-1で勝利し、国際大会初勝利をあげました。

さらに、続く、LowerファイナルでEMEA代表の「FPX」に0-2で惜しくも敗退したものの、ベスト10という好成績で大会を終えています。

VCT 2022 Stage 2 Masters配信アーカイブ

VCT 2022 Stage 2 Mastersの模様は以下のリンクから視聴することが可能です。

>>Twitch

>>YouTube

「NORTHEPTION」の次のステージは「 East Asia Last Chance Qualifier」へ

「NORTHEPTION」の次のステージは「2022 VALORANT East Asia Last Chance Qualifier」へ

この大会の結果により、Stage 2 Mastersまでの獲得サーキットポイントが確定し、今年9月にトルコ・イスタンブールで行われる、年間王者を決める国際大会「VCT 2022 Champions」への日本からの出場枠を「ZETA DIVISION」が獲得しています。

さらに、「VCT 2022 Champions」への1つの出場枠をかけた最後のチャンスとなる「2022 VALORANT East Asia Last Chance Qualifier」に、日本からは獲得サーキットポイントが上位の

「NORTHEPTION」

「Crazy Raccoon 」

「REJECT」

の3チームが出場権を獲得しました。

東アジア(East Asia)のLast Chance Qualifierには韓国と日本から3チームずつ、中国から2チームの計8チームが参戦し、8月8日〜8月14日にかけてオンライン開催される予定です。

「2022 VALORANT East Asia Last Chance Qualifier」の出場チーム

「2022 VALORANT East Asia Last Chance Qualifier」の出場チーム

「2022 VALORANT East Asia Last Chance Qualifier」に出場する各国の代表には、以下のチームが決定しています。

日本

・NORTHEPTION

・Crazy Raccoon

・REJECT

韓国

・Maru Gaming

・DAMWON Gaming

・On Sla2ers

中国

・EDward Gaming

・KONE




『VALORANT』とは

『VALORANT』とは

画像引用:VALORANT公式サイト

『VALORANT』は、『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』で有名なライアットゲームズが運営するFPSゲームです。

5対5で対戦する競技性の高いタクティカルシューターでプレイヤーの戦略的選択や柔軟なアイデア、そして一瞬のひらめきから生まれるチャンスがチームを勝利に導きます。

マップは競技シーンを見据えて設計されており、何千時間プレイしても常に新鮮な戦いを体験できるように設計されているのも特徴です。

正式リリースから1年で毎月の平均アクティブプレイヤー数が1,400万人を超え、プレイされた対戦数は5億回を突破する人気タイトルとなっています。

日本国内においても、5月に開催された「RAGE VALORANT 2022 Spring」では事前のチケット販売が数時間で完売し、当日の総来場者数は13,000人を超えるなど大盛り上がりを見せました。

さらに6月には「2022 VALORANT Champions Tour Challengers Japan」が、さいたまスーパーアリーナで開催され、チケットは両日完売、総来場者数は2日間で2万6千人を突破、国内eスポーツ史上最多動員記録を達成しています。

>>VALORANT公式サイト

>>VALORANT公式Twitter

まとめ

日本でも一気にファンを増やしている『VALORANT』の国際大会「VCT 2022 Stage 2 Masters」で日本代表チームが好成績を収めました。

今回出場した「NORTHEPTION」は王座決定戦であるChampionsへの出場権をかけて、「2022 VALORANT East Asia Last Chance Qualifier」に挑戦することになります。

近年世界的なビッグタイトルで活躍する日本人選手、チームが増えていて、国内のeスポーツファンも盛り上がっています。

すでにChampionsへ出場を決めている「ZETA DIVISION」をはじめ、「2022 VALORANT East Asia Last Chance Qualifier」にはより好成績を期待したいですね。

注目度の高いeスポーツ大会で日本代表が活躍することで、国内のファンはもちろん世界中のeスポーツファンに日本のレベルの高さをアピールして欲しいですね。

ソース:合同会社ライアットゲームズのプレスリリース[PR Times]

Twitterでフォローしよう