VALORANT国際大会「VCT Masters 2023」2023年6月に日本で開催!

2022年12月23日と24日に横浜アリーナで開催された、ライアットゲームズのオンライン・オフライン統合イベント「Riot Games ONE」にて、タクティカルFPS「VALORANT(ヴァロラント)」の国際大会「VCT Masters 2023」を2023年6月に日本で開催することが発表されました。




「VCT Masters 2023」2023年6月に日本で開催

今回発表された「VALORANT Champions Tour(VCT)Masters 2023」では、初開催となるインターナショナルリーグのスプリット終了後の来年6月に開催されることが決まっており、この3つのリーグの上位10チームに加え、ブラジルで行われる大会の「LOCK//IN」で優勝したチームが出場します。

また、Mastersでは各チームが8月に予定されているChampionsへの出場権をかけて熾烈な戦いを繰り広げ、Masters終了後の2023年夏に開催されるLast Chance Qualifier(LCQ)でも、Championsへの出場枠を巡る戦いが繰り広げられます。

イメージ

日本開催告知(Youtube)

3地域でインターナショナルリーグを開催

「インターナショナルリーグ」は、キックオフトーナメントの後に

・EMEA

・PACIFIC

・AMERICAS

の各地域で開幕し、LAN環境での熱戦が週単位で進行していきます。

このイベントは、ベルリン、ソウル、ロサンゼルスそれぞれで行われることが決まっており、各開催地には複数言語放送をカバーする配信チームが置かれ、世界中のファンに向けて試合の様子が配信されます。

今年のスプリットは、3月開幕でレギュラーシーズンが8週間開催され、5月に各リーグの王者が決定。

それらの上位チームが6月のMastersに出場します。

イメージ




Championsへの出場権を巡る

シーズン2回目の国際トーナメントとなる「Masters」では、地域最高成績を残した各チームが世界王座を決める「Champions」の出場権を巡って戦います。

7月には「LCQ(ラストチャンス予選)」が行われ、シーズン最大のイベントである「Champions」出場権を求める強豪チームが最後の出場枠の獲得を目指します。

このLCQからChampionsへ出場できるのは各地域1チームのみで、Masters・LCQそれぞれで勝ち上がったチームが、VCTシーズンの集大成「Champions」で激突します。

イメージ

まとめ

VALORANTの国際大会「VCT Masters 2023」が、2023年6月に日本で開催されます。

今月23日と24日に横浜アリーナで開催された、ライアットゲームズのオンライン・オフライン統合イベント「Riot Games ONE」のフィナーレで発表されたもので、ここには3つのインターナショナルリーグを勝ち上がったチームが集結します。

今年はどんな展開になるのか、ぜひ注目してください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]no