イメージ

一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)は2019年12月16日(月)、12月12日~14日に韓国で開催された「第11回eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」の結果を発表しました。

日本代表チームが総合優勝を果たしています。

第11回大会では日本チームが総合優勝の快挙!

2019年12月12日~14日の3日間に韓国・ソウルのVSGアリーナで開催された「第11回eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」は、国際eスポーツ連盟(IESF)が主催するeスポーツの国際大会で、11回目の開催となる今回は

・eFootball ウイニングイレブン 2020

・鉄拳7

・Dota2

の3タイトルそれぞれの世界最強をかけて、47ヶ国から集結した強豪たちが白熱したバトルを繰り広げています。

その結果、日本代表チームは

・ウイニングイレブン:準優勝

・鉄拳7:準優勝

・Dota2:8位

と好成績をおさめており、総合優勝の座に輝きました。

イメージ

//jesu.or.jpより

連続優勝の韓国勢を抑えた結果に

この成績は、2016年~2018年に連続して韓国代表が総合優勝を果たしていたのを日本代表がストップをかけた形になっており、去年のランキング5位から大躍進を遂げた順位になっています。

また日本はDota2の国際的な大会でこれまで勝利したことがなく、初めて海外チームに勝利した今回の大会が、国内のDota2シーンの加速に繋がることに期待が寄せられています。

日本代表選手凱旋報告会を実施へ

この結果を受けてJeSUは、今月21日(土)の16:20~17:00に日本代表選手凱旋報告会を実施することを決定しています。

この報告会では各タイトルの代表選手を招待した上で、同大会の振り返りが行なわれる予定です。

会場は同日に実施される「AESF e-Masters」日本代表選考大会会場で、報告会の様子はインターネット放送も行なわれる予定です。

各タイトル代表のコメントも公開

今回の結果発表と併せて、各タイトル日本代表選手のコメントが公開されています。

eFootball ウイニングイレブン 2020:うでぃ選手

イメージ

//jesu.or.jpより

日本が総合優勝を獲得したことは、各種目が頑張った結果であると思いますし、優勝することができて良かったです。eFootball ウイニングイレブン 2020部門としては、今回の大会では優勝できると思っていたので、とても悔しい気持ちでいっぱいですが、日本代表として鉄拳7やDota2といった他種目の競技も見て、自分たちは日本代表のチームとして戦っているのだな、と感じました。

引用:「第11回 IESF eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」プレスリリース

鉄拳7:タケ。選手

イメージ

//jesu.or.jpより

あれだけたくさんの国が参加している中で日本が総合優勝したことは、日本にとって大きいことですし、僕も少しは貢献できたのかな、と嬉しい気持ちでいっぱいです。
今大会を終えて、僕自身の結果は準優勝という形になりましたが、一つの良い経験となりました。これを今後につなげていければと思います。

引用:「第11回 IESF eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」プレスリリース

Dota2:チーム「TeamMay」

メンバー:Suan選手, Arab選手, 野球犬選手, うたたねかえる選手, toyomaru選手

イメージ

//jesu.or.jpより

Dota 2部門としても総合優勝に貢献できて、ほっとした気持ちと、もっと戦いたかったなという気持ちが混ざっています。
これまでDota 2種目だけの大会は出場してきましたが、他のゲーム種目と共に大会に出ることが初めてでした。もちろん日本の総合優勝について素直に嬉しいのですが、他の種目に助けてもらった、という感覚があるので、国で・団体で、戦う機会があれば、今度は自分たちが引っ張っていく、という気持ちでプレーしていきたいです。

引用:「第11回 IESF eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」プレスリリース

>>大会の詳細結果(JeSU公式)

まとめ

今月12日~14日に韓国で開催された「第11回 IESF eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」の結果が、JeSU公式サイトで発表されています。

それによると、ウイニングイレブンで準優勝・鉄拳7で準優勝・Dota2で8位になっており、総合結果優勝の快挙を遂げています。

特にDota2は日本として初めて海外チームに勝利したケースとなっており、去年の成績から大躍進となった大会になっています。

最近になって日本でもeスポーツが盛り上がってきましたが、それによる影響もあるのでしょうか。

次々とプロ選手も誕生し、練習や大会もできやすい環境が整えられつつあります。

これからの国際大会での活躍にも期待と注目が集まりますね。

ソース:「第11回 IESF eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」プレスリリース[JeSU公式]

Twitterでフォローしよう