IeSF公認のeスポーツ世界大会「WSL2021」開催へ!日本代表決定戦は9月に

株式会社TechnoBlood eSportsは、同社が主催するeスポーツの世界大会「WSL2021(World eSports League 2021)」の競技種目4タイトルと予選開催国を発表しました。

予選は各国で順次開催され、2021年12月に韓国で開催される「WSL2021 Global Final」への招待選手が決定されます。




「WSL2021」参加50か国で開催

「World eSports League(WSL)」は、国際eスポーツ連盟(IeSF)の公認のもと、TechnoBlood eSports(TBeS)社が主催をする世界規模のeスポーツ大会で、各国における予選である「WSL2021 National Final」の勝者と世界各国の協会によって選出された代表選手が、2021年12月に韓国で開催される決勝トーナメント「WSL2021 Global Final」で激突します。

賞金総額400,000ドル規模となっており、開催都市を含む具体的な日程などの詳細については近日中に追加で発表が予定されています。

イメージ

また同大会を今後、継続的なグローバルeスポーツ大会として開催するために、企画・運営を統括する子会社「株式会社World eSports League」が、eスポーツの先進国である韓国に設立されています。

大会公式サイト

競技タイトルは4種目!予選は7~9月

今回開催される「WSL2021」の正式種目として、

・「PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS」(KRAFTON PUBG Studio)

・「ブロスタ(Brawl Stars)」(Supercell)

・「鉄拳7」(バンダイナムコエンターテインメント)

・「ブラックサバイバル:エターナルリターン」(Nimble Neuron)

の4タイトルが決定されています。

また予選となる「WSL2021 National Final」は、2021年7月~9月までの3か月間に、独自のオンライントーナメントプラットフォーム「PlayPot」を使用して実施されています。

ここでは10月中旬に開催される「Global Final」に出場する各国代表選手を決めるために、出場プレイヤーによる白熱したバトルが繰り広げられています。

IeSF加盟国50カ国が参加

本大会にはIeSF加盟国50カ国が参加を表明しており、

・アジア・オセアニア(Asia-Oceania)地域から16か国(日本、韓国、マレーシアなど)

・アメリカ(America)地域から9か国(米国、チリ、アルゼンチンなど)

・ヨーロッパ(Europe)地域から18か国(ロシア、フィンランド、ポルトガルなど)

・中東・アフリカ(ME-Africa)地域から7か国(サウジアラビア、クウェート、南アフリカ共和国など)

から代表選手が決められます。

大会の様子は英語・日本語・韓国をはじめ多くの言語で配信されることになっており、世界の多くの国と地域から注目されるグローバルなeスポーツ大会となっています。

イメージ




日本代表決定戦は9月に実施

本大会の日本代表選手を決定する日本代表決定戦「WSL2021 JAPAN National Final」は、今年9月に実施が予定されています。

予選はオンラインで開催され、決勝は選手を会場に招待して無観客による実施・配信の予定となっており、JeSU後援のもとTBeS社・WOWOW社が主催・運営します。

まとめ

国際eスポーツ連盟(IeSF)公認のeスポーツ世界大会「WSL2021」の開催が決定され、その参加50カ国と競技種目4タイトルが発表されました。

同大会ではPUBGなどのタイトルが採用されており、各地域の代表選手が白熱したバトルを繰り広げます。

また同大会の運営を統括する子会社「株式会社WSL」も韓国に設立されており、今後も継続的な大会の実施が期待されます。

日本代表決定戦は9月に予定されているということで、続報に注目が集まりそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう