【2020年】最新ゲーミングチェアおすすめランキング!勉強や仕事用に使っても快適?!

ゲーマーの皆さん!

ゲーム中の腰痛に悩まされていませんか?

腰痛に悩んでいる人は、ゲーミングチェアが合っていないのかも!

ちゃんとしたゲーミングチェアなら、長時間プレイでも身体への負担が少なく腰痛予防、改善につながります!

このページでは、おすすめのゲーミングチェアはもちろん、ゲーミングチェアの最適な選び方について紹介します。

syumakun

しゅまくん
ゲーミングチェアって必要?普通の椅子で良いかなって思ったけど・・

bushi

bushi
ゲーミングチェアは重要なアイテムだよ!疲れにくいってことはその分、集中力も続くってことだからね!

▼画像タップでショートカット!▼


目次


ゲーミングチェアとは?

ゲーミングチェアは、その名の通りゲーマーのために開発された椅子です。

  • 背骨や骨盤を考えた腰痛になりにくい形状
  • 180度自由に倒せる背もたれ
  • 好きな高さに自由に調節できるアームレスト

など、細かい部分まで作り込まれており、長時間の快適なゲームプレイを実現しています。

bushi

bushi
座り心地が良いだけでなく、ビジュアルもレーシングチェアを思わせるスタイリッシュでかっこいいデザインなのも魅力の一つだな

syumakun

しゅまくん
ビジュアルだけでもちょっと欲しくなっちゃうよね。

仕事や勉強などゲーム以外でも活躍!

「いかに身体への負担をなくせるのか?」

を追求されて作られたゲーミングチェア。

長時間座っていても続く快適さから、ゲーマー以外の一般人からも注目が集まっています。

デスクワークや勉強など、普段から長時間イスに座っている人たちから、ゲーミングチェアの快適さに絶賛の声があがっており、購入する人が増えているようです。

ゲーミングチェアを選ぶ3つのポイント

ゲーミングチェアは、すでに豊富な数が販売されています。

いったいどのゲーミングチェアを選べば良いのか?

最適なゲーミングチェアを選ぶには、

  1. 素材
  2. リクライニングの角度
  3. アームレストなど各種パーツ

3つのポイントに注目すると良いでしょう。

1.素材

「ゲーミングチェア」によく使われている素材として

1.PUレザー(合成皮革)

2.PVCレザー(合成皮革)

3.ファブリック(布地)

などがあります。

どの素材を選ぶかによって、ゲーミングチェアの座り心地や日頃のメンテナンスのやりやすさなどが変わってきます。

それぞれどう違うのか、一つひとつ見ていきましょう。

1.PUレザー(合成皮革)の特徴

PUレザー(合成皮革)」は見た目に高級感があり、さわり心地もよくツルツルと滑らないので履いているズボンによって滑ったりなどもないので姿勢が崩れにくいです。

また経年劣化にも強いため長年使えるのもポイントです。

撥水性も高いため、メンテナンスも簡単です。

2.PVCレザー(合成皮革)の特徴

PVCレザー(合成皮革)」は、比較的安価で手に入れることができ、加工性も高いため防汚や抗菌などの付加価値などが付いている場合があります。

また汚れに強く、万が一汚れたとしてもメンテナンスがとてもしやすいためお手入れが簡単です。

しかし、「合成皮革(PUレザー)」に比べて通気性、柔軟性、弾力性などは劣るため夏季はムレたり、肌触りを気にする方は注意しましょう。

3.布地(ファブリック)の特徴

布地(ファブリック)」は通気性と肌触りのよさが特徴で、更に安価で手に入れることができます。

しかし汚れに対してあまり強くなく、メンテナンス性の悪さが難点です。

一番おすすめの素材は?

素材選びにおいては個人の好みもあるので

「これが一番いい!」

というものはありません。

質感やデザインなど、自分好みのものを選んで問題ないでしょう。

bushi

bushi
強いてどれか挙げるなら、メンテしやすい「PUレザー」が個人的にはおすすめだ。

 

2.リクライニングの角度

チェアの背もたれを倒して角度が調節できる「リクライニング機能」も選ぶ上では重要なポイントです。

一般的なゲーミングチェアは130~170°の中から何段階かに調整できるものがほとんどです。

しかし、中には180度ほぼ真横に背もたれが倒れる「フルフラット」と呼ばれるゲーミングチェアもあります。

bushi

bushi
フルフラットなら座ったまま横になって仮眠できるから、長時間利用にはうってつけだ。

3.アームレストなど各種パーツをチェック!

ゲーミングチェアは快適なゲームプレイができるように様々なオプションが施されています。

  • どのような環境が整えられるのか?
  • 自分に合った環境が作れるのか?

しっかりとオプションを確認しておくといいでしょう

ヘッドレスト

ヘッドレストは、頭と首を支える枕のような役割を果たすパーツです。

頭と首を預けることが出来るので長時間座っても疲れにくい姿勢を作る手助けをしてくれます。

また、リクライニングで深く背もたれを倒した状態でモニターを見るのにかなり役立ちます。

ランバーサポート

ランバーサポートは腰椎を支え、疲れにくい正しい姿勢を崩さないように支える腰のための枕です。

ランバーサポートがあると、腰への負担も減り、腰痛予防にも繋がります。

オットマン

オットマンは、飛行機のビジネスクラスのように足を楽な角度で固定してリラックス出来る姿勢を作るためのアイテムです。

リクライニング機能と合わせて使うと、より快適な姿勢で仮眠を取ることができます。

アームレスト

アームレストはわかりやすくいうと腕置きです。

ゲーミングチェアの多くの商品に搭載されています。

アームレストに腕が置けるので、長時間のプレイでも腕が疲れにくくなります。

ゲーミングチェアおすすめランキングTOP5!

ゲーミングチェアを選ぶ上で、注目すべきポイントを紹介しましたが、

「結局どれを選べばいいの!教えて!」

って人のために多数発売されているゲーミングチェアの中から厳選した、おすすめのチェアを5つ紹介します。

1.AKRacingゲーミングチェア Pro-X

  • 素材:PUレザー
  • リクライニング:180度
  • オプション:ヘッドレスト/ランバーサポート/4Dアジャスタブルアームレスト

AKRacingゲーミングチェア Pro-Xは、人気のゲーミングチェアメーカー「AKRacing」が販売しているゲーミングチェアです。

ヘッドレストやランバーサポートが付属しているのはもちろん、

高さ・前後・左右・回転での調節が可能な4Dアジャスタブルアームレスト

90度から最大180度まで21段階で調節できるリクライニング機能

といった快適なゲーム環境を実現する機能が備わっています。

また機能性だけでなくゆったりとしたサイズ感も人気の秘密です。

bushi

bushi
チェアの上で胡座をかくこともできて、自分の好きな姿勢でゲームプレイを楽しめるぞ。

\▼商品ページはこちら▼/

2.AKRacingゲーミングチェア Nitro

  • 素材:PUレザー
  • リクライニング:180度
  • オプション:ヘッドレスト/ランバーサポート/アームレスト

「Nitro」はAKRacingの中でスタンダードな位置付けとなるモデルです。

「Pro-Xシリーズ」と比べて適度に背骨に沿って人体を包み込むようなホールド感があり、ゲームに適した姿勢作りを手助けしてくれます。

カラーバリエーションも富んでいて、オフィス用などゲーマー以外にも最適なゲーミングチェアです。

\▼商品ページはこちら▼/

3.DXRACER DXK-BKN

  • 素材:PUレザー
  • リクライニング:135度
  • オプション:ヘッドレスト/ランバーサポート/4Dアームレスト

DXK-BKNはゲーミングチェアメーカー「DXRACER」が制作するチェア中でも上位に位置するモデルです。

キングシリーズと呼ばれるこのモデルは、「キング」と言うだけあって体格の大きい男性にオススメできるシリーズとなっています。

各種パーツや素材にも拘っており値段は高めですが大柄の方には最もフィットするシリーズです。

\▼商品ページはこちら▼/

4.DXRACER DXJ-BKN

  • 素材:布(ファブリック)
  • リクライニング:135度
  • オプション:-

DXJ-BKNは、「クイーンシリーズ」と呼ばれる、DXRACERが作るチェアの中で最もコンパクトなゲーミングチェアモデルです。

身長150~165cmくらいの小柄な男性や女性の体型に適したサイズの作りになっています。

素材にはファブリック生地(布)が採用されており、夏などのムレやすい時期にも快適な座り心地を実現しています。

ヘッドレスト・ランバーサポート・アームレストなどのオプションは付属していないですが、その分価格設定も低いので中高生の学生にもオススメです。

\▼商品ページはこちら▼/

5.Bauhutteゲーミングチェアプロシリーズ RS-950RR

  • 素材:布(ファブリック)
  • リクライニング:135度
  • オプション:ヘッドレスト/ランバーサポート/アームレスト

Bauhutteから発売されているゲーミングチェア「RS-0950RR」はコスパが優れれていると人気のゲーミングチェアです。

日本人向けに調整を繰り返し、座面がとても低く推奨身長154cm~184cmと幅広いのが特徴です。

生地にはムレにくいファブリック生地を採用し、ヘッドレストやランバーサポートのカバーはファスナーで着脱が可能で丸洗いをすることが出来ます。

ただ座面面積などは狭めなので、やや大柄な人には窮屈と感じるかもしれないので注意です。

\▼商品ページはこちら▼/

まとめ

ゲーミングチェアといってもいろんなシリーズがありますが、それぞれによってコンセプトがあり自分の好みに合わせたゲーミングチェア選びが出来ます。

またゲーム用としてだけでなく普段のデスクワーク使いとしても、より快適に作業できるような工夫がされているためオススメです。

価格も控えめのものでも豊富な機能性を兼ね備えたものもあるのでこの機会にゲーミングチェアに買い替えてゲームライフを更に豊かにしてみてはどうでしょうか!

Twitterでフォローしよう