ゲーミングマウス

PUBGやフォートナイト、APEXで勝つために欠かせないのが、ゲーミングマウス!

そんなゲーミングマウスにおいて、見るべき指標はDPIやセンサー、マウスの重さなど様々あります。

マウスの選び方1つで、キルレやAIMが大幅に変わる可能性アリ!

  • 現状のマウスでイマイチ上手に戦えていない方
  • マウスが壊れたから新しくゲーミングマウスを買おうと思っている方

こんな方に向けて、FPS元プロが選ぶおすすめのゲーミングマウスを紹介していきます。

その他、安い(コスパがいい)ゲーミングマウス、ワイヤレスゲーミングマウスをそれぞれ紹介します!

自分の予算に合った最高のゲーミングマウスで、一緒にプレイする仲間をキャリーしてあげてください。

※PS4で使う場合に関しても、当サイトで紹介する基準でマウスを選んでOKです。


目次


この記事を監修したプロゲーマー

nadleeh
Unsold Stuff Gaming(USG) BlackSquad部門元チームメンバー。現在は主にCSGOをプレイしている。
Twitter→@nadleeh

ゲーミングマウスとは?普通のマウスとの違いについて

ゲーミングマウスについて

ゲーミングマウスを初めて購入する人なら、普通のマウスとの違いが疑問だと思います。

ゲーミングマウスと普通のマウスとの違いは、以下の通りです。

  • 手に馴染みやすい形状でクリックしやすい
  • センサーとクリックの反応速度が速い
  • 耐久性に優れており、長持ちする
  • マウスの設定がめちゃくちゃ細かくいじれる

手に馴染みやすい形状でクリックもしやすい

ゲーミングマウスに乗っている手

ゲーミングマウスは、物によって左右非対称であったり、指が馴染むように形状が変わっていたりします。

この形状によって、マウスが手にピタッと馴染むため、マウス操作もクリックもし易くなります。

普通のマウスを使っている人は、初めてゲーミングマウスを買った時に、手にフィットしすぎて「気持ちいい」と思ってしまうほどですよ!

ウメダ
手に吸い付くマウスはヤミツキ間違いなしだぞ!

センサーとクリックの反応速度が速い

反応速度が速いゲーミングマウス

ゲーミングマウスは、一般的なマウスと違って、人間の操作に対する反応速度が速いことが特徴です。

事務用マウスは、操作への反応が遅くて安定性がありません。一言でいうとラグいマウスです。

bushi
ラグいっていうのは、遅延時間があるってこと。FPSでラグいのは、マジで致命的だよね~。

一瞬の勝負をしているFPSゲーマーにとって、マウス操作の反応速度は重要です。

耐久性に優れており長持ちする

ゲーミングマウスおすすめ

ゲーミングマウスは普通のマウスに比べて、耐久性に優れています。

本体やコード、ボタン類にかなりの耐久性があります。クリック耐久度は、2,000万回以上のものもあります。

これは、毎日10時間プレイしても、5年間は使用し続けられる計算のマウスです。

しゅまくん
そんなクリック耐久度があるの!?じゃあ高いけど質のいいマウスを買ったほうがいいってこと!?

bushi
FPSガチでやるならその方が良いかもな。マウスの設定も独自でいじれるし、何より愛着沸くからな!

安いマウスを買って即壊してしまうよりかは、高級なマウスを長く使う方が、最終的なコスパが安いことが多いです。

マウスの設定が細かく設定できる

ロジクールマウスの設定画面

ゲーミングマウスは、マウス専用の設定アプリをダウンロードすることで、マウス感度やボタン配置などを細かくいじることができます。

0コンマ1秒の反応負けが命取りになるFPS/TPSゲームにおいて、自分がやりやすい環境を整えられることは、とても重要です。

中でも、「DPI」と「レポートレート」を細かくいじれることが特徴です。

bushi
ポーリングレートは、1秒間にマウスがPCに動きのデータを送信するかの割合のこと。DPIは、マウスを1インチ動かしたときに、マウスポインタが何ドット動くかってことだよ。

ゲーミングマウスの選び方について

ゲーミングマウス選び方

ゲーミングマウスを選んでいく上で、重要なポイントは以下の通り!

  • 手にフィットするサイズと形状を選ぶ
  • マウス感度で重量を選ぶ
  • マウスのセンサーを確認

マウスのサイズと形状を確認

マウス選びで一番重要なのが、手に馴染むかどうかです。

マウス自体の長さはもちろん、厚みにも注目してみてください。

自分が普段どんなマウスの持ち方をするか・どれぐらいの感度でするか、ということを確認してマウスを選んでみましょう。

マウスの持ち方には一般的に、「かぶせ持ち」「つかみ持ち」「つまみ持ち」の3つがあります。

持ち方 おすすめマウスタイプ
かぶせ持ち
  • マウスに手の平から指まで全体を密着させる持ち方
  • 左右非対称エルゴノミクス形状で、ある程度高さのあるマウスが合う
つまみ持ち
  • 手のひらはマウスに密着させたまま、かぎ爪のように立てた持ち方
  • ある程度高さがあるマウスがフィットする
つまみ持ち
  • 手のひらをマウスに着けず、指で毛でマウスを支える持ち方
  • 指だけで操作するので、小さめで軽くて、左右非対称のマウスがおすすめ

一度マウスを握ってみて、自分の持ち方を確認してみてください!

重いか軽いかの重量を確認

ゲーミングマウスを選ぶ際は、マウスの重量にも注目してみましょう。

マウスが軽いと、移動がしやすくストレスなくプレイが可能です。

なので、感度が低い「ローセンシ」と言われるプレイヤーには軽いマウスがおすすめです。

AIMの際に腕をぶんぶん振る必要があるため、重いマウスだと腕が疲れやすくなります。

反対にマウスが重いと、マウスが余計に動きにくく、AIMが安定しやすいです。

ハイセンシでも細かくマウスを止めることが出来ます。

ローセンシなら軽いマウスハイセンシ・ミドルセンシなら重いマウス

センシビリティについて

マウスを動かしたときに、振り向きが何センチかでセンシの呼び方が決まります。

  • ~5cm 人外ハイセンシ
  • 5cm~10cm 超ハイセンシ
  • 11cm~16cm ハイセンシ
  • 17cm~23cm ミドルセンシ
  • 24cm~30cm ローセンシ
  • 31cm~ 相当ローセンシこれが一つの参考になります。

センサーはレーザー式を選ぼう

ゲーミングマウスを選ぶなら、レーザー式を選びましょう。

マウスを動かすセンサーの方式には「ボール式」「光学式」「レーザー式」などがあります。

ゲーミングマウスに多く用いられているのは、光学式とレーザー式です。

光学式はマウスパッドを選ばずに、使いやすいことが特徴です。

レーザー式は、感度や読み取り精度に優れているものの、マウスパッドによって性能が変わることが特徴です。

FPS・TPSでおすすめのゲーミングマウスランキング

早速、eスポーツプロが選ぶゲーミングマウスのおすすめランキングを紹介します。

FPS・TPSでおすすめのものと、安いゲーミングマウス、ワイヤレスゲーミングマウスも一緒に紹介しています。

自分の予算と使う場面によって、どれがいいかじっくり見てみてくださいね。

1位:Logicool G pro wireless

logicool_gpro_wireless

重量 80g
サイズ(高さ×幅×奥行) 125.0×63.5×40.0mm
センサー 光学式
DPI 100~16,000
価格 ¥18,380
おすすめする人 デバイスをガチりたい人

FPS・TPSにおけるおすすめゲーミングマウス1位は、LogicoolのGproワイヤレスです。

発売以来数多くのゲームで「最も使用されているマウス」になっています。

特にオーバーウォッチのプロシーンで使用率1位のマウスです。

1位がワイヤレスマウス?と思うかもしれませんね。

ワイヤレスマウスで懸念される操作遅延ですが、このマウスは1秒間に1,000回PCにマウスの動きをPCに送信しています。(1/1,000秒のレポートレート)なので、操作遅延は全くありません。

煩わしいコードから解放された状態で、自由かつ正確にエイムすることが出来ます。

また、センサーは独自のHEROというものを使用しており、マウスカーソルが飛びにくく消費電力が少ないことが特徴です。

形状は左右対称で、サイドボタンは左右に2つずつ。

logicoolgpro

logicool_gpro

厚みがそこまでなく誰の手にも馴染む形状なので、長時間ゲームしていても全く手が疲れません。

唯一デメリットを挙げるなら、値段が高い。あとチャタリングしやすい。これぐらいしか文句のつけようがないマウスです。

2位:BenQ Zowie ec2-a

zowie_ec2-a

重量 95.3g
サイズ(高さ×幅×奥行)  120.0×61.0×40.0mm
センサー レーザー式
DPI 400~3,200
価格 ¥8,320
おすすめする人 右利きで左右非対称のマウスがいい人

FPS・TPSにおすすめのゲーミングマウス2位はBenQのZowie ec2-aです。

レインボーシックスシージの世界大会に出場した、野良連合の方も使っているゲーミングマウスです。

右利き用に設計されたエルゴノミクス設計は、右手がマウスに吸いつくような設計です。

zowieec2-a
zowie_ec2a

マウストップは厚みがあるので、かぶせ持ちでも掴み持ちでもAIMが安定します。

デメリットは、センサーがレーザー式なので、布製の柔らかいマウスパッドじゃないと性能を発揮しないことです。

マウスに多少の厚みが欲しくて、右利きの人に特におすすめ!

ローセンシでもハイセンシでも、安定したAIMと操作性能を実現できます。

bushi
どんな人でも使っていける、そんなマウスだよ!

3位:Logicool G303

g303

重量 132g
サイズ(高さ×幅×奥行)  120.6×68.0×38.1mm
センサー 光学式
CPI 200~7,200
価格 ¥7,830
おすすめする人 掴み持ち・つまみ持ちをする右利きの人

FPS・TPSおすすめゲーミングマウス3位はLogicool G303です。

有名スター選手のshroudも使用しているゲーミングマウスです。

g303を持つshroud

とにかく軽量で小さく、手が大きい人以外は誰でも扱いやすいマウスです。

サイズが小さいので、かぶせ持ちにはあまり向きません。

反対につかみ持ち、つまみ持ちをする人には特におすすめ!

logicool_g303
logicool_g303

丸みを帯びた少し鋭い形状は、手首始点でAIMをする人にとってかなり使いやすい形です。

マウス操作がしやすいので、とっさの判断にAIMが追い付きます。

コスパ最強の安いゲーミングマウスおすすめランキング

1位:Logicool G300Sr

Logicool_G300Sr

重量 81.6g
サイズ(高さ×幅×奥行)  115.0×72.0×37.0mm
センサー 光学式
CPI 250~2,500
価格 ¥3,650
おすすめする人 軽くてコンパクトなマウスが好きな人

安いゲーミングマウスおすすめ1位は、ロジクールのG300Srです。

左右対称のデザインで、握りやすい形状のくぼみが付いています。

小さいおかげで、このくぼみに手がフィットするので、かぶせ持ちの人でも操作可能です。

サイズ自体は小さくて軽いので、軽いマウスが好みの人にオススメ!

親指で操作するサイドボタンがクリック部分の端に来ているので、ここが押しにくいことが難点です。

2位:Ginova ゲーミングマウス

Ginova_ゲーミングマウス

重量 127g
サイズ(高さ×幅×奥行)  128.0×68.0×41.0mm
センサー 光学式
CPI 200~4,800
価格 ¥1,980
おすすめする人 軽くてコンパクトなマウスが好きな人

コスパ最強のゲーミングマウスおすすめ2位は、Ginovaのゲーミングマウスです。

Amazonマウス売れ筋ランキングでも常に上位にいる、安くていいマウスを使いたい初心者から人気のマウスです。

元々も価格は6,000円を超えているものの、現在Amazonで安くなっています。

丸くて左右対称、少し中央が盛り上がった形状のマウスは、誰の手にも馴染みやすいデザインです。

安くていいマウスを使いたい方に、安くなっている今だけ特におすすめのマウスです。

ワイヤレスゲーミングマウスおすすめランキング

1位:Logicool G proワイヤレス

logicool_gpro_wireless

重量 80g
サイズ(高さ×幅×奥行) 125.0×63.5×40.0mm
センサー 光学式
DPI 100~16,000
バッテリ駆動時間 50時間
価格 ¥18,380
おすすめする人 デバイスをガチりたい人

ワイヤレスおすすめゲーミングマウス1位は、LogicoolのGproワイヤレスです。

発売以来数多くのゲームで「最も使用されているマウス」になっています。

特にオーバーウォッチのプロシーンでは最も使用されているマウスです。

このマウスは1秒間に1,000回PCにマウスの動きを送信しています。(1/1,000秒のレポートレート)

なので、操作遅延は全くありません。

また、センサーは独自のHEROというものを使用しており、マウスカーソルが飛びにくく消費電力が少ないことが特徴です。

形状は左右対称で、サイドボタンは左右に2つずつ。

誰の手にも長いこと馴染む形状で、長時間ゲームしていても全く手が疲れません。

唯一デメリットを挙げるなら、値段が高い。これぐらいしか文句のつけようがないマウスです。

2位:RAZER MAMBA WIRELESS

razer_mamba_wireless

重量 109g
サイズ(高さ×幅×奥行) 125.0×71.0×43.0mm
センサー 光学式
DPI 800~16,000
バッテリ駆動時間 50時間
価格 ¥13,480
おすすめする人 独自のマウス設定で楽しみたい人

ワイヤレスゲーミングマウスおすすめ2位はRazer mambaワイヤレスです。

左右非対称のデザインで、側面がザラ付いているので手に馴染みやすいマウスです。

特徴的なのが高性能のセンサーとレポートレートで、ワイヤレスマウスながら操作遅延やAIMのズレを一切感じません

少し幅が大きいので、手が大きくなくてつかみ持ち、つまみ持ちをしている人だと少し操作しづらい印象があります。

Razer SynapseというRazer製マウスの設定ソフトを使えば、自分だけの設定プロファイルをいつでも使うことが出来ます。

自分だけの究極設定を見つけだしたい人に特におすすめのマウスです。

3位:Logicool G903

logicool_g903

重量 110g(10g取り外し可能)
サイズ(高さ×幅×奥行) 130.3×66.5×40.4mm
センサー 光学式
DPI 800~16,000
バッテリ駆動時間 50時間
価格 ¥13,480
おすすめする人 サイドボタンの設定を細かくいじりたい人

ワイヤレスゲーミングマウス3位はLogicool G903です。

G903で特徴的なことが、ボタンレイアウトや重量を自在にカスタマイズできること!

これによって合計11個のサイドボタンを付けることができます

なので、サイドボタンで建築やアビリティの使用を行いたい人におすすめ。

また縦長のフォルムで高さを抑えてあるので、かぶせ持ち・つかみ持ち・つまみ持ちすべての持ち方で安定します。

両利き用で安定性が高く、ハイ~ミドルセンシに特におすすめのゲーミングワイヤレスマウスです!

ゲーミングマウスのおすすめについてまとめ

ゲーミングマウスは、人によって好き嫌いが分かれます。

手のサイズ・マウスの持ち方・操作環境を考慮して、自分に最適なものを選んでみてください。

あとゲーミングマウスに関しては、LogicoolとBenQが最強だと思います。

カーソルが飛ばない・手によく馴染む・操作性抜群などなど、あとは自分の持ち方で選んでOKです。

もしも高いマウスに手を出すのが怖い方は、安いゲーミングマウスをとりあえず買ってみて、様子を見てみると良いですよ!

PCなどに元から付属しているマウスとは操作性が段違い!

今までのAIMやキルレートが、比べ物にならないほど上がるはず。

あなたに最適なマウスとゲーミング環境を揃えて、eスポーツを楽しんでいきましょう。

【2019年】eスポーツプロ厳選のおすすめのゲーミングデバイスランキング一覧

eスポーツのためのゲーミングデバイス

ゲーマー必見!ゲーミングデバイスのおすすめをランキング形式でご紹介!

ゲームキャラの手足になるマウスやキーボード、プレイに必要なゲーミングPCにこだわって、最強のプレイヤーを目指しましょう!

Twitterでフォローしよう