ゲーミングキーボード

キーボードは、ゲームキャラクターの操作に関わるとても大切なデバイス

戦績が思うように伸びないのはひょっとしたらキーボードが合っていなからかも?

というわけで、この記事ではそんなゲーミングキーボードに関する

  • 普通のキーボードとの違い
  • おすすめのゲーミングキーボード

などを紹介していきます。

※画像タップでジャンプします。

この記事を監修したプロゲーマー

nadleeh
Unsold Stuff Gaming(USG) BlackSquad部門元チームメンバー。現在は主にCSGOをプレイしている。
Twitter→@nadleeh

目次


ゲーミングキーボードと普通のキーボードの違い

ゲーミングキーボード
ゲーミングキーボードと普通のキーボードの大きな違いは、キーボード入力方式が異なっていることです。

一般的なキーボードには「メンブレン方式」という入力方式が採用されています。

メンブレン方式は、複数キー同時押しに対応出来ません。

なので、FPSやバトロワゲーなどのゲームプレイ中にジャンプが入力されなかったり、スキルが入力されなかったりとゲーマーにとって致命的となる現象が発生してしまいます。

syumakun

しゅまくん
普通のキーボードってそんなことがあるの!?負けちゃうよね、そんなキーボードじゃあ…。

bushi

bushi
そうなんだ。メンブレン方式の一般的なキーボードは全くゲームプレイに向いていないんだ。

キーボードの入力方式は3タイプ!

キーボードの入力タイプには

  • メンブレン方式
  • カニカル方式
  • 静電容量無接点方式

この3タイプがあります。

メンブレン方式

一般的に市販されている安価なキーボードの多くはメンブレン方式です。

キーを入力すると上下の接点シートが物理的に接触して入力が読み込まれる、という最もシンプルな構造で成り立っています。

押下時の感覚が柔らかく、静音性は抜群です。

しかし、耐久性や精度・反応の遅さなどが他の入力方式に比べて劣っています。

というのも、メンブレンキーボードはすべてのキーの入力を1枚のシートで行っています。

なので同時入力や信号認識不良に対応しておらず、複数キーを同時に押す必要のあるゲームにとても不向きです。

ゲーミングで選ぶには欠点があまりに多すぎる入力方式なので、PCでゲームはしない事務作業のみを行う人に向いています。

ウメダ
事務用のキーボードなんかがメンブレン方式だ。FPSには全く向かないキーボードだから気を付けてくれ。

メカニカル方式

メカニカルキーパッド

世界中のゲーマーから愛されているキーボードの入力方式が、メカニカル方式です。

キー1つ1つに電気的なスイッチが設けられており、キーがそれぞれ独立しています。

そのため、複数キー同時押しに対応して、入力反応速度も速くなっています。

キーが跳ね返ってくるのはバネの力によるものなので、耐久性に優れていて、長時間使用していても疲れにくくなっています。

普通の安いキーボードを買うよりも、高いキーボードを買ったほうが壊れないので、最終的なコスパや満足度は、メカニカル方式の方が良いです。.

bushi
ゲーマーならメカニカル一択!ほとんどのプロゲーマーもメカニカルキーボードを使ってるから、これだけ覚えればOKだぞ!

静電容量無接点方式

静電容量無接点方式

静電容量無接点方式は、キー入力の際に物理的な接点が無く、一定の押下深度に達せば回路が接続されて入力を認識する方式です。

物理的な接点が無いので耐久性に優れており、長時間の使用でも疲れにくいです

キーボードの中央付近のキーと両端側のキーで押す重さが異なります。

これはタイピングの際に端側を小指で押す負担が少ないよう、僅かな力で押せる製品などもあります。

打感が軽くて耐久性に優れたキーボードが良いという人におすすめのキーボードです。

キー入力方式が特殊なので、静電容量無接点方式のキーボードの値段が最も高いです。

ウメダ
静電容量無接点方式は長時間入力していても疲れにくい代わりに、とにかく値段が高い!好きな人は好きだと思うから、予算に余裕があるなら買ってみてくれ。打感は最高だ。

キーボード入力方式まとめ

入力方式 特徴
メンブレン方式
  • 一般的なキーボードに使われている入力方式
  • 市販されている最も安価
  • 1枚の接点シートで入力を制御している
  • ゲームには全く向かない
メカニカル方式
  • ゲーマー御用達の入力タイプ
  • ゲーミングキーボードに多く使用されている方式
  • キー1つ1つが独立しており、同時押しにも対応
  • "軸"と呼ばれるタイプによって自分好みのキーボードが見つかる
静電容量無接点方式
  • 物理的な接点を持たない入力タイプ
  • 圧倒的な耐久性と独特なキーの入力感がある
  • 同時押しにも対応している

ゲーミングキーボードの選び方!

メカニカルキーボードの選び方

ゲーミングキーボードを選ぶ際に注目してほしいことは以下の3つ!

  1. キーボードの入力タイプ
  2. キーの打感
  3. キーボードの配列

これがプレイするゲームや人によって、好みが分かれます。

ゲーミングキーボード選びに失敗しないためにも、しっかり見ていきましょう。

1.キーの入力タイプはメカニカルがおすすめ!

入力タイプがメカニカル方式となっているキーボードを選びましょう。

低価格さに釣られてうっかりメンブレン方式のキーボードを選んでしまうと、複数キー同時押しがうまく出来ず、気持ちの良いプレイが出来なくなってしまいます。

なので、キーボード入力方式は必ず確認するようにしましょう。

2.自分好みのキーの打感で選ぶ!

メカニカルキーボードには「軸」と呼ばれるものが存在します。

この軸によって、キーボードを押すための重さやキーの入力音、入力してからのキーの入力速度などがそれぞれ異なります

キー軸の色には「赤・青・茶・黒・銀」など様々存在し、キーキャップを外すとその色が露わになります。

キー軸の色 特徴とおすすめ
  • 最も打鍵感があってキー入力が気持ちいい、その代わりかなりうるさい
  • ゲーマーには広くおすすめできる
  • 打鍵音が静かでキーのタッチが軽い
  • 長時間ゲームする人におすすめ
  • 静音性はそこまでだけど、キーのタッチ感がある
  • 初心者におすすめ
  • キーの打鍵感が重めで、静音性に優れている
  • 入力圧が強い人におすすめ
  • 高速入力向けの軸で、キーが反応する押下距離が浅い
  • FPSゲーマーにおすすめ

最も人気なのは赤軸で、ある程度軽い打鍵感と音が特徴です。

syumakun驚き顔

しゅまくん
キーの軸によってこんなに変わるの!?音がうるさいキーボードとかあるんだ。

bushi

bushi
メカニカルは本当に変わるな。青や銀はキーの入力音が結構うるさいから、通話相手がうるさいっていうこともあるかもしれない。ある程度静かでキータッチに付かれない赤軸は万人におすすめだぞ。

3.使いやすいキーボード配列のものを選ぼう!

キーボードの右端にテンキーと言われる、電卓のようなキー配列の部分があります。

テンキー

赤枠がテンキー部分。ゲームでは使わないので、ここが無いキーボードも存在する。

これがあることにより利便性は増しますが、不要な人にとってはキーボードが大きくなり場所を取るだけです。

事務作業をしない限り使わない部分なので、ゲーマーの方はテンキーレスのキーボードを選ぶといいでしょう。

また、キーの配列には

  • 日本語配列
  • 英語配列

の2つがあります。

家電量販店で市販されているものや学校のパソコン室に置かれているもののほとんどは、日本語入力に向いている日本語配列です。

しかしゲーミングデバイスとして名の知られている製品の多くは海外製なので、英語配列が基本です。

英語配列のキーボードは日本語配列のものと比べEnterキーが小さかったり、記号キーの配列が少し異なります。

なので、購入して失敗する前にしっかりと確認しましょう。

bushi
エンターが小さいことが英語配列の特徴で、日本語配列から変えちゃうと打ち間違える人も多いと思う。購入前に確認はしておこう!

ゲーミングキーボードのおすすめメーカー5選

ゲーミングデバイスブランド

数あるゲーミングデバイスブランドの中から、おすすめのブランドをいくつか紹介します。

それぞれのブランドに特徴があるので、まず自分がどのブランドが気になるか見てみると良いでしょう。

自分の好きなゲーミングブランドが見つかると、普段のゲームが更にわくわくするものになりますよ!

1.ロジクール(Logicool)

logicoolキーボード

ロジクールは、キーボードだけでなく、マウス・マウスパッド・ヘッドセットなどのゲーミングデバイス全てで人気を誇るメーカーです。

キーボードにおいてはメーカーオリジナルのメカニカルスイッチ「Romer-G™(リニア、タクタイル)」や「GX青軸」を採用したものなど数多くのモデルを商品化しています。

またロジクール製品は保証がしっかりしており、故障したらほとんどの確率で新品を送ってくれます。

初期不良などにも真摯に保障してくれるので、まず購入しておいて間違いないです。

bushi

bushi
これは個人的な意見だけど、出力系デバイス(モニター等)はBenQ、入力系デバイス(マウスやキーボード)はロジクールが圧倒的におすすめ!

2.レーザー(Razer)

razerキーボード

Razerは、昔から世界中に数多くのファンを持っているゲーミングブランドです。

こちらもメーカーオリジナルのメカニカルスイッチがあり、「緑軸」「オレンジ軸」「黄軸」などのラインナップです。

これらの軸も軸色によってキーの重さや音のうるささが変わります。

また「Razer Synapse」という専用のソフトを利用すれば、ゲームに合わせたマクロやプロファイルを保存することが出来ます。

キーボードだけでなくマウスなどの周辺機器も一括管理が可能なので、Razer愛用者は重宝すること間違いなし!

3.東プレ(Topre)

topreキーボード

国産の金属製品メーカーである東プレのキーボードブランド「Real Force」からも、ゲーミングモデルがリリースされています。

耐久性に優れた静電容量無接点方式と言えば東プレ!というほどの人気と認知を誇っています。

Real Forceのキーボードはとにかくキーの入力のしやすさが特徴で、一度味わってしまうと普通のキーボードには戻れません

また静音性やテンキーの有無など、消費者のニーズに合わせた商品の選択を可能にしています!

4.SteelSeries

steelseriesキーボード

SteelSeriesは、デンマーク生まれのデバイスメーカーです。

日本でも数多くのゲーマーファンになっているブランドでもあります。

ここ数年間は余りキーボードに力はいれず、マウスやヘッドセットの新作ばかりという印象でした。

しかし最近「OmniPointスイッチ」というオリジナルのメカニカルスイッチを発表しました。

このキーボードは反応速度や耐久性はアップグレードされていますが、何と言ってもプレイヤーの好みに合わせた押下深度によって反応する深さをいじれるというもの。

気になる新商品はもちろん、既存のキーボードも安定した使いやすさでオススメのメーカーです!

5.キングストン

kingstonキーボード

近年、ユーザーからの熱い人気を誇るゲーミングブランド「キングストン(Kingston)」。

もとは世界最大のメモリ開発を行っている会社ですが、2014年以降HyperXとしてヘッドセットからゲーミングデバイスを手掛けるようになりました。

近年にはCherry MX メカニカルキースイッチの他に、Kalih Silver Speedを採用したキーボードが発売されました。

より反応速度と押下圧の軽さを追い求めており、最速の入力を求めている人にオススメ!

FPSにおすすめ!ゲーミングキーボードランキングTOP5

おすすめのゲーミングキーボード

ゲーミングキーボードの選び方やおすすめのメーカーを踏まえた上で、FPSプロが選ぶおすすめのゲーミングキーボードを5つ紹介します。

ゲーミングキーボード選びに迷ったらこれで間違いない!

という製品たちばかりなので、ぜひ参考にしてみて下さい!

第1位:Logicool G RGB G512-LN(リニア)Carbon 日本語配列

logicool-gamingkeyboard-g512

キー入力方式 メカニカル方式
Nキーロールオーバー機能 有り
接続方式 USB接続
キー配列 日本語配列
軸の種類
  • Romer-G リニア
  • Rimer-G タクタイル
  • GX 青軸
価格 16,093円

LogicoolのG512は「PUBG JAPAN SERIES 2018推奨ギア」に選ばれたゲーミングキーボードです。

Logicoolのゲーミングキーボードの中ではこれが最も入力の応答速度やキーの打感に優れており、押し込んだ時に気持ちよさすら覚えるほどです。

「Romer-G リニア」「Romer-G タクタイル」「GX 青軸」の3つの異なるメカニカルキースイッチから好みに合わせて選択できます。

中でもRomer-G リニアは、滑らかな打鍵感と打鍵音の気持ちよさがあります。

外観に高級感ありますが、これは航空機にも使われるレベルの品質を持ったアルミ合金プレートで覆われているからです。

フレームレスでシンプルながら上品な雰囲気を演出します。

1万円前後のゲーミングキーボードの中では、これが最もおすすめです。

第2位:キングストン HyperX Alloy FPS RGB 英語配列

kingston-hyperx-alloy-fps-rgb

キー入力方式 メカニカル方式
Nキーロールオーバー機能 有り
接続方式 USB接続
キー配列 英語配列
軸の種類 銀軸
価格 16,600円

ゲーミングキーボードおすすめ1位はHyperX Alloy FPSです!

特徴的なのは銀軸ならではの入力の軽さとキーの反応の速さ!

驚くべき1.1mmの押下深度、押下荷重も40gと他のメカニカル方式のキーボードに比べても圧倒的な反応の速さです。

そのおかげで、そっと指を置くだけですぐにキーを入力できます。

反応してからのキー入力のラグが少なくなるので、FPSにおいて圧倒的に有利に立ち回れます

耐久性も優れており、最大7000万回の押下動作にも耐えることができます。

値段はやや高めですが、より速い入力反応速度を求め、勝利に飢えているゲーマーの方におすすめです。

第3位:Razer BlackWidow Elite Green Switch 英語配列

キー入力方式 メカニカル方式
Nキーロールオーバー機能 有り
接続方式 USB接続
キー配列 英語配列
軸の種類 緑軸(青軸に近い)
価格 18,800円

Razerのゲーミングキーボードおすすめは、緑軸で有名なBlackWidowです。

BlackWidowは、耐久性・機能性・デザイン性の3つが備わっています。

軽くて小気味よい打鍵感と、音は少々大きめですが気持ちいい打鍵音が特徴です。

ある程度押している感のあるキーボードが好きな方におすすめです。

ソフトウェアを通して1680万色のカラーオプションが選べるので、各キーそれぞれに別々の色を反映させることも可能です。

またフレームレスなおかげでスイッチ部分が浮き出ており、掃除をしやすいというメリットもあります。

第4位:東プレ RealForce RGB テンキーレス

東プレrealforce-rgb

キー入力方式 静電容量無接点方式
Nキーロールオーバー機能 有り
接続方式 USB接続
キー配列 日本語配列
価格 27,533円

静電容量無接点方式のゲーミングキーボードを語るうえで、東プレのReal Force RGB TKLは絶対に外せない!

日本語配列でかつテンキーレスなので、国内のゲーマー向きです。

キースイッチの押し心地を極限まで追求した独自の荷重特性により、他のキースイッチにはない羽毛を押しているかのような独特の打鍵感を実現しています。

フルNキーロールオーバー機能を実装しているので、全キーを同時に入力しても受け付けてくれます。

そして東プレ独自機能でキー入力の深さを1.5mm、2.2mm、3mmの3段階で調節できます。

設定次第で、間違いなく自分の好きな打感が見つかるキーボードです。

圧倒的に値段が高いので、長期的に良いキーボードが欲しい人におすすめです。

第5位:SteelSeries Apex M750

 

キー入力方式 メカニカル方式
Nキーロールオーバー機能 有り
接続方式 USB接続
キー配列 日本語配列
軸色 赤軸
価格 21,450円

SteelSeriesのApexM750は、赤軸のゲーミングキーボードの中でも特におすすめです。

赤軸の中でもキーを入力するまでのストロークが浅いので、プッシュから反応までの速度がかなり速いです。

FPSやバトロワゲーを良くプレイする方におすすめです!

ゲーミングキーボード まとめ

ゲーミングキーボードは、家電量販店で市販されているものなどに比べてゲームプレイにおいてだけでなく、普段使いにも、大きく影響を及ぼします。

キーボード操作に忙しいMOBAやFPSなどの対人ゲームなどでは、同時に複数のキー入力をすることが多く、ゲーミングキーボードであるか否かによって結果が大きく変わります。

ゲーミングキーボードといっても価格帯の違いやRGBなどのLEDライトの有無、マクロを設定出来るか否か、キースイッチの方式などなど違いがあり、自分に合ったゲーミングキーボード選びには何かと迷います。

この記事が初めてゲーミングキーボードに手を出す方の参考になれば幸いです!

自分のポテンシャルをより良く発揮することができるゲーミングキーボードで快適なゲームライフを送りましょう。

Twitterでフォローしよう