ゲーミングモニター

ゲームをするならモニター選びも重要

モニターによって画面の見えやすさや、反応速度が変わってきます。

リフレッシュレートの違いで、とっさの撃ち合いでの勝率に差が出るほど!

そこで今回は、おすすめのゲーミングモニターはもちろん、

ゲーミングモニターの選び方

普通のモニターとの違い

などを紹介します!

↓画像タップでショートカット!↓

この記事を監修したプロゲーマー

nadleeh
Unsold Stuff Gaming(USG) BlackSquad部門元チームメンバー。現在は主にCSGOをプレイしている。
Twitter→@nadleeh

目次


ゲーミングモニターとは?普通のモニターとの違いは?

ゲーミングモニター

ゲーミングモニターは、通常のモニターよりも映像が滑らかで、遅延が少ないモニターです。

具体的には、

  1. リフレッシュレート
  2. 反応速度

この2点において、ゲーミングモニターは普通のモニターよりも良いという特徴があります。

1.リフレッシュレートとは?

リフレッシュレートとは、1秒間に画面が書き換えられる回数のことです。

モニター選びはこのリフレッシュレートが特に重要です!

リフレッシュレートによってモニターの見やすさや滑らかさ、値段が変わります。

リフレッシュレートは”Hz”という単位で表現される

リフレッシュレートは”Hz”という単位で表現されています。

この単位の数字が高ければ高いほど、動画が滑らかに映ります。

リフレッシュレートが高いモニターは、特にFPS/TPSにおいて効果を発揮します。

描画が滑らかになり、敵を捉えやすくなるからです。

リフレッシュレート60Hzモニターと240Hzの画面の違いは、以下の動画を見ればわかるでしょう。

syumakun驚き顔

しゅまくん
めっちゃぬるぬる動いてる!こんなに違うの?!

bushi

bushi
モニターにとって、リフレッシュレートがいかに重要かよくわかるね。

60Hzの映像はガクガクとした動きに見えますね。

240Hzはカクつきがなくて綺麗なので、ゲームプレイにストレスが全くかかりません。

2.応答速度とは?

リフレッシュレートの他にも、モニターには「応答速度」というものもあります。

ゲーミングモニターの特徴は、この応答速度が普通のモニターやテレビに比べて高いことです。

応答速度が遅いと、ゲーム画面に残像が残ってしまい、ぼやけた映像になります。

応答速度が速いモニターは、残像がないのでFPSや格ゲーにおいてかなり有利になります。

これも分かりやすい動画があるので、見てみるとよくわかります。

スロー再生になってから感動します。

しゅまくん
これも左右の映像によって見えてるのもが全然違う!モニターの性能でこんなに変わるのか。。

残像があると一瞬AIMが追い付かなくなり、撃ち負けてしまいます。

ゲーミングモニターは、描画部分が滑らかでリアルに近いので、ゲームで有利に戦うことが出来ます。

とにかくゲーミングモニターは、普通のモニターに比べて映像が現実に近いリアルさで、ゲームに没入することが出来ます

ゲーミングモニターの選び方

ゲーミングモニターの選び方

リフレッシュレートと応答速度がモニターにとって重要なことはわかりましたが、具体的にどの程度のものが最適なのか?

ここからはゲーミングモニターの選ぶポイントを紹介します。

ゲーミングモニターを選ぶポイント
  1. 解像度はフルHD以上
  2. リフレッシュレートは144Hz以上
  3. 応答速度が1m/s以下
  4. 入力端子がパソコンと一致しているか
  5. PS4のリフレッシュレートは60HzでOK

144hzのモニターだと2万円以上するものもあります。

失敗しないためにも、しっかり見ていきましょう!

1.解像度はフルHD以上

ゲームでリアルさを求めたい人は、解像度がフルHD以上のゲーミングモニターがおすすめです。

フルHDとは、1,920×1,080以上の解像度のモニターです。

この掛けられている数字が大きくなればなるほど、よりモニターに映し出される映像が鮮明になります。

フルHD以上の解像度のモニターでないと、快適にゲームが出来なくなってしまいます。

なので、解像度はフルHD以上を選びましょう!

ウメダ
いまはフルHDより上の4Kっていう解像度もあるぞ!画面は綺麗になっていくが、値段も高くなっていくから、予算と相談するんだぞ!

2.リフレッシュレートは144Hz以上

モニターのリフレッシュレートは、144Hz以上がおすすめです。

モニターのリフレッシュレートは、60~240Hzが一般的です。

この数字が大きくなればなるほど、映像が滑らかできれいに描画されます。

しかしリフレッシュレートが高くなると、

  • モニターの値段が高くなる(240Hzは6万円が相場)
  • PCに負担がかなりかかる(スペックが追い付かないので性能を引き出せない)

等のデメリットもあります。

なのでリフレッシュレートは、描画の滑らかさと値段のコストパフォーマンスが良い144Hzがおすすめです。

ウメダ
FPSやTPSで有利に立ち回るなら、144Hzのものを選ぶと、かなり有利になれるぞ!

3.応答速度が1m/s以下

モニターの応答速度は1m/s以下がおすすめです。

応答速度が速いと残像が残りづらく、画面がキビキビと変わっていくので、AIMが安定します。

「眼が追い付かないな…」

なんて人はモニターが画面の変化に追い付いてない可能性があります。

FPSなどの画面が目まぐるしく変わるゲームでは一瞬の残像が命取りになるので、応答速度はなるべく早いモニターの方が良いでしょう。

4.入力端子の種類と数も忘れずに

モニターをPCと接続するとき、接続する端子によって解像度やリフレッシュレートの最大値が変化します。

なので、自分のPCがその端子に対応しているかをまずは確認してみてください。

一般的なモニターを購入する場合、HDMIもしくはDisplayPortという端子に対応していれば問題はありません。

映像出力端子のスペック表は以下の通りです。

端子 最大解像度 最大Hz
HDMI1.4 4096×2160 120Hz
HDMI2.0 4096×2160 144Hz
DVI-I 3840×2400 144Hz
DVI-D 3840×2400 144Hz
DisplayPort1.2 5120×2880 240Hz
DisplyaPort1.4 7680×4320 240Hz
USB Type-C 3840×2160 144Hz

ゲーミングモニターを購入する際は、HDMIもしくはDisplayPortに対応しており、端子の数も2つ以上のものを選びましょう。

快適な映像解像度と、入力切替の時の便利さが変わってきますよ。

しゅまくん
モニターを買った後に端子足りないし…。ってならないように、しっかり確認する必要があるよ

5.PS4の場合は60hzでOK

PS4やPS4Proは、フレームレートが60Hzに制限されています。

そのため144Hzのモニターを買っても、性能が引き出せません。

PCも持っている人なら大丈夫ですが、PS4のみでゲームをする方は、リフレッシュレート60Hzのゲーミングモニターで充分でしょう。

タイプ別!ゲーミングモニターランキング!

ここからは、

の3タイプ別で、おすすめゲーミングモニターランキングを紹介します!

初心者におすすめのゲーミングモニターBEST2!

まずはゲーミングモニター初心者におすすめの、コスパがいいゲーミングモニターを紹介します。

60Hzよりもヌルヌルで使いやすい144Hzのモニターを使えば、以前の環境に戻れないほどの快適さを得ることが出来ます。

1位:Acer ゲーミングモニター KG251QHbmidpx 24.5インチ

acer-kg251qhbmidpx

サイズ 24.5インチ
リフレッシュレート 144Hz
対応端子 HDMI1.4、DisplayPort v1.2、DVI-D
応答速度 0.6ms
解像度 1920×1080(フルHD)
価格 ¥2,5330

コスパ最強のゲーミングモニターおすすめは、Acerの144Hz/0.6msのモニターです。

入力端子が他のモニターよりも豊富で、使えない環境にある人はいないと思います。

発色が良くて画面も明るくて見やすいので、快適なゲームプレイに役立ってくれます。

↓商品ページはこちら↓

2位:LG 24GL600F-B 23.6インチ

サイズ 23.6インチ
リフレッシュレート 144Hz
対応端子 HDMI×2/DisplayPort×1
応答速度 1ms
解像度 1920×1080(フルHD)
価格 ¥25,278

コスパの良いゲーミングモニターおすすめは、LGの144Hz/1msモニターです!

鮮やかな色合いにすることが出来るモニターで、設定等で細かく明るさをいじることが出来ます。

コントラストもきれいなので、不満無しのモニターです。

ただ設定を失敗してしまうとキレイに映らない場合があるので、そこだけ注意が必要です。

コスパ自体はかなり良いモニターになっています。

↓商品ページはこちら↓

PS4用のゲーミングモニターおすすめランキングTOP2

PS4で利用するのにおすすめのゲーミングモニターランキングを紹介します。

1位:I-O DATA EX-LDGC252STB ゲーミングモニター

サイズ 24.5インチ
リフレッシュレート 75Hz
対応端子 HDMI×2/DisplayPort×1/アナログRGB×1
応答速度 0.6ms
解像度 1920×1080(フルHD)
価格 ¥18,212

PS4おすすめモニター1位はI-O DATAゲーミングモニターです。

HDMI端子2本に対応しているので、PCとPS4を繋いでおくととても便利です。

また特徴的なのはフリッカーレス!

これは画面のちらつきを抑えることで、目が疲れることを防いでくれる機能です。

PS4での長時間のマッチやゲームをしても疲れにくいので、安心してゲームができます。

また、暗いシーンや色彩を色鮮やかにしてくれる機能も搭載されています。

これにより、見えにくい敵でも確実に捉えることが出来るので、ゲームで有利に立ち回ることが可能です。

↓商品ページはこちら↓

2位:ASUS VG245H ゲーミングモニター-24型フルHD

サイズ 24インチ
リフレッシュレート 60Hz
対応端子 HDMI×2/D-sub 15ピン×1
応答速度 1ms
解像度 1920×1080(フルHD)
価格 ¥22,880

PS4おすすめゲーミングモニター2位は、ASUSのゲーミングモニターです。

こちらもフリッカーレス搭載で、目が疲れにくく優しい設計です。

またHDMIも2本あり、PCと接続しておけばすぐに使うことが出来ます。

特徴的なのは、ASUS独自のASCRテクノロジーです。

コントラスト比をはっきりさせることで、暗いところにいる敵までしっかり視認できます。

視認漏れによる事故が減って、敵に撃ち負けることが無くなります。

また描画が色鮮やかなので、世界観がすごいゲームでもその世界に没頭して、楽しむことが出来ます。

↓商品ページはこちら↓

240HzのゲーミングモニターおすすめランキングTOP2

最後に、eスポーツプロが選ぶ240Hzのおすすめゲーミングモニターを紹介します。

今までのゲーム環境が一発で変わる高品質モニターを手にして、eスポーツで強くなりましょう!

1位:ASUS ROG SWIFT PG2 58Q

ASUSゲーミングモニター

サイズ 24.5インチ
リフレッシュレート 240Hz
対応端子 DisplayPort1.2 HDMI1.4 USB3.0×3
応答速度 1ms
解像度 1920×1080(フルHD)
価格 ¥74,630

240Hzでおすすめのゲーミングモニター1位は、ASUS ROGSWIFT PG2 58Qです。

フルHD解像度で240Hz駆動なのはもちろん、1msの応答速度で、FPSでも十分な性能を発揮してくれます。

またモニター自体が持つ機能として、

  • 暗い場面での視認戦を高める機能
  • 色の鮮明さを細かく設定できる

など、自分好みの画面が見つけることが出来るモニターです。

数多くのeスポーツカフェなどの施設で採用されており、非常に使いやすくてコスパが良くなっています。

↓商品ページはこちら↓

2位:BenQ Zowie XL2546 ゲーミングモニター

サイズ 24.5インチ
リフレッシュレート 240Hz
対応端子 DisplayPort HDMI1.4 HDMI2.0 ヘッドフォン・マイクジャック
応答速度 1ms
解像度 1920×1080(フルHD)
価格 ¥57,895

ガチのゲーミングモニターおすすめ2位は、BenQ Zowie XL2546ゲーミングモニターです。

まず特徴的なのが、リフレッシュレートが240Hzであること。

144Hzよりもさらに滑らかな画面描画で、AIMのズレを一切無くすことが可能になります。

また左右に集中を高めるアイシールドが付いていたり、画面の明瞭さをより高める機能が付いていたりなど、ゲーミングにおいて最高の環境を追い求めることが出来ます。

ただ240Hzのモニターの能力を引き出すには、それなりのPCのスペックが必要になるので注意してください。

本格的にPCゲームのFPSでプロを目指すなら、絶対に持っておきたいモニターの1つです。

↓商品ページはこちら↓

ゲーミングモニターおすすめランキング まとめ

これからFPSをやりたい初心者の方も、プロを目指して本気で頑張っている人も、144Hzで反応速度1msのモニターを買えば間違いありません

144Hz/1msの性能があれば、ゲームを十分ヌルヌルサクサクの状態でプレイすることが可能です。

フォートナイトやオーバーウォッチ、APEXなどを快適にプレイしたい方は、しっかりモニターにこだわりましょう。

ここからもし資金に余裕が出来たら、240Hzのモニターにも手を出してみてくださいね。

144Hzとも比べ物にならない綺麗さに驚くこと間違いなしです。

Twitterでフォローしよう