iphone配信をPCで行う

iPhoneでゲーム配信を行おうと思った時、スマホ単体ではどうしても質の高い配信を行うことが出来ません。

値段を抑えるにはiPhoneのみで行いたいところですが、どうしても限界があります…。

そんな時、PCとiPhoneを使用すれば質が高くて安定した配信を行うことが出来ます。

なのでこの記事では、以下のような内容を解説します!

  • PCとiPhoneを使った配信のやり方
  • 必要な機材やソフトとその相場
  • 実際にキャプチャーボードを使ってする配信のやり方

iPhoneの配信は少しハードルが高い分ライバルが少ないので、やるなら今ですよ。


目次


PCとiPhoneなら2つの生配信方法がある

PCとiPhoneを使えば、かなり質の高いモバイルゲーム配信を行うことが出来ます。

具体的にその方法は2つあります!

  • キャプチャーボードを使う方法
  • ミラーリングソフトを使う方法

1.PC+キャプチャーボード∔iPhoneを使う

iphoneとキャプチャーボード

この方法が最も高品質な配信が出来る上に、安定しています。

  • キャプチャーボードとPCをUSBで接続
  • キャプチャーボードのIN部分からiPhoneを接続
  • モニターやTVがある場合はキャプチャーボードのOUT部分からHDMIケーブルで接続

これがキャプチャーボードを使ったiPhoneのゲーム配信の方法です。

こちらの場合初期投資がかかりますが、質が高い配信を行うことが出来ます。

2.PC∔iPhone+ミラーリングアプリ∔同一のWifiを使う

lonelyscreenでミラーリング

こちらの方法は、有線で接続せずに行うことが出来ます。

  • まずiPhoneとPCを同一のWifiに繋ぐ
  • PC上でミラーリングソフトを起動する
  • ミラーリングソフトでPCにスマホの画面を映して、それを配信する

これがミラーリングソフトを使ったiPhoneのゲーム配信の方法です。

こちらの方法はWifiの接続が安定しないと配信も安定しないことがデメリットです。

ミラーリングソフトを用いたiPhoneのゲーム配信の方法は下の記事で解説します。

配信時に費用を抑えたい人必見です。

この記事では、キャプチャーボードを使った質の高い配信方法について解説していきます。

iPhoneのゲーム配信で必要な機材と相場

上記2つの方法で、必要な機材とかかる費用が変わってきます。

必要な機材とその横に相場の費用を記載しておきます。参考にしてみて下さい。

PC+キャプチャーボード∔iPhoneを使う場合
  • Lightning端子を搭載したiPhone(5~8万円)
  • HDMI端子があるキャプチャーボード(1~2万5,000円)
  • Lightning-Digital AVアダプタ(5,000円前後)
  • HDMIケーブル(1,000円~)
  • モニター(1万~)
  • 配信できるスペックのPC(6~10万円)
PC∔iPhone+ミラーリングアプリ∔同一のWifiを使う場合
  • iPhone(5~8万円)
  • 配信できるスペックのPC(6~10万円)
  • 同一のWifiに接続できる環境
  • ミラーリングアプリ(無料)

それぞれ自分に足りていない機材を確認して、購入するようにしましょう。

PCやモニターなどの各デバイスは、おすすめのものを当サイトで紹介しています。サイトトップに戻って、記事を1度見てみて下さい。

PCを使ったiPhoneのゲーム配信のやり方について

実際にPCとキャプチャーボードを使って、iPhoneのゲーム配信をするやり方を解説していきます!

キャプチャーボードを用意しよう

basicolor_arx321

キャプチャーボードとは、PS4やSwitch、スマホの画面をPC上に取り込むために必要な周辺機器です。

基本的にHDMI端子を搭載したキャプチャーボードが必要になります。

相場はおよそ1万5,000円~2万円ほどです。

GC550PLUSもしくはGame Capture HD60Sがあれば、配信を安定的に行うことが出来ます。

ドライバーおよびキャプチャーソフトのインストール

まずはキャプチャーボードのドライバーをインストールしてください。

ドライバーはキャプチャーボードによって異なります。

PCと接続した際に動いているかどうかを、「スタートメニュー」を右クリックして、「デバイスマネージャー」から確認してみて下さい。

デバイスマネージャーでキャプチャードライバーを確認

iPhoneとキャプチャーボード、PCをそれぞれ繋ぐ

iphoneとキャプチャボードの接続イメージ

PCとキャプチャーボードを繋いで、最初にドライバをインストールしましょう。

その後iPhoneとキャプチャーボードを繋ぐときは、キャプチャーボードのINの部分にHDMIケーブルを差し込んでください。

そのケーブルとLihgtning変換ケーブルをつないだのち、iPhoneと繋ぎましょう。

TVやモニターの画面にiPhoneのプレイ画面を映し出したい場合は、キャプチャーボードのOUTの部分と、モニターをHDMIケーブルで繋げば完了です。

iPhoneのゲーム画面をキャプチャーソフト上に取り込む

obsクロップ後の画面

次にiPhoneの画面をキャプチャーソフト上に取り込むようにしましょう。

この時に、キャプチャーボード付属の公式ソフトにキャプチャー機能がある場合は、そのまま使いましょう。

無い場合は、ゲーム画面をOBSやXsplitといった配信ソフト上に取り込む準備が必要です。

画面をキャプチャーソフトに取り込む

PC上にiPhoneのゲーム画面を映すことに成功したら、配信ソフトをダウンロード・起動しましょう。

当サイトのおすすめは、無料で使えて多機能な「OBS Studio」をおすすめしています。

キャプチャーソフトの設定を行う

ここまで来たら後は、それぞれの配信サイト側で配信の設定を行ってみて下さい。

具体的にやることは配信サイト側のストリームキーや動画詳細の設定、マイクの設定、配信の質の設定などです。

詳しくはそれぞれの配信ソフトのやり方の記事で解説しています。

自分が配信したいサイトを決めて、そこで配信の設定をしてみて下さい。

配信開始

全て設定が終わったら、いよいよ配信開始をソフト上で行いましょう!

配信が開始されたかどうかは、自分の配信を見て確認しましょう。

ゲーム配信をするときの注意点について

iPhoneのゲーム生配信の準備が完了した後に、注意してほしいポイントが幾つかあります。

これを知らないと、もしかしたら自分の実名が配信画面に映ったりゲームプレイに支障が出たりするので気を付けて下さい。

iPhoneの画面を見ながら音はPCから聞く

iPhoneとキャプチャーボードを接続すると、PC上から音が聞こえてきます。

なので配信するときは、iPhoneの画面を見ながら、音をPCから聞く形になります。

イヤホンやヘッドホンをPCに接続して配信するようにしましょう。

音に遅延が発生する

PCから聞こえてくる音と、iPhoneの画面は必ず音ズレが発生します。

iPhoneの画面をPCに取り込む際に遅延が起こってしまうせいです。

キャプチャーボードの音の遅延を回避するには、パススルー機能を使用しましょう。

HDCPをOFFにする

reccentralのhdcp

キャプチャーボードには、HDCPというコピーガードのシステムが存在します。

このHDCPの設定があるキャプチャーボードを使用するときは、OFFにしないとiPhoneの画面は映らないので注意しましょう。

iPhoneの通知は必ず切っておく

配信中に友達から連絡がきてその通知が画面上に出てしまい、個人情報が特定されてしまった…。なんてことが起こることもあります。

意図せず個人情報や通知が画面に映り込まないように注意しましょう。

配信する際はアプリごとに通知を切っておくか、着信や通知をOFFにできる「おやすみモード」を使用しましょう。

iPhoneおやすみモードの場所

おやすみモードはiPhoneの設定部分から行おう

iPhoneの画面がPCに映らない場合について

iPhoneとキャプチャーボード、PCを接続してもキャプチャーソフト上に映らないことがあります。

幾つか原因があると思いますが、下のような要因を疑ってみて下さい。

  • ドライバーが読み込まれない場合は公式サイトから別途ダウンロードする
  • RECentralを使っている場合は、HDCP検出機能をOFFにする
  • USBの端子が合っているかを確認する(GC550 PLUSを使っている場合はUSB3.0に接続しないと動かない)
  • HDMIケーブルを変える
  • iPhoneを再起動する
  • アダプタの故障やキャプボの初期不良を疑う
  • アマレコTVを使用している場合は、設定画面を開いて「グラフ1(デバイス)」タブの「フォーマット」を別のものにする

PCを使ったiPhoneのゲーム配信についてまとめ

iPhoneのゲームをPCを使って配信するには、ミラーリングソフトを使う方法と、キャプチャーボードを使う方法があります。

キャプチャーボードを使った配信の方が初期費用は掛かりますが、配信は安定します。

配信するときには機材をそれぞれ正しく繋いで、HDCPというコピーガードに注意しましょう。

また配信中のプライバシー漏洩にも気を付けて下さい。

iPhoneの配信はお金がかかる分他の人がそこまでやっていないので、すぐに人気が出るかも。キャプチャーボードを使った配信に取り組んでみて下さいね。

Twitterでフォローしよう