pcからps4の配信

PS4での生配信をツイキャスやミラティブでしたいけど、PS4単体で出来ない…。

PS4単体で配信できる配信サイトはニコ生、YoutubeLive、Twitchの3つだけです。

これら以外のツイキャスやミラティブ、ミルダム等の配信サイトでPS4ゲームの生放送をするなら、PCを使いましょう!

この記事ではそんなPCを使ったPS4ゲームの配信のやり方を徹底解説!

PS4をPCで配信する場合、キャプチャーボードが必要になります。

必要な機材があれば今すぐに配信を始められますよ!

syumakun悲しい顔

しゅまくん
ブロードキャストだとツイキャスとかミラティブ配信無理なの?辛すぎる…。

bushi

bushi
そうそう、だからPCが無い人は、ニコ生・YoutubeLive・Twitchで配信するしかないかなあ。PCにPS4の画面を映し出して配信する必要があるんだ。やり方自体は簡単だから、解説していくぜ。

目次


PS4をPCで配信する時の接続イメージ

配信する際のPC、PS4、キャプチャーボードの接続図は下の通りです。

ふと「繋ぎ方どうだったっけ?」と思った時などに、見返してみて下さい。

また、初心者の方はこの接続図にしたがって各機器を接続していきましょう!

キャプチャーボードを使ってPCにPS4を繋ぐイメージ

  1. PCとキャプチャーボードをUSBで接続する
  2. PS4とキャプチャーボードのIN部分をHDMIで接続する
  3. 配信しながら別モニターに映し出す(遅延対策)場合、キャプチャーボードのOUT部分をモニターやTVと接続する

3に限っては、接続しなくてもPS4の画面をPC上に映し出すことが出来ます。

しかし、そのままの接続では音が遅延してしまう場合があります。

これを回避するためにパススルーという機能を搭載したキャプチャーボードを用いて、モニターの方から音を聴くと遅延しません。

syumakun

しゅまくん
このキャプチャーボードって絶対必要なの?

bushi

bushi
現状だと配信するなら絶対必要だな。でも1個持っていれば、PS4・Switch・スマホなどのゲーム機全部をPCから配信できるようになるぞ!

ツイキャスやミラティブでのPS4配信に必要な機材

ブロードキャスト非対応の配信サイトでPS4配信する場合は、PCとキャプチャーボードが必要です。

その他必要な機材は以下の通りです。

  • 配信用のPC
  • キャプチャーボード
  • キャプチャーソフト
  • 機材同士を繋げるケーブルと映し出すモニター(HDMIケーブル)
  • 配信サイトのアカウント

配信用のPC

computer

配信するには十分な性能のあるPCが必要です。具体的に必要なスペックは以下の通りです。

  • CPUがCore i5以上
  • メモリは8GB以上

これぐらいのPCならば、5万円~10万円もあれば購入出来ます。

性能が低い場合、正常に配信が出来なったり、映像がカクカクしてしまう場合があるので注意しましょう。

キャプチャーボード

対応サイト以外を配信するときは、ゲーム画面をPCに映し出して、その画面を録画する必要があります。

その時に必要になるのが、キャプチャーボードです。

下の記事では、キャプチャーボードの役割や使い方などについて解説しています。

そもそもキャプチャーボードって何?という方は、是非一度目を通してみて下さい。

配信ソフト

配信ソフトはPCでPS4の映像と音声を取り込み、配信サイトに送る為に必要なソフトです。

無料で使えるOBSや、有料で使えるXsplitどちらでもどちらでも取り込む事は可能です。

またキャプチャーボード付属の配信ソフトを使っても行えます。

bushi

bushi
配信ソフトはキャプチャーボードに付属していることが多いから、それを使っても大丈夫だ!俺が使っているキャプチャーボードには、RecCentralっていうソフトが付いていたぞ。

キャプチャーボードを購入しよう

PS4のゲームをPCで配信する場合、必ずHDMI端子を搭載したキャプチャーボードを購入しましょう。

PS4とキャプチャーボードは、HDMI端子でなければ接続できないからです。

当サイトが推しているキャプチャーボードは、筆者も愛用しているGC550 PLUSです。

gc550_plus

これはゲーム配信のために開発されたものであり、キャプチャーした時に遅延を無くすパススルー機能も搭載されています。

キャプチャーボードを使った配信を行った場合、音と映像がズレてしまいます。なので遅延はFPSやバトロワゲーだと致命的。

eスポーツタイトルの流行ゲームを配信したい方は、パススルー機能が搭載されているキャプチャーボードを購入することがおすすめです。

キャプチャーボードの購入は、PC機材初心者だと不安がありますよね。

下のページをよく読んで、失敗しない買い物をしてくださいね。

ゲーム配信のやり方

ゲーム配信の流れは以下の通りです。

  1. PS4の設定準備
  2. キャプチャーボードを繋げる
  3. 配信ソフトの設定をする
  4. ゲーム配信を開始する

PS4の画面を配信ソフト上で取り込めば、配信を行うことが出来ます。

PS4を準備する

PS4側の設定で、キャプチャーボードを接続する前にしないといけない設定があります。

PS4を起動したら「設定」の「システム」から「HDCPを有効にする」のチェックを外すことです。

ps4のhdcp無効化

このチェックを外すことで、キャプチャーボード上でPS4の画面を取り込むことが出来ます。

この設定をしないと、PS4の映像をPCに映すことが出来ないので注意しましょう。

キャプチャーボードを準備する

キャプチャーボードの「IN」をPS4にHDMIで接続してください。

キャプチャーボードの接続部分

そうしたら映像や音声をPCに送る為に、キャプチャーボードをUSBでPCに接続しましょう。

また別画面でPS4の画面を表示したい場合、キャプチャーボードの「OUT」部分からモニターやTVと繋いでください。

配信ソフトの設定をする

配信ソフトの設定で、PS4の映像をキャプチャーボードから取り込むように設定します。

そのためにはまず、配信ソフトを開いて「映像キャプチャーデバイス」を選択しましょう。

obsの映像キャプチャデバイス

各製品の名前でデバイスが表示されるので、間違いなく選択してください。

obsでキャプチャデバイス選択

またキャプチャーソフトでPS4の映像を出力したままだと、配信ソフトに映像を出力することができません。

配信ソフト映す前にキャプチャーソフトは終了させてください。

PS4の音声をPCで自分にも聞こえるように、配信ソフト側で音声出力モードを「デスクトップ音声出力」に設定します。

こうすることで自分もPS4の音声をPCで聞くことが出来ます。

bushi喜び顔

bushi
PS4のゲーム画面をキャプチャーソフトにどうにか取り込むことが出来れば、配信準備は完了!あとは配信サイト側の設定を行っていけば、今すぐに生放送が始められるぞ!

ゲーム配信を開始する

映像や音声に問題がなければ、後は配信開始を押してください。

上手く配信出来ているかは、配信サイトなどで確認しましょう。

配信サイトごとの配信方法について

ここまでPCからPS4配信をする方法について解説しました。

ゲーム配信の大まかな流れをまとめると以下の通りです。

  • キャプチャーボードを繋いでPS4の画面をPCに映す
  • 配信ソフト・キャプチャーソフトで設定を行う

ここまで設定を行うことが出来たら、次は「配信サイト側での設定」が必要です。

主にやらなければいけないことは、ストリームキーを配信ソフトに入力することや配信のサムネ・要約設定などです。

ここにこだわらないと配信されない・人が来ないなんてことにも。

自分が配信したいサイトを選んで、詳しいやり方を見てみて下さい。

Twitterでフォローしよう