youtubeliveアイコン

Youtubeでチャンネル開設して、ライブ配信をやりたい!でもやり方は分からないし、難しそう…。

そんな方に向けて、実際のYoutubeアカウントのキャプチャを用いながら、ライブ配信のやり方を解説していきます!

Youtube Liveする際に必要な機材も一緒に紹介します。

Youtube Liveを始めるのは簡単!実際のYoutubeの画面を開きながら見てみて下さい。

この記事を監修したプロゲーマー

DarkMionツイッターアイコン

DarkMioN
DarkMioN(福田 直孝さん)
SF2やCSGOの国際大会に日本代表として出場した経歴を持つ選手。
その他AVAやBSといったFPSタイトルの大会でも多数優勝経験あり。
現在はJet eSportsに所属。
Twitter→@darkmionfps

目次


YouTubeLiveとは

YoutubeLiveとは、Googleが運営しているYoutube上のライブ配信サービスです。

YoutubeLiveの特徴は以下の通り!

YoutubeLiveの特徴
  • 無料でかつ高画質で配信が出来る
  • 追っかけ再生(放送中の番組を最初から視聴すること)が出来る
  • 配信録画の保存期間が無期限
  • スーパーチャットという視聴者から配信者へのお金寄付システムがある

特に魅力的なのが、配信録画の保存期間が無期限であることです。

YoutubeLive以外のサービスでは、一定日数経過で自動的に削除される場合がほとんどです。

いつでも自身の録画を見返せることが、YoutubeLiveを利用する上で嬉しいポイント!

YouTubeLiveに必要な機材・ソフトについて

まずは、Youtube Liveを始めるときに必要な機材・ソフトをまとめました。

配信を始める際に最低限必要な物
  • 配信可能なスペックのPC(7万円~)
  • マイクやウェブカメラなどの周辺機器
  • 配信ソフト(OBSstudioなど)
  • Youtubeのアカウント

PCで配信をする方は、配信をしながらゲームがスムーズに動作するスペックのPCが必要です。

PCゲームの配信には、必ずハイスペックなPCが必要になってきます。

PCの知識が無くても使える、ゲーム用のゲーミングPCというものがあります。

フォートナイトやPUBGをやりながらでもYouTubeLiveが行えるので、持っていない方は一度記事を見てみて下さい。

その他必須になるのは、Youtubeのアカウントと配信ソフトです。

配信ソフトには色んなものがあり、ソフトによって使い方も異なります。

配信を始める前の初心者の方が躓きやすいポイントでもあるので、一度おすすめの配信ソフトと素の使い方について確認してみて下さい。

YouTubeでライブ配信する方法

Youtube Liveで配信する手順を、実際のYoutubeのキャプチャ画像と一緒に解説していきます!

まず事前に自身のYoutubeアカウントにログインして、YouTubeの画面を開いてください。

そして、右上のアカウントのトップ画像から、Youtube Studioベータ版にアクセスしてください。

youtubestudioの場所

ライブストリーミングの有効化


YouTubeStudioにアクセスしたら、ライブストリーミングを有効化しましょう。

これを行っておかないと、ライブ配信を始められません。

そのためには「その他の機能」の「ライブイベント」もしくは「今すぐライブ配信」を選択して、ライブストリーミングを有効化しましょう。

今すぐライブ配信該当箇所

ライブ配信を認証していないアカウントだと、ライブ配信を始める前に電話番号認証が必要です。

YoutubeLiveアカウント認証

携帯電話もしくはSMSで認証を行って、ライブストリーミングを有効化してください。

ライブ配信は、電話番号認証を行ってから24時間経過したアカウントでないと行えないようになっています。

24時間後に認証

しゅまくん
Oh…。今日速攻ライブ配信始めたかったのに…。つれえ。

ウメダ
ひとまず24時間待たないと配信は始められん!今のうちに配信ソフトなどを調べて、準備を万端にしておこうな。

ライブストリーミングが有効になっているかは、ステータスと機能の部分で確認できます。

youtubeステータスと機能

ライブ配信の設定

ライブストリーミング有効化したら、早速配信準備・設定を進めます。

ライブ配信を行う時は、その他の機能から、「今すぐライブ配信を行う」もしくは「ライブイベント」で始めることができます。

今すぐライブ配信該当箇所

  • 「今すぐライブ配信を行う」は、手早く楽に配信開始したい方向けです。
  • 「ライブイベント」は、より細かく配信の設定したい方向けです。

Youtubeでライブ配信を始めてみよう!という方は「今すぐライブ配信」で手軽に行うのがおすすめです。

今すぐライブ配信を選んだら、基本設定の部分からライブ配信のタイトル、その説明、ライブ配信のカテゴリー、これらを最初に設定してください。

基本設定部分

この部分を入力したら、、テスト配信を行ってください。

テスト配信でチェックするポイント
  • 実際に動画が配信されているか
  • 声やゲーム音は最適な大きさか
  • 映るとまずい部分が映っていないか
  • 画質は安定しているか

テスト配信に関しては、下の青枠内部分のプライバシーの設定で、限定公開や非公開を設定してください。

youtubeliveのプライバシー部分

そして、先ほど説明した追っかけ再生(視聴者がライブ配信中に一時停止や巻き戻し、再生して続行など)の設定をするためには、まずはストリームオプションをクリック!

そこから、DVRを有効するにチェックを入れましょう。

youtubeliveDVR設定の場所

YoutubeLiveを設定するとき、デフォルトでチェックが入っているので確認だけして下さい。

その他に下のストリーム最低化は、遅延の設定です。

超低遅延が、一番自分の画面と視聴者の画面との遅延が少ない設定になっています。

最後に青枠のストリームキーを、配信ソフトにコピー&ペーストすれば、YoutubeLiveで配信を始める為の最低限の設定は完了です。

ストリームキーの場所

このストリームキーを配信ソフトに入力したら、配信がスタートされます。

しかしここからのやり方が、何で配信するかによって少し変わってきます。

PC、PS4、Switch、スマホ別で解説しているので、自分が配信するものを見てみて下さい。

PCでゲーム配信をやる方法

PCで配信を行う場合は、以下の手順で配信が出来ます。

  1. Youtube側で配信設定とストリームキーの取得を行う
  2. 配信ソフト側で配信の設定を行う
  3. 配信ソフトにストリームキーを入力して、配信開始を押す

下の方で紹介する方法でPS4、スマホのゲーム生配信をする時でも、PCを使う場合には配信ソフトが必ず必要です。

忘れずにダウンロードしておいてください。

数ある配信ソフトの中でも、初心者におすすめなのがOBS Studioです。

無料でダウンロードできる上に動作が軽く使いやすいので、現在ほとんどの配信者がOBSを利用しています。

下のボタンで公式サイトに飛べます。

OBS Studio を起動したら、設定をクリックし、

obsstudio設定

左側の配信から配信サービスを自身が配信を行うサイトを選択しましょう。

配信場所選択

この設定画面で音声や映像の出力設定が出来ます。

映像や音声設定は、PCスペックで設定する数値が変わってきます。

自身のPCスペックに合った設定を行いましょう。

そして一番大事なのが、先ほど説明したストリームキーを必ずOBS Studioに必ず貼り付けましょう。

ストリームキーを入れる場所

このストリームキーを入力しないと、何があっても配信が開始されないので注意しましょう。

設定が完了したら、赤枠の配信開始を押せば配信がスタートされます。

配信開始場所

 

しゅまくん
え、たったこれだけ?Youtubeで設定して、OBS設定して、ストリームキー入れるだけ?めっちゃ簡単…。

bushi
実は配信ってめっちゃ簡単なんだぜ?何でもやってみないと分からないもんよ!まずはサクッと配信開始気楽に押してみようぜ!初めてでも人来るかもよ?

PS4でゲーム配信をやる方法

PS4でゲーム生配信をする場合

  • 「PS4のSHARE機能を使ってPS4から配信する方法」
  • 「キャプチャボードをPS4に繋いでPCから配信する方法」

この2つがあります。

それぞれ詳しく解説しているので、参考にしてみて下さい。

スイッチでゲーム配信をやる方法

Switchでゲーム配信をやるには、まずPCとSwitchの映像と音声をPCに送る為にキャプチャーボードと配信ソフトが必要です。

Switch側の設定はドックに接続をしてHDMIをキャプチャーボードに接続出来るようにし、イヤホンはスウィッチにではなくPCに接続します。

Switchにイヤホンを刺していると、PCに音声が送られないので注意してください。

そして先ほど説明したようにOBS Studioで映像と音声を取り込み配信開始を押せば、Switchの映像と音声をPCに出力し、配信する事が出来ます。

iPhoneでゲーム配信をやる方法

iPhoneでゲーム配信を行う場合も、同じくPCが必要になります。

PCが無くても配信は可能ですが、質の低い配信になってしまいます。

また、モバイルアプリでYotubeLive配信する際はチャンネル登録者1,000人でないと利用できません。

なのでiPhoneで配信する際も、PCを使うようにしましょう。

PCで配信するにはキャプチャボードを使う方法と、ミラーリングアプリを使う方法があります。

詳しくは下の記事で解説しています。なるべく費用をかけずにする方法もあるので、ぜひ参考にしてください。

YouTube Liveについてまとめ

初めての方が設定画面などを見ると、配信するのは大変だと思うかもしれません。

しかし、最低限で配信をする場合に設定をする項目は少なく、配信をする事自体はとても簡単です。

こだわり尽くせば設定する項目も増え、機材の構成等も増えます。

その分見栄えはとても良くなるので、慣れて来たら設定や機材にもこだわって見ると視聴者受けもします。

YoutubeLiveでは自分の配信のアーカイブが見れるようになっているので、過去の配信を見直して、設定など試行錯誤しながらするのも配信のひとつの楽しみ方ですよね。

参考サイト:YouTubeヘルプ"YouTube"でライブ配信"

Twitterでフォローしよう