おすすめのネット回線4選!ゲーム配信に最適なネット回線とは?

オンラインゲームでネット回線は超重要

ネット回線が安定していないと、自分だけでなくフレンドなどにも迷惑がかかってしまいます。

さらにゲーム配信もするなら、なおさらネット回線はこだわるべきでしょう!

しかし、

「どのネット回線を選べば良いのかわからない」

と感じている人も多いハズ。

そこで、この記事ではおすすめのネット回線”から最適なネット回線を選ぶポイント”まで、まるっと紹介します。

↓画像タップでショートカット↓


目次


オンラインゲームでのネット回線は光一択!

ネット回線には

  1. アナログ
  2. ケーブルTV
  3. モバイル

の4種類があります。

その中でオンラインゲームやゲーム配信向けで選ぶとしたら、光回線 一択です。

なぜ光回線一択なのか?

光回線は光ファイバーを使ってインターネットに接続する方法で、現在最も普及しているネット回線です。

電話回線を使うADSLやISDNなどの従来の主流だったアナログ回線と比べると、通信速度や通信量が格段に向上しています。

またADSLなどのアナログ回線は自宅と基地局の距離が離れるほど速度が減衰するデメリットがありましたが、光回線は基地局と距離が離れていても速度に影響を受けることがありません。

  • データ容量
  • 通信速度
  • 安定性

どれをみても光回線が一番優れています。

モバイルWi-Fiなど工事不要で気軽に利用できるネット回線を利用する人が増えていますが、モバイルWi-Fiは通信制限が設けられていることが多くオンラインゲームには不向きです。

特にフォートナイトやスプラトゥーンなどの最近の3Dゲームはデータ容量が大きいため、光回線を使わないとすぐに処理落ちしてプレイどころではなくなってしまいます。

ゲーム配信するなら、なおさら光回線にするべき!

ゲームプレイの場合はもちろんですが、ゲーム配信をするのであればなおさら光回線を選ぶべきです。

ゲーム配信は、ゲームプレイと同時並行して動画の配信を行うので、ネット回線にかなりの負荷がかかります。

ネット回線に負荷がかかるとゲームプレイ自体は問題なくても、配信画面がカクついたりフリーズするなどの問題が発生します。

光回線は他の回線と比べるとアップロード時の速度も安定して速いので、視聴者にストレスなく動画を楽しんでもらうことが可能です。

もしも、ゲーム配信者としても今後活動していきたい考えるのなら、光回線を選ぶべきでしょう。

ゲームに最適な光回線を選ぶ3つのポイント!

光回線といっても、さまざまなサービスが存在します。

多数の光回線の中から最適な光回線を選ぶには

  1. 回線速度
  2. Ping値
  3. 対応エリア

の3つのポイントに注目すると良いでしょう。

1.回線速度

回線速度はゲームプレイ、動画配信どちらにとっても重要なポイントです。

回線速度には「下り」と「上り」の2種類があります。

下り:データの受信速度(ダウンロード)

上り:データの送信速度(アップロード)

下りの速度はゲームのダウンロードやアップデートの場合に重要なため、オンラインゲームにおいては主に”下り”に注目します。

しかし、ゲーム配信や動画投稿をしたいという人は、アップロードの際に利用する”上り”の回線速度にも注目する必要があります。

回線速度は最低でも30Mbps以上

回線速度は、1秒間にどれくらいの量のデータを動かせるかを表す、「bps(ビットパーセカンド)」という単位で表現されます。

オンラインゲームに関して回線速度は最低でも30Mbps以上が必要とされています。

しかし、最近のゲームは頻繁にアップデートされている上に、データ容量も大きくなっているので30Mbpsだと時間がかかりがちです。

ゲームのダウンロードだけで何時間もかかってしまう場合があります。

なので回線速度は早ければ早いほど良いでしょう。

2.Ping値

オンラインゲーム目的でのネット回線選びでは、「Ping値」のも重要なポイントとなります。

Ping値とはユーザーから送信された信号に対するサーバーの応答速度のことです。

簡単に言うと「ラグを目に見えるようにしたもの」です。

Ping値はms(ミリセカンド)という単位で表現され、数字が小さければ小さいほどラグが少なくなり、逆に数字が大きいとラグが多くなってしまいます。

オンラインゲームの場合、50ms以下のPing値で快適だとされています。

ただ、FPSやTPSなど対人戦がメインのゲームをプレイする場合には、フレンドやチームメンバーに迷惑をかけてしまうので、よりラグの少ない30ms以下の回線がおすすめです。

3.自宅の対応回線の種類

最後のポイントは、自宅がネット回線の対応エリアに入っているかというどうかです。

意外と気が付きにくいポイントです。

せっかく気になる回線サービスがあっても対応エリア外だと利用できません。

ネット回線やプランによって対応エリアは違ってきます。

なので、あらかじめ気になるネット回線がある場合には、自宅がその回線に対応しているかをしっかりチェックしておきましょう。

対応エリアはほとんどのネット回線のサイトでそれぞれ調べられるようになっています。

マンションの人は注意!

マンションのような集合住宅に住んでいる人は、対応回線に注意が必要です。

集合住宅の場合、光回線には

  • 光回線方式(光ファイバーのみ)
  • VDSL方式(光ファイバーケーブル + 電話回線)

の2種類の方式が存在します。

VDSL方式の場合、電柱からマンションの共用スペースまでは光回線が通っていますが、マンション内の各部屋へは電話回線を利用します。

電話回線を利用しているため、最大1Gbpsのプランであっても最大100Mbpsまでしか回線速度はでません。

なので、自宅のマンションがVDSL方式かどうか確認した上で、ネット回線のプランを選ばないと逆に損をしてしまう場合があります。

おすすめの光ネット回線4選!

上記の最適な光回線を選ぶ3ポイントを踏まえて、おすすめの光回線を4サービス紹介します。

1.auひかり

  • 月額料金:戸建て 5,600円
  • マンション 4,300円
  • 最大速度:1Gbps
  • (5Gbps、10Gbpsのプランあり)
  • 使用回線:独自回線
  • 対応エリア:
  • 戸建て:関西・東海エリアを除いたエリア
  • マンション:全国

※料金金額は目安です。

まず最初におすすめの光回線は「auひかり」です。

auひかりは独自回線を使用しているため安定して速い回線速度を出すことができ、ストレスなくオンラインゲームをプレイすることができます。

他社回線からの乗り換えで利用できるキャッシュバックや月額料金が割引されるサービスが充実しており、非常にお得感があります。

ほぼ全国の広い地域に対応しているので地方でも多くの人が利用しています。

また関東エリア限定ですが、回線速度がさらに爆速になる5Gbpsプランや10Gbpsプランも提供されています。

↓詳細はこちら↓

2.NURO光

NURO光

  • 月額料金:戸建て(マンションでも利用可) 4,743円
    マンション 1,900円〜
  • 最大速度:2Gbps
    (6Gbps、10Gbpsのプランあり)
  • 使用回線:独自回線
  • 対応エリア:北海道、
    東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、
    愛知、静岡、岐阜、三重、
    大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、
    福岡、佐賀

※料金金額は目安です。

NURO光」はSONYの子会社のソニー・ネットワークコミュニケーションズが提供する光回線です。

独自回線を利用しているため光回線各社の中でも抜群に「安定・高速」な回線なっており、ゲームをしていてラグに悩まされることも少ないです。

戸建てとマンションでプランが分かれていますが、マンションに住んでいてもマンションのNURO設置状況によっては戸建てプランを選ぶことも可能です。

利用料金も他社と比べると割安になっていてコスパが十分なうえ、最大4万5千円のキャッシュバックもあるためお得に利用することができます。

ただ難点を一つあげるとすれば、対応している地域が限定的で少いということです。

↓詳細はこちら↓

3.フレッツ光

  • 月額料金:戸建て:5,400円
  • マンション:3,700円
  • 最大速度:1Gbps
  • 使用回線:フレッツ光回線
  • 対応エリア:全国

※料金金額は目安です。

「フレッツ光」はNTTが提供する光回線サービスです。

NTTが提供しているということもあり、光回線が日本全国に行き渡っており、ほとんどの地域で対応しています。

広範囲をカバーし、キャッシュバックキャンペーンも多く行っているので、利用者が多いのも特徴です。

↓詳細はこちら↓

4.ソフトバンク光

  • 月額料金:戸建て:5,200円
  • マンション:3,800円
  • 最大速度:1Gbps
  • 使用回線:フレッツ光回線
  • 対応エリア:全国

※料金金額は目安です。

「ソフトバンク光」は上記2社とは異なり独自回線を使わずフレッツ光回線を使っているため、対応エリアが広くどこに住んでいても利用できるのが魅力です。

その分フレッツ光は利用者が多く回線が混雑しやすいため、回線速度や通信の安定性に関してやや見劣りするところがあります。

しかし、オプションの「IPv6高速ハイブリット」を導入することでauひかりと遜色ないレベルの回線速度・安定性を実現可能です。

「IPv6高速ハイブリット」を利用するためには月額467円で光BBユニットをレンタルする必要があります。

ソフトバンクのスマホ割やキャッシュバックなども充実しているので、これらをうまく利用すればコスパ良く快適なオンライン環境が手に入るネット回線です。

↓詳細はこちら↓

ネットゲームや配信では安定性も重要

オンラインゲームやゲーム配信をするときは回線速度やPing値と同じくらい通信の安定性も重要です。

速度が速くても頻繁に通信が途切れたり、時間帯によって速度にムラができてしまうと快適にゲーム配信ができません。

一般的に、無線で電波を飛ばすWi-Fiやモバイルルーターなどを使うよりも有線接続の方が安定性は高いと言われています。

ですので、できる限りオンラインゲームは有線接続で利用するのがおすすめです。

まとめ

オンラインゲームを、eスポーツプレイヤーとして真剣にやるのであれば質の高いネット回線は必須といえます。

特に格闘ゲームやFPSゲームなどコンマ1秒の判断が勝負を分けるゲームだと、ラグが多い回線では好成績を収めることは不可能です。

ネット回線で大事な

  • 回線速度
  • 応答速度
  • 回線の安定性

という3つのポイントからするとオンラインゲームでは光回線一択となります。

その上で、対応エリアから最適な光回線を選ぶようにしましょう。

もしも対応エリア内にお住まいでしたら「auひかり」がおすすめです。