スマホでゲーム配信する方法!iPhoneやAndroidで気軽にゲーム配信!

「スマホでゲーム配信したい!」

「スマホでゲーム配信ってどうやるの!?」

という人のために、スマホでゲーム配信する方法を紹介します!


目次





スマホでゲーム配信をやるには?

スマホでゲーム配信を行うには、

1.PCを使った方法

2.スマホだけを使う方法

の2種類の方法があります。

1.PCを使って配信する方法

PCを利用する方法は、スマホの画面をPCに取り込んで配信をする方法です。

スマホ以外に、PCやキャプボなどの機材を揃える必要があるので、初期費用がかかってしまうのが難点です。

しかし、初期費用がかかる分、スマホだけの配信よりも安定したクオリティの高い配信ができます。

スマホとPCで配信するのに必要なもの

スマホとPCで配信するのに必要なもの

スマホとPCでゲーム配信をするには、

・スマホ

・配信用PC

・キャプチャーボード

・キャプチャーソフト(配信ソフト)

・マイク

が必要になります。

キャプチャーボードとはスマホの画面をPCに取り込むための周辺機器の一つです。

キャプチャーソフト(配信ソフト)はゲーム画面を配信するために必要になります。

また、ゲーム実況している自分の声をチャンネルを視聴しているユーザーにしっかり届けるためには、性能の良いマイクが必要です。

次にPCとこれらの機材を使ってゲーム配信をする手順を簡単に解説していきます。

PCを使った配信の大まかな流れ

PCを使った配信の大まかな流れ

①キャプチャーボードを通してスマホとPCを接続

②キャプチャーソフトでスマホ画面をPCに表示させる

③配信設定を行う

④配信スタート

詳細な配信方法はこちら↓↓

関連記事:PCとiPhoneを使ってゲーム生配信をするやり方について

2.スマホのみで配信する方法

スマホのみでもゲーム配信を行うことはできます。

スマホの画面収録機能や配信アプリなどを利用してスマホゲームを配信することができます。

しかし、スマホのみでの場合、ゲーム配信は利用できる配信サイトが限られています。

スマホ配信でおすすめの配信サイト

スマホ配信でおすすめの配信サイト

スマホ配信でおすすめのサイトは

  1. ミラティブ
  2. ツイキャスゲームズ

の2サイトです。

どちらも人気の配信サイトで多くのスマホユーザーが利用しています。

1.ミラティブ

ミラティブ

「ミラティブ」は登録ユーザー数が1000万を超える国内最大クラスの配信サイトで、スマホゲーム配信では圧倒的な人気を誇ります。

配信は縦画面・横画面の両方に対応しているので、どのスマホゲームをプレイしてもきれいに配信することができます。

また、ミラティブ最大の長所は、スマホ上の簡単操作で本格的なアバターを作成できる「エモモ」というアバター作成システムあることです。

作成したアバターは雑談配信やゲーム配信などで使えるため、まるでVTuberのようなクオリティの高い配信ができるようになります。

VTuberのゲーム配信をしたいけど設備や予算がないという人は、無料でVTuber配信ができるミラティブがおすすめです。

詳しい利用方法はこちら↓↓

関連記事:iPhoneでミラティブのゲーム配信をする方法!配信が出来なくて困っている人でも簡単に配信可能?

2.ツイキャス

ツイキャス

人気配信サービス「ツイキャス」では、スマホゲーム配信に特化したアプリ「ツイキャスゲームズ」が利用できます。

ゲーム配信に特化しているだけあって、

・配信できる時間が長い(4時間)

・投げ銭(お茶爆)機能が充実

・高画質での配信ができる

・オリジナルフレームが利用可能

などツイキャス以上に配信を行うのに便利になっているのが特徴です。

また、ツイキャスゲームズでは好きなゲームを設定することで、アプリ上でカテゴリページやランキングページに表示されるという機能も見逃せません。

この機能により他のユーザーから見つけてもらいやすくなり、視聴者数を伸ばして楽しい配信ができるようになります。

詳細な方法はこちら↓↓

関連記事:ツイキャスゲームズの使い方・配信のやり方について【即配信可能!】

まとめ

スマホでゲーム配信をする方法は大きく分けて

・PCを利用する方法

・スマホのみで行う方法

の2種類があります。

いずれもメリット・デメリットがありますが、初心者にはスマホだけを使う方法がおすすめです。

まずはスマホだけでゲーム配信に慣れつつ、自分の配信チャンネルを育てていきます。

ある程度自信がついたら、PCを使ってよりクオリティの高い配信を行っていきましょう。

そのためにも、それぞれの配信方法をしっかり理解しておいてくださいね。

Twitterでフォローしよう