楽天がeスポーツに本格参入!7/23には初のeスポーツイベントを開催

2022年7月12日、楽天はeスポーツ関連事業に参入し、様々なゲームタイトルを使用したeスポーツイベントを主催していく予定であることを発表しました。

また、7月23日(土)には初めてのeスポーツイベント「Rakuten esports cup」を開催することを同時に発表しています。




第1回イベントは「APEX LEGENDS」大会

第1回イベントは「APEX LEGENDS」大会

「Rakuten esports cup うまいもの争奪戦」という名前の第1回イベントでは、eスポーツ業界で世界的な人気を博す「APEX LEGENDS」が採用されました。

第一線で活躍するストリーマー(注)、YouTuber、VTuberなど20チーム・総勢60名が参加するほか、

・実況にはeスポーツ業界で著名なMCである平岩 康佑さん

・解説としてあれるさん

・ゲストには「あのちゃん」の愛称でインターネットやTVで人気のあのさん

が登場する予定です。

イベントは「Rakuten esports cup」公式サイトおよび公式YouTubeチャンネルなどで無料で視聴することができます。

また、ユーザー向けに「Rakuten esports cup」公式Twitterにおいてキャンペーンが実施されることも明らかにされています。

イベント概要

開催日時:2022年7月23日(土)18:00~22:00

ゲームタイトル:APEX LEGENDS

開催形式:オンライン

WEBイベント公式サイト

(無料で視聴可能)

参加者: TIE_Ru、もこう、天月、恭一郎、ハセシン、らっだぁ、SPYGEA、蛇足、とっくん、AlphaAzur、ありけん、杏仁ミル、あどみん、石川界人、おおえのたかゆき、如月れん、k4sen、濃いめのあかりん、 酢酸かのん、shomaru7、獅子神レオナ、紫宮るな、Civ:A、先端恐怖症、たこまる/TAKOMARU、でっぷ、堂村璃羽、猫麦とろろ、のばまん、はつめ、バーチャルゴリラ、V.I.P、布団ちゃん、ホロ酔いさん。、 ポッキー、まさのりch、ぐちつぼ、MOTHER3、不破湊、LEON代表、鈴木ノリアキ、すでたき ほか (順不同・予定) ※7月12日時点

主催:楽天グループ株式会社

運営:株式会社JCG

協力:インフォレンズ株式会社

協賛企業・ブランド:Alienware(デル・テクノロジーズ株式会社)、株式会社DDホールディングス、レノボ・ジャパン合同会社、MOBIUZ(BenQ)、株式会社マウスコンピューター、お〜いお茶(株式会社伊藤園)、ZOWIE(BenQ) (アルファベット順・予定)

Twitterキャンペーンの概要

Twitterキャンペーンでは、対象期間中に「Rakuten esports cup」の公式Twitterアカウントをフォローし、対象ツイートをリツイートした方の中から抽選で

・「APEX LEGENDS」オリジナルグッズ(10名)

・「楽天ポイント」10,000ポイント(10名)

がプレゼントされます。

対象期間:2022年7月12日(火)11:00~2022年7月23日(土)23:59

WEBキャンペーンページ

なお、進呈されるポイントは期間限定ポイントです。




楽天の様々なサービスとの連携も視野に

楽天は、「Rakuten esports cup」の開催を通じて魅力的で新しいエンターテインメント体験の提供を実現を目指すとしています。

「Rakuten TV」

「楽天チケット」

「Rakuten NFT」

など様々なコンテンツを活用したサービスを提供する楽天は、これらのコンテンツビジネスに関する知見やネットワークを生かしていく構想を明らかにしています。

次回以降の「Rakuten esports cup」においては、イベント動画の配信やイベントチケットの販売、グッズ販売なども検討していくとのことです。

また、1億以上の楽天会員を中心としたメンバーシップを軸に、楽天が形成している「楽天エコシステム(経済圏)」を活用し、楽天の様々なサービスとの連携も推進していく予定です。

まとめ

楽天がeスポーツ事業に本格参入することを明らかにしました。

その第一歩としてeスポーツイベントの開催も決定しており、有名ストリーマーが多数参戦する第一回イベントとは思えない規模となっています。

そのほか、「Rakuten TV」をはじめ独自の配信サービスを要する巨大企業だけに、eスポーツ業界に与える影響は大きそうです。

楽天のeスポーツ事業がどのように拡大し、今回のイベントに続くイベントがどのように展開されていくのか注目ですね。

ソース:楽天グループ株式会社のプレスリリース[PR Times]

Twitterでフォローしよう