イメージ

一般社団法人日本eスポーツ連合は、2019年12月12日~14日に韓国で開催される、「第11回eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」に出場する日本代表選手を発表しました。

また大会の様子も、動画サイトで配信される予定です。

「第11回eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」とは

2019年12月12日から14日までの3日間に韓国・ソウルのVSGアリーナで開催される「eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」は、国際eスポーツ連盟(IESF)が主催するeスポーツの国際大会で、今回が11回目の開催となります。

世界47か国から強豪選手たちが集結し、採用タイトルそれぞれの世界No.1を巡る戦いを繰り広げます。

12日(木)と13日(金)の両日に予選が行なわれ、その中で上位に残った選手が翌14日(土)の決勝へ進出できます。

日本代表選手が発表へ

11回目の開催となる今回は

・eFootball ウイニングイレブン 2020

・鉄拳7

・DOTA2

の3タイトルが採用されており、それぞれの熱いバトルが展開されます。

その中で日本eスポーツ連合(JeSU)は、各タイトルに出場する2名と1チームを「eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」に派遣しています。

「eFootball ウイニングイレブン 2020」

この部門は個人戦で試合が行なわれ、33ヵ国の選手が出場します。

日本からは「うでぃ選手」が出場します。

「鉄拳7」

この部門も個人戦での試合が行なわれ、34ヵ国の選手が出場します。

日本からは「タケ。選手」が出場します。

「DOTA2」

この部門はチーム戦での試合が行なわれ、21ヵ国の選手が出場します。

日本からは、

・Suan選手

・ Arab選手

・ 野球犬選手

・うたたねかえる選手

・toyomaru選手

の5名で構成された、チーム「TeamMay」が出場します。

試合の様子をライブ配信!決勝の日本語放送も

この大会の様子を、IESFがYouTubeとTwitchで予選から英語配信する予定で、それに伴いJeSUは、決勝戦を日本語実況配信する予定です。

決勝の日本語放送は

YouTube

Twitch

OPENREC tv.

niconico

で配信されます。

■JeSUの公式番組配信

12月14日(土)10:30~20:00(現地時は11:30~21:00)

10:30~13:30:DOTA2 決勝

14:00~16:00:eFootball ウイニングイレブン 2020 決勝

16:00~18:00:鉄拳7 決勝

19:00~20:00:表彰式

※時間は日本時刻です。

※実況者、解説者およびniconicoのURLは後日JeSU公式サイト等で公開します。

※配信スケジュールは予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

IESF配信サイト(英語放送)

Twitch(Channel 1 Main Stage Event)

YouTube(Channel2 Sub Stage Event)

大会スケジュール(JeSU公式サイト)

まとめ

今月12日~14日の間、韓国・ソウルで「第11回 IESF eスポーツワールドチャンピオンシップ」が開催されます。

それに出場する日本代表選手が発表されました。

また予選からの英語配信と、決勝の日本語実況放送も予定されています。

前回の第10回大会では、国別総合順位で日本は5位にランクインしていますが、今大会ではどんな成績となるでしょうか。

彼らの活躍に期待です。

ソース:「第11回 IESF eスポーツワールドチャンピオンシップ」プレスリリース[JeSU公式]

Twitterでフォローしよう