イメージ

一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)が2021年6月25日(金)、「東アジアeスポーツチャンピオンシップ(Esports Championship East Asia)」が、今年9月10日(金)~12日(日)に韓国の"ソウルオリンピック公園"で開催されることを発表しました。




「ECEA」9月に韓国で開催

「東アジアeスポーツチャンピオンシップ(ECEA)」は、韓国政府主導の下に韓国の文化スポーツ観光省が初めて主催するeスポーツの国際競技大会で、同国の"ソウルオリンピック公園"で2021年9月10日(金)~12日(日)の3日間に開催が予定されています。

本大会では

・日本

・中国

・韓国

の3か国それぞれから選抜された代表選手が、エキシビションを含めて5つのタイトルで競い合います。

イメージ

jesu.or.jp/より

タイトルはPUBGなど5タイトル

本大会には

「Clash Royale」

「eFootball ウイニングイレブン」

「League of Legends」

「Player Unknown’s Battlegrounds(PUBG)」

「Dungeon Fighter Online(アラド戦記)」

が採用されており、その内「Dungeon Fighter Online」ではエキシビションマッチが実施されます。




3か国の友好とeスポーツの発展へ

この大会は、日韓中3か国の友好とアジアにおけるeスポーツの価値向上を目指して企画されたもので、このeスポーツ発祥の地とも言われる東アジア地区の大会に、世界最高峰のスキルを持った選手が出場することが期待されています。

当初は2020年秋に開催が計画されていた同大会は、新型コロナウイルスの感染動向を受けて調整が重ねられており、その結果ついに今年9月に開催できるという見通しが立ったということです。

また競技日程の詳細や各競技タイトルの日本代表選手については、決定され次第発表される予定になっています。

まとめ

今年9月10日(金)~12日(日)に「東アジアeスポーツチャンピオンシップ(Esports Championship East Asia)」が、韓国の"ソウルオリンピック公園"で開催されることが発表されました。

この大会は韓国の文化スポーツ観光省が主催するeスポーツの国際競技大会で、日本・韓国・中国からそれぞれの地域で選抜された選手が集結し、PUBGなど5つのタイトルでバトルを繰り広げます。

3か国の友好と、アジアにおけるeスポーツの価値向上を目指して企画されたこの大会ですが、一体どんな選手が登場するのでしょうか。

選抜の方法などはまだ公開されていませんので、今後の情報に注目です。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう