大阪に関西最大級のeスポーツホテルが6月11日プレオープン!

2022年6月7日、大阪を拠点に業務用酒類販売やホテル業を手がける株式会社Build-UPはeスポーツ業界への参入を表明しました。

第一歩として同社が大阪で運営するホテルの2フロアをゲームエリアに改装し、24時間営業の関西最大級のeスポーツホテルとすることを明らかにしています。




eスポーツホテル『e-sports EKICHIKA』が6月11日プレオープン

eスポーツホテル『e-sports EKICHIKA』が6月11日プレオープン

新型コロナ禍の影響でホテル業界は大きな打撃を受けました。

比較的社会状況が落ち着いている現在でも業界全体で低迷は続いており、今回Build-UPは『再起をかけた挑戦』としてeスポーツ業界への参入に踏み切ったとしています。

eスポーツホテルとなるのは同社が運営する「ホテルエキチカ長堀橋」で、『e-sports EKICHIKA』として生まれ変わることになりました。

地下鉄長堀橋駅の真横、徒歩10秒という好立地にあり、宿泊環境が完備されていることから、ゲーム好きな人が存分にゲームをプレイできる最高の環境です。

料金の支払いや入退場は独自システムを採用し、サブスクリプションでの利用もできます。

6月11日からはプレオープン期間として事前登録キャンペーンが実施されるほか、7月1日のグランドオープンまでお得にゲームをプレイできるようになっています。

また、グランドオープンに先駆けて有名配信者やプロゲーマーをゲストに迎え48時間配信イベントも実施予定とのことです。

最高のゲーミング環境を提供するための特徴、こだわり

『e-sports EKICHIKA』は3階にあったレストラン、4階フロントの一部をイベントや大会を開催できるゲーミングフロアとして改装します。

ゲーミングフロアには、業界トップクラスRTX3090をはじめ大会レベルの最新PCを全50台が揃えられたゲーマー垂涎の環境です。

そのほかにも最高のゲーミング環境をゲーマーに提供するために様々なこだわりが施されています。

PC以外にもプロレベルの設備を導入

PC以外にもプロレベルの設備を導入

業界トップクラスのハイスペックゲーミングPCを導入した本格配信ブースでは、どんなゲームでもサクサク動く感覚を体験できストレスなくゲームができます。

全てのPCにはMSI 湾曲モニターが用意され、ウルトラワイドモニターと通常のワイドモニターを選ぶ事もでき、自分に合った環境でプレイすることが可能です。

ガラス張りの個室となっていて、ゲーミングメーカーRazer製の配信機材に必要なマイクやカメラ等も完備。

配信初心者でも、有名配信者でも最高レベルの環境で配信することができるようになっています。

1人~4人用完全個室を完備

1人~4人用完全個室を完備

4階には完全個室が完備され、人に見られたくない、邪魔されたくない、1人で楽しみたい方に最適です。

さらに、最大4名の友達と楽しめる団体用個室も用意され、チームで集中して大会のような環境でプレイができるため大会前の合宿などにピッタリとなっています。

全36室の宿泊スペースも利用可能

全36室の宿泊スペースも利用可能

3階、4階以外の6階~9階の客室全36室も利用できるようになっています。

宿泊もできるので、24時間いつでも時間を気にせず最高の環境でゲームをプレイすることが可能です。




『e-sports EKICHIKA』の基本情報

・店名:e-sports EKICHIKA

・所在地大阪市中央区島之内1-18-8ビルドアップ長堀橋ビル3階・4階
(地下鉄長堀橋駅から徒歩10秒)

・TEL:06-6258-8880

・営業時間:24時間営業

・定休日:なし

・WEB公式サイト

まとめ

大阪に関西最大のeスポーツホテルが誕生することになりました。

プロレベルの設備と快適な客室で、時間を気にせずにゲームを楽しめる最高の環境となっています。

最近eスポーツホテルの開業が多く見られますが、今回と同様に新型コロナ禍によるホテル業界全体への打撃が大きく影響しているようです。

苦境を乗り越えるための一手としてeスポーツが選ばれるのは、それだけeスポーツが産業として成長しつつあるということなのではないでしょうか。

きっかけはどうあれeスポーツ文化の発信基地としてeスポーツホテルには存在感を発揮して欲しいところですね。

ソース:プレスリリース

Twitterでフォローしよう