2022年4-6月期のeスポーツ大会の国内の累計視聴時間が前年比70%増!

2022年7月6日、株式会社プレイブレーンは、同社が運営するeスポーツカレンダーサイト「TAIYORO」で計測された国内eスポーツ配信視聴データのトレンドを発表しました。

発表によると2022年の第2四半期(4-6月)では、国内におけるeスポーツ大会配信の延べ視聴時間は同期間の前年比 70%増と大きく成長を見せたとのことです。




視聴時間の増加の背景には国際大会での日本代表チームの快挙が

視聴時間の増加の背景には国際大会での日本代表チームの快挙が

動画:VCT Masters Reykjavík 2022 – Bracket Stage Day9

国内におけるeスポーツ大会配信の延べ視聴時間は同期間の前年比 70%増と大きく成長しましたが、その背景には国際大会での日本代表チームの活躍があります。

2022年の第2四半期(4-6月)は、

・アイスランド・レイキャビクで開催された VALORANTの「2022 VALORANT Champions Tour Stage1 Masters Reykjavík(VCT Masters)」

・韓国・釜山で開催されたリーグ・オブ・レジェンドの「Mid-Season Invitational(MSI)」

という2つの大きな国際大会に国内のファンの注目が集まりました。

特に4月に行われた VCT Masters では、日本代表チームが世界3位の快挙を達成したこともあり、最大同時視聴数は 19万人(※公式メイン配信のみの視聴数)を超えています。

この勢いに乗ってVALORANTの注目度は高まり、5月に開幕したVALORANTの国内公式大会「2022 VALORANT Champions Tour Challengers Japan Stage2」の視聴数も急上昇しました。

国内最大規模のアリーナ会場で開催された決勝戦の配信(6月26日)では、人気ストリーマーによる公式サブ配信を含む、最大同時視聴数がおよそ 34万人(※公式メイン配信はおよそ17万人)という記録を達成しています。

期間中に配信された大会日数も350件以上と、前期(1-3月)から100件以上増えており、各ゲームタイトルにおいて競技試合の配信が日常的に行われるようになりました。

2022年4-6月の主なeスポーツ配信視聴トレンド

プレイブレーン社が発表した国内eスポーツの2022年の第2四半期(4-6月)におけるトレンドは以下のようになっています。

最高累計視聴時間のゲームタイトルは「VALORANT」(およそ8億分)

最高累計視聴時間のゲームタイトルは「VALORANT」(およそ8億分)

動画:【DAY1】RAGE VALORANT 2022 Spring

日本代表のプロチーム「ZETA DIVISION」が世界3位という輝かしい結果を残した「VALORANT」が多くのゲームファンの注目を集めました。

国際大会「2022 VALORANT Champions Tour Stage1 Masters Reykjavík(レイキャビク)」が、総視聴時間 2.3億分を記録(前年の2倍以上)しています。

その後、5月に開幕した国内大会「2022 VALORANT Champions Tour Challengers Japan Stage2」は総視聴時間 4.7億分に到達し、前年同時期の大会日程のおよそ5倍となりました。(※上記データにストリーマーによるサブ配信の視聴データは含まない)

上記2つの公式大会だけでなく、「RAGE VALORANT」をはじめとしたイベントの配信が加わり、VALORANTの累計視聴時間は約8億分に到達しています。

期間中の国内eスポーツ配信の総累計視聴時間の5割以上のシェアを担う規模感となりました。

最多大会配信日数を記録したゲームタイトルは「荒野行動」(40日以上)

最多大会配信日数を記録したゲームタイトルは「荒野行動」(40日以上)

動画:【荒野行動】FFL SERIES10 DAY1

「荒野行動」も根強い人気を見せ付ける結果となっています。

「荒野行動」日本一を決める全国大会「荒野CHAMPIONSHIP」が3月に開幕したのに加えて、FENNELが主催するリーグ戦「FFL 荒野行動」が毎週金曜日に配信され

このことから、期間中に最も多く配信が行われるゲームタイトルは前期(1-3月)に引き続き、今期も「荒野行動」となりました。

「LJL 2022 Spring Split」がリーグ記録を更新 最大同時視聴数 7.5万人を達成

「LJL 2022 Spring Split」がリーグ記録を更新 最大同時視聴数 7.5万人を達成

動画:LJL 2022 Spring Split Finals Game 1

100試合以上に渡る新しい日程フォーマットで開催された「LJL 2022 Spring Split」の決勝戦が4月10日に行われ、リーグ過去最高の最大同時視聴数 7.5万人を記録しました(前年のおよそ2倍)。

人気ストリーマーによる公式サブ配信も実施され、メイン配信と合わせた最大同時視聴数はおよそ11万人に到達しているとのことです。

「ストリートファイターV チャンピオンエディション」が視聴数の著しい伸びを記録(第4期 TOPANGA CHAMPIONSHIP)

「ストリートファイターV チャンピオンエディション」が視聴数の著しい伸びを記録(第4期 TOPANGA CHAMPIONSHIP)

「ストリートファイターV チャンピオンエディション」の国内最高峰リーグである「第4期 TOPANGA CHAMPIONSHIP」が3月に開幕しました。

6月19日に行われた本戦ファイナル 3日目は最大同時視聴数 4.8万人を記録し、東京タワー内の新施設「RED° TOKYO TOWER」を大会会場として設けるなど、多くの格ゲーファンの注目を集めたイベントとなっています。




2022年4-6月の国内eスポーツ配信視聴データにおける主なトピック

TAIYOROが独自に集計したデータから主なトピックは以下の通りです。

・ 国内で配信されたeスポーツ大会日程は350件以上(2022年 4-6月)

・ eスポーツ大会に採用されたゲームタイトルは25本以上

・ 国内におけるeスポーツ大会の累計視聴時間はおよそ14.6億分、前年比70%増と飛躍的な伸びをみせた

・イベントにおける最大同時視聴数の最高記録は 19万人 (※公式メイン配信のみの視聴数)

2022 VALORANT Champions Tour Stage1 Masters Reykjavík(レイキャビク) (Semi Finals 4月24日)

・最大同時視聴数 10万人以上を記録した大会は 5件以上

(ゲームタイトル:VALORANT、League of Legends、Apex Legends)

まとめ

eスポーツの大会などの情報を発信するカレンダーサイト「TAIYORO」によると、2022年4-6月の国内におけるeスポーツ大会の累計視聴時間が前年比で70%増ということが明らかになりました。
国際大会における日本代表チームの躍進が背景にあるとされています。

オリンピックなどでも代表チームの活躍をきっかけに競技に注目が集まることがありますが、eスポーツでも代表チームの活躍は大きなパワーを持っているようです。

eスポーツ全体のためにも、日本代表チームが国際大会に打って出られる環境づくりやそこで活躍できるような選手の育成がこれから重要になりそうですね。

ソース:株式会社プレイブレーンのプレスリリース[PR Times]