ゲームは新たな趣味や消費のきっかけになっている?ゲームエイジ総研調べ

ゲームに関して様々な調査を行っているゲームエイジ総研は、ゲームをきっかけに始めた趣味や興味を持ったもの、ゲームの内容に影響されて購入したもの、そしてゲームをきっかけとした新たなコミュニケーションについて調査し、その結果を公開しました。




ゲームが人間関係に与える影響を調査

ゲームエイジ総研が今回、

・ゲームをきっかけに始めた趣味や興味を持ったもの

・ゲームの内容に影響されて購入したもの

・ゲームをきっかけとした新たなコミュニケーション

についてを調査し、その結果を公開しています。

最近の野球やサッカーに代表されるスポーツゲームはもちろん、リアルな銃が登場するシューティングゲームやスローライフを楽しむようなゲームなど、様々なジャンルのゲームがどんどんリリースされています。

この調査はそういった背景で実施されたもので、全国の10~50代のゲームプレイヤー3,039人を対象に、2021年4月にインターネット調査で行われています。

ゲームをきっかけに新たな趣味へ

調査ではまず、"今プレイしているゲームの内容に影響されて始めた趣味や興味を持ったものがあるか"と質問しており、ゲーマーの17.4%が「ある」と回答しています。

回答では様々な傾向が見られており、今流行しているバトルロイヤルジャンルの「Apex Legends」や「Fortnite」、「PUBG」などから"サバイバルゲーム"に興味を持ったというものや、「あつまれ どうぶつの森」をきっかけに"部屋の模様替え"や"家庭菜園"に興味を持ったという回答も見られています。

イメージ

その他にも

「ウイニングポスト」シリーズや、「ダービースタリオン」シリーズから"競馬"

「ウイニングイレブン」シリーズや「FIFA」シリーズから"サッカー"

「プロ野球スピリッツ」シリーズや「実況パワフルプロ野球」シリーズから"野球"

といった具合に、国民的に人気のあるスポーツをゲームで体験し、そこからリアルに発展していくというケースも多く見られる結果となっています。

作品に派生する商品も購入

続いての、「プレイしているゲームの内容に影響されて購入した物があるか」との問いには、ゲーマーの16.4%が「ある」と回答しており、その内訳はゲーム関連のグッズが多いという結果になっています。

具体的には

「サウンドトラック(キングダムハーツシリーズ)」

「ぬいぐるみ(LINE:ディズニー ツムツム)」

「キャラクターフィギュア(ドラゴンクエストシリーズ)」

「クリアファイル、サントラ(バイオハザードシリーズ)」

といった回答が並んでいます。

イメージ

次いで目立っているのが、ゲームのテーマに関する物で、

「プラモデル(SDガンダムシリーズ)」

「釣り道具(あつまれ どうぶつの森)」

など、ゲームをきっかけにリアルグッズを購入するゲーマーが多いことがわかっている一方、

「世界史の書籍(Fate/Grand Order)」

「和服に興味が出て、振り袖を購入した(サクラ大戦シリーズ)」

など、作品の世界観に共鳴した結果、さらに奥深く体験するためにそこから派生した商品を購入したというゲームファンもいることが分かっています。




ジャンルを問わずに人間関係構築に貢献

最後には、「ゲームをきっかけとしたコミュニケーション」について問いを出しており、ゲーマーの21.8%がゲームをプレイしていることで、新たな友人関係が生まれたり、家族や仲間と親密になったなどの経験があると回答しています。

他のプレイヤーと交流しながら遊べる「あつまれ どうぶつの森」では

「ゲームの話で家族の会話が増えた」

というような家族間のコミュニケーションが増えたという回答や、

「他の部署の人とも仲良くなった」

「会社内でプレイヤー同士の同好会のようなものができた」

のような、勤務先でのコミュニケーションが増加したという回答が見られています。

イメージ

また「Apex Legends」や「Fortnite」のような協力プレイで他プレイヤーと戦うようなゲームでは

「ゲーム友達になれた」

「クラスに友達ができた」

など、その特性から新しい人間関係が生まれたり、既存の人間関係がさらに濃密になるという傾向が見られています。

その他、一人用のゲームからも交流が生まれたという回答もあり、ドラゴンクエストシリーズでは

「会社の人に攻略法を聞いたりして仲良くなりました」

のように親密度が増した例や恋人関係に発展したという回答も挙がっています。

まとめ

今回のゲームエイジ総研の調査では、プレイしているゲームの影響で持った趣味やコミュニケーションなどの実態が明らかになっており、ジャンルを問わずに趣味の広がりや人間関係の構築にも貢献していることが分かっています。

ゲームは単にプレイして楽しむだけでなく、一人用のゲーム、協力プレイのゲーム、対戦型のゲーム問わずにコミュニティの輪を広げるのにも活用できますね。

こうしたこともまた、ゲームに対する見方が変化していくきっかけになるのでしょう。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう