2022年国内家庭用ゲーム市場規模は前年比増の3,748億円!ファミ通調べ

ゲーム総合情報メディアのファミ通が、2022年の国内家庭用ゲームソフト(パッケージ版のみ)とハードの売上速報をまとめ、公開しています。

集計期間は2021年12月27日~2022年12月25日で、それによると、「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」と「スプラトゥーン3」がトップを飾っています。




2022年国内家庭用ゲーム市場規模調査の結果発表

イメージ

ゲーム総合情報メディアのファミ通が、2021年12月27日~2022年12月25日の計52週に集計した、2022年の国内家庭用ゲームソフト(パッケージ版のみ)とハードの売上速報を公開しています。

それによると2022年の店頭・通販販売分の家庭用ゲーム市場規模は、

ハードが前年同期比103.4%の2,097.8億円

ソフトが同104.1%の1,650.4億円

となっており、合計で前年比103.7%の3,748.2億円となっています。

前年までは、コロナによる巣ごもり消費の影響を受けていたことから反動も懸念されていたものの、今年度は強力な新作ソフトの登場とゲーム機本体の品薄に解消の兆しが見られたため、2022年は2年ぶりにトータルの市場規模がプラスになったとの分析が出ています。

ソフトランキングはポケモンが首位に

年間ソフトランキングでは、2022年11月18日にSwitchで発売された3年ぶりのシリーズ最新作となる「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」が首位を獲得しており、年間販売本数は433.9万本と、前作の「ソード・シールド」が2019年に記録した年間販売本数298.8万本を大きく上回るペースで数字を伸ばしています。

一方で任天堂が2022年9月9日にSwitchで発売した「スプラトゥーン3」が368.8万本と2位を獲得しており、こちらも前作を超える勢いで販売本数を積み上げているという結果になっています。

イメージ

ハード市場も徐々に回復

またハード市場では、主力商品に世界的な半導体不足と、サプライチェーンの混乱の後遺症が続いたものの、年末にかけて徐々に回復傾向を見せており、年間販売台数では3機種合計で480.5万台を販売した、Nintendo Switchが6年連続でトップを飾っています。

また、

プレイステーション5は115.4万台

Xbox Series X|Sは27.0万台

とそれぞれ前年の実績を上回っていて、今後のさらなる普及の拡大が注目されています。




2023年の新作にも注目

今回のレポートでは2023年のソフト市場について、5月12日にSwitchiで発売予定の「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」や、スクエニから6月22日にPS5で発売予定の「ファイナルファンタジーXVI」といった強力な新作の登場で、家庭用ゲーム市場のさらなる盛り上がりが期待されると締めくくっています。

※出典:ファミ通

まとめ

ゲーム総合情報メディアのファミ通が、2021年12月27日~2022年12月25日に集計した、2022年の国内家庭用ゲームソフトとハードの売上速報を公開しています。

それによるとソフトランキングの首位はポケモンが占めており、またハードではNintendo Switchが6年連続でトップに輝いています。

2023年度の動向は、果たしてどうなるのでしょうか。

今年の新作タイトルにも注目が集まりそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]