イメージ

本格的なeスポーツを目指して今年で3年目になるバトルロイヤルゲーム「荒野行動」の2021年度全国大会「2021荒野CHAMPIONSHIP - 夢への道」が、2021年3月22日(月)から開幕になります。

今年は日本全国の夢追人(プレイヤー)に、eスポーツのキャリアを追求するための夢の道を作り上げることを目指した、2つの"億級"ボーナスが実施されます。




2021年度「荒野CHAMPIONSHIP」3/22に開幕

「荒野行動」は、NetEase Gamesが開発、運営するバトルロイヤルゲームで、約100人のプレイヤーが無人島を舞台に、さまざまな武器などを使って最後の1人になるまで戦闘を繰り広げます。

全世界で3億プレイヤーを突破しており、様々なeスポーツ大会に採用されています。

本作は今年で3年目を迎えており、過去2年間で大小を問わず数多くの大会やイベントが行われてきましたが、今年も全国大会「2021荒野CHAMPIONSHIP - 夢への道」が開催されることが決定されています。

イメージ

予選では計40チームを選出

本大会のオンライン予選は、3月22日からの開始が予定されており、3~4月の間に

・オンライン予選

・荒野CHAMP前哨戦

・KSPシステム

という三つのルートが行われ、合計で40チームが選出されます。

選出されたチームは、選択された地域において、それぞれ5月9日、16日に開催される西日本と東日本王者決定戦に参加し、この二つの地区から勝ち上がった20チームが5月29日と30日に開催される荒野王者決定戦に出場し、日本最強チームを巡って戦います。

イメージ

大会公式サイト




今年は2つの"億級"を実施

今年の荒野CHAMPIONSHIPでは、日本全国の夢追人(プレイヤー)に、eスポーツのキャリアを追求するための夢の道を作り上げるべく、2つの"億級"ボーナス(応援イベント)が実施されます。

最大総額1億円!「賞金総額プール!」

「荒野行動」初の試みである、"全国賞金総額プール"を作る活動が行われます。

同大会の賞金総額は、昨年の2,500万円を大きく上回って最大上限1億円にもなっており、すべての日本のプレイヤーは、ゲーム内イベントを通じて賞金プールを増大させることができます。

「荒野行動」では、実力と夢を持つチームにプロ化の道を提供することが、公式の目標だけでなく、すべてのプレイヤーの共通目標でもあると信じていると言い、そのためにゲーム内での応援イベントを開始することで、公式とプレイヤーの力を合わせた"プロeスポーツ実現"を支えていきたいとしています。

イメージ

プロライセンスの発行

賞金プールの設立に加えて、今年の荒野CHAMPIONSHIPで優れた成績を得た、専門的に運営されている4チームを選抜し、「荒野プロライセンス」を獲得できる権利を授与する予定になっています。

名誉だけでなく、チームとして運営するための資金を提供することによって、さらなるチームの発展とプロへの夢の実現をサポートしていきます。

イメージ

プロライセンスを獲得したチームは、「荒野行動」公式から月間最大250万円、年間最大2,500万円の運営資金の援助が受けられることになっています。

またプロライセンスはプロチームとしてのパフォーマンスと運営能力を認める証でもあり、十分な大会実績があり、荒野行動公式とプレイヤーから認められたチームが、プロの称号を得ることになります。

そのため、荒野行動公式からはゲーム内外での援助と露出の機会が存分に用意され、プレイヤーがよりチームのことを知り、認識し、応援でき、チームの輝きも一層煌めいていくきっかけになります。

荒野プロライセンス詳細

まとめ

バトルロイヤルゲーム"荒野行動"の全国大会「2021 荒野CHAMPIONSHIP - 夢への道」が、3月22日に開幕します。

まずはオンライン予選で計40チームが絞られ、それぞれの地域大会を経て、日本最強チームが決められていきます。

さらに今年は2つの応援イベントが実施され、賞金の総額が最大1億になるほか、優勝チームにはプロライセンスを得る資格が与えられます。

3年目となる本作の大会では、いったいどんなバトルが繰り広げられるのでしょうか。

大会の展開と優勝チームにも注目が集まりそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう