「LJL 2022 Summer Split 」6/24に開幕!全試合オンラインで開催

リーグ・オブ・レジェンド(LoL)国内プロリーグの2022年夏季リーグ「LJL 2022 Summer Split」が、2022年6月24日(金)に開幕します。

本大会には8つのプロチームが出場し、全試合オンラインで実施されます。




「LJL 2022 Summer Split 」6/24に開幕

「LJL 2022 Summer Split 」が今月24日(金)に開幕し、

・レギュラーシーズン

・プレイオフ

合わせて100以上の試合が行われます。

本大会では、今月24日(金)~8月17日(水)に全8チームによるレギュラーシーズンが行われ、ここではBo1(Best of 1[1試合を先取したチームの勝利])、トリプルラウンドロビン(全チームによる総当たりを3回実施)形式の対戦が実施されます。

8月24日(水)からは上位6チームによるプレイオフが行われ、9月4日(日)の決勝戦で本年度LoLトップチームが決定されます。

優勝チームには賞金1,000万円が贈呈され、LJL代表として世界大会「Worlds Championship」への出場権も与えられます。

イメージ

8チームが総当たり3回の合計84試合を戦う

レギュラーシーズンでは、

・国内リーグでの若手選手たちの出場機会を増やすこと

・チーム同士の対戦回数を増やし競技力の向上を目指すこと

を目的に「トリプルラウンドロビン」形式が採用されており、全チームによる3回の総当たりで合計84試合が行われます。

またプレイオフを含めたシーズン累計の試合数は、合計100以上が予定されています。

イメージ

なお、出場8チームは下記のようになっています。

<AXIZ>

公式サイト

Twitter

<Burning Core>

公式サイト

Twitter

<Crest Gaming Act>

公式サイト

Twitter

<DetonatioN FocusMe>

公式サイト

Twitter

<Fukuoka SoftBank HAWKS gaming>

公式サイト

Twitter

<Rascal Jester>

公式サイト

Twitter

<Sengoku Gaming>

公式サイト

Twitter

<V3 Esports>

公式サイト

Twitter




試合はの週3日のレギュラー配信

本大会の試合は、前シーズンに引き続き水曜日と金曜日の平日18:00からの実施が予定されており、より多くのファンたちが観戦を楽しめるよう、Twitchにて配信されます。

開催にあたっては、新型コロナウイルス感染症の感染対策を考慮し、前シーズンと同じく、各出場チームが自チームのゲーミングハウスから試合に参加するオンライン形式とされています。

また配信では、eyes(アイズ)さん、Revol(レボル)さん、katsudion(カツディオン)さん、Lillebelt(リールベルト)さん、Jaeger(イェーガー)さん、Recruit(リクルート)さんが実況・解説を、タケトさん、清川麗奈さんがMCを務めます。

イメージ

イメージ

なお、本大会のスケジュールは以下のようになっています。

<レギュラーシーズン(18:00~22:30)>

DAY 1:6月24日(金)

DAY 2:6月26日(日)

DAY 3:6月29日(水)

DAY 4:7月1日(金)

DAY 5:7月3日(日)

DAY 6:7月6日(水)

DAY 7:7月8日(金)

DAY 8:7月10日(日)

DAY 9:7月13日(水)

DAY 10:7月15日(金)

DAY 11:7月24日(日)

DAY 12:7月27日(水)

DAY 13:7月29日(金)

DAY 14:7月31日(日)

DAY 15:8月3日(水)

DAY 16:8月5日(金)

DAY 17:8月7日(日)

DAY 18:8月10日(水)

DAY 19:8月12日(金)

DAY 20:8月14日(日)

DAY 21:8月17日(水)

<プレイオフ(17:00~)>
ROUND 1:8月24日(水)、8月26日(金)

ROUND 2:8月28日(日)、8月31日(水)

ROUND 3:9月2日(金)

FINALS:9月4日(日)

まとめ

プロリーグ「LJL 2022 Summer Split 」が、いよいよ6月24日(金)に開幕します。

本大会では水、金、日曜日の週3日の試合がオンラインで合計100以上実施され、その様子は配信されます。

今シーズンでトップに立つのはどのチームなのか。

日本中が注目する大会になりそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう