イメージ

米・Riot Gamesの日本法人である合同会社ライアットゲームズは2021年5月6日(木)、スマホ向けに配信されている、iOS/Android対応の異世界マルチバトル「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」において、ワイルドリフトeスポーツの世界大会を2021年後半に開催することを発表しました。




「LoLワイルドリフト」世界大会が開催へ

「リーグ・オブ・レジェンド(LoL):ワイルドリフト」は、ライアットゲームズが提供しているスマホ向けマルチプレイヤーオンラインバトルゲームで、「リーグ・オブ・レジェンド」の5v5MOBA体験が、モバイル端末と家庭用ゲーム機向けにゼロから再構築された内容で楽しめます。

一新された操作方法とペースの速い試合展開が特徴で、初心者から上級者まで、あらゆるレベルのプレイヤーが白熱したバトルを体験できます。

そんな同タイトルの世界大会が、2021年後半に開催予定であることが発表されています。

イメージ

ワイルドリフト公式サイト

ワイルドリフト公式Twitter

世界大会は2021年後半に開催へ

ワイルドリフト初となる世界大会は、2021年後半に本年度の締めくくりとして開催が予定されています。

ワイルドリフトのeスポーツ大会は、世界各地で既に始まっており、特に東南アジアでは先日に、初めての公式eスポーツ大会である「SEA Icon Series: Preseason」が開催されました。

この大会は5週間に渡って行われており、

・ベトナム

・台湾

・フィリピン

・タイ

・インドネシア

・マレーシア

・シンガポール

の複数の場所で開催され、54のプロチームが参加して熱戦を繰り広げています。

世界大会では、各地域で出場資格を獲得したチームが参戦し、世界トッププレイヤーを目指して競い合います。

なお、地域別の競技スケジュールやサードパーティー主催大会のガイドラインなどの追加情報は、後日に発表が予定されています。




世界では強豪チームも続々誕生

ワイルドリフトのチームは、世界中で数多くのeスポーツ組織が結成したことを発表しており、東南アジアでは

・The Alliance

・RRQ

・LoL eスポーツの古参であるFlash Wolves

がワイルドリフトのチームメンバーを発表しています。

世界の他の地域でもワイルドリフトのサービスが開始されていくことで、今後も名だたるeスポーツ組織がワイルドリフトのチームを発表することが予想されています。

まとめ

「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」の世界大会が、2021年後半に開催が予定されています。

今世界各地域では、名だたるチームがワイルドリフト部門を創設しており、世界大会ではこれらの強豪チームが激突します。

いったいどこの地域のどのチームが、世界トップレベルの称号を手にするのでしょうか。

今後の発表にも注目が集まります。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう