産経デジタルがeスポーツチーム「野良連合」をサポート!マネジメント契約締結へ

産経新聞グループの株式会社産経デジタルは2019年12月5日(木)、国内外で活躍しているeスポーツチーム「野良連合」と正規広告マネジメント業務契約を締結したことを発表しました。

この契約は2019年12月5日から正式に開始されています。

「野良連合」とは

今回産経デジタル社がマネジメント契約を結んだ「野良連合」は、東京・大田区を本拠地とするeスポーツのプロチームです。

国内のプロチームでは最多のTwiiterフォロワー数とYoutubeチャンネル登録者数を誇っており、日本国内だけでなく世界中で活躍しています。

2016年に発足して以来、国際大会にFPS日本代表として15回も出場しています。

その中で、世界最大のeスポーツリーグ「Electronic Sports League」のFPSメジャー世界大会でベスト4に2回も輝くなど優秀な成績も残しており、海外にも多くのファンを持っています。

産経デジタルがマネジメント契約でサポートへ

国際的に圧倒的な人気を誇る「野良連合」と産経デジタル社が、今回正規広告マネジメント業務契約を結んでいます。

この契約は産経デジタル社が、主に金銭面などの問題で世界のeスポーツシーンから遅れを取っている国内事情に対して、プロチームがプレイに集中して国内外の大会において活躍できる環境作りが急務だと考えていることに基づいて実現されました。

産経デジタルによると、その第一弾がプロチーム「野良連合」の広告獲得業務サポートだということです。

イメージ

国内eスポーツの啓発へ

産経デジタル社はゲームメディアを運営することで様々な企業のeスポーツ活動をコンサルティングしており、ゲームに対するナレッジとフジサンケイグループの営業力をクロスさせることで、国内企業へのeスポーツの啓発活動と広告獲得を積極的に行っていくとしています。

また今回の契約締結にあたり、産経デジタル社と「野良連合」からのコメントが公開されています。

産経デジタル代表取締役社長・宇田川尊志さん

「この度、国内外で幅広く活躍しているプロチーム野良連合様とのマネジメント契約の締結に至り、非常に光栄です。我々産経デジタルが培ってきたノウハウとリレーションで、プレイヤーの皆様にとって活動しやすいeスポーツの環境作りを行い、プロチームへの財政的な貢献と、企業へのeスポーツ参画メリットを提案し、両者にとってより良い事業活動を行っていけるようサポートしていければと考えております」

チーム「野良連合」代表・kizokuさん

「この度、フジサンケイグループの産経デジタル様とマネジメント契約を結ばせて頂きました。これにより国内外の大手企業様と多様なパートナーシップを結び、更なる飛躍ができることを期待しています。産経デジタル様と日本の市場をさらに発展させ、子供たちが勉強とともにゲームをすることも奨励される世界をつくっていきたいと思います!」

引用:産経新聞社プレスリリース

まとめ

eスポーツプロチーム「野良連合」と産経デジタル社が、正規広告マネジメント業務契約を結んだことが発表されました。

これによって「野良連合」にスポンサーが付き、主に資金面でのサポートが受けやすくなります。

日本国内のみならず海外でも活躍している同チームは、これまでにFPSメジャー世界大会でベスト4に2回も輝くなど優秀な成績と、国内をはじめとした圧倒的な人気を誇っています。

これからの彼らの活躍が楽しみですね。

ソース:産経新聞社プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう