イメージ

合同会社ライアットゲームズは、米・Riot Gamesの新作タクティカルFPS「VALORANT」を、2020年6月2日より世界に向けてリリースしたことを発表しました。

「VALORANT」は基本プレイ無料で遊ぶことができます。




Riot Gamesの新作「VALORANT」がついにサービス開始

「VALORANT(ヴァロラント)」は、数々のeスポーツ大会にも採用されている「リーグ・オブ・レジェンド」を運営するRiot Games待望の新作で、5対5のタクティカルFPSになっています。

「VALORANT」は2020年4月にクローズドベータテストが開始されており、開始直後から世界中のFPSコミュニティで注目の的となっていました。

初日だけで総視聴時間が3,400万時間、また同時視聴者数も最大170万人を超えており、2019年の「リーグ・オブ・レジェンド World Championship Finals」に次いで歴代2位の記録となっています。

イメージ

「VALORANT」では多彩な銃とキャラクターごとの固有の能力を組み合わせた、本格的な銃撃戦がマルチプレイヤーで楽しめます。

またマップも競技シーンを見据えて設計されており、いつどれだけプレイしても常に新鮮な戦いを体験することが可能です。

基本的なルールは、プレイヤーが5人ずつアタッカー(攻撃)とディフェンダー(防衛)の2チームに分かれて、最大24ラウンドを戦います。

基本プレイは無料で、世界中のプレイヤーが対戦に参加できるよう幅広いスペックのPCに対応しています。

イメージ

公式サイト

公式Twitter

ビギナーズガイド

コミュニティー行動規範

パッチノート 1.0

高品質のゲームサーバーとインフラストラクチャーを提供

「VALORANT」は、リリース時からティックレート128Hzの専用サーバーで提供されており、全プレイヤーの動作が128fpsまでアップサンプリングされるようになっています。

このため、インターネット接続の影響でラグが発生しているプレイヤーの動きもサーバー側で自動的に補完され、他のプレイヤーから見た際の動きが滑らかになります。

さらに世界規模のインフラ設備もされており、「Riot Direct」と呼ばれる独自のISPピアリングネットワークが全世界の大都市に設置されています。

これによって、全世界で70%以上のプレイヤーに35ミリ秒以下のpingが提供されます。

イメージ




独自開発のチート対策技術も搭載

「VALORANT」の開発にあたっては独自のアンチチートシステムも同時に開発して組み込まれており、チート検知ツール「Vanguard」によってチート検知メソッドの常時更新と、チート使用者の即時処分が可能になっています。

なお、試合中にチート使用者が検知された場合は試合はその場で中止となるものの、他プレイヤーに処分が下されることはないということです。

イメージ

イメージ

まとめ

ライアットゲームズの新作「VALORANT(ヴァロラント)」が、ついにサービス開始されました。

このゲームは5人対5人のタクティカルFPSで、eスポーツ競技タイトルになることも見据えた設計がされています。

さらに独自のチート検出システムが組み込まれており、高品質ゲームサーバーや世界規模のインフラも整備されてのリリースになっています。

βテストの段階から注目されてきたこのゲームは、"LoL"に続くeスポーツタイトルの定番になりそうですね。

その日に備えてぜひプレイをし、腕を磨いておきましょう。

ソース:「VALORANT」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう