イメージ

株式会社テクノブラッドは2020年12月16日(水)、新しいグローバルなeスポーツリーグ「World Super League(WSL)」の発足を公式に発表しました。




グローバルな新eスポーツリーグ誕生へ

今回発足が発表された「World Super League(WSL)」は、様々なオンライン大会を開催しているテクノブラッドが主催するグローバルなeスポーツリーグで、世界92か国が加盟する国際eスポーツ連盟(IESF)公認のもとに、世界最高のeスポーツ選手たちが参加します。

スローガンは「The Esports you Making!」となっており、これには"ファンが作っていくeスポーツ大会"という意味が込められています。

大会の開催地や種目、出場選手などの選定はファンの意見を反映して決められていく方針で、今年11月30日にIESFが韓国・釜山で開催した世界eスポーツサミット(GEES 2020)にて、最初の大会日程が公開されています。

イメージ

4つのエリア展開で選手を選抜

WSLでは、

・アジア-オセアニア

・アメリカ

・ヨーロッパ

・中東アジア-アフリカ

の4つのディビジョンで地域大会が行われ、各大会で選手が選抜されていきます。

大会では、誰でも参加可能なオープントーナメントとファンの投票によって人気選手を招待するインビテーション方式が並行して行われていき、翌2021年末にはグローバルファイナルで世界トッププレイヤーが決定される予定になっています。




第1回は8種目で2021年に開催

第1回目の開催は2021年開始予定で、

・正式種目5種目

・デモンストレーション競技3種目

の計8種目で実施されます。

初年度の賞金総額の規模は45万ドル(約5千万円)となっており、グローバルファイナルは韓国で開催されます。

また代表選抜の詳細については、2021年5月頃に発表される予定になっています。

大会のグローバル化でeスポーツの活性化へ

WSLを主催するテクノブラッドでは、eスポーツ黎明期から様々なeスポーツ大会を運営しており、特に2002年から2013年までは「World Cyber Games(WCG)」の日本運営を手掛けています。

また2012年から2016年までの東京ゲームショウではeスポーツイベント「Cyber Games Asia(CGA)」を共同開催しており、ネットカフェ公認大会「TechnoBlood CUP」やPUBGのオンラインイベント「PUBG TechnoBlood イベントマッチ」の運営などを展開しており、今回の新eスポーツリーグ展開でも更なる盛り上がりが予想されます。

今回のリーグ発表にあたって、同社代表の柳さんは「WSLはファンとの交流で作っていくグローバル規模のeスポーツ大会」であるとし、「eスポーツファンなら世界中の誰もが参加して楽しむことができる大会になるだろう。」とコメントしています。

イメージ

WSL大会に関する情報(YouTube)

まとめ

テクノブラッドが今回、新しいグローバルなeスポーツリーグ「World Super League(WSL)」の発足を発表しました。

このリーグは世界4つのエリア大会にて代表選手を選抜し、世界決勝となるグローバルファイナルで世界トッププレイヤーが決定されます。

第1回は2021年から開始される予定で、全8種目による試合が行われます。

新しく誕生したこのリーグでは、世界中からどんなプレイヤーが集まってくるのでしょうか。

採用されるタイトルにも注目が集まりそうです。

ソース:プレスリリース[ValuePress]

Twitterでフォローしよう