イメージ

一般財団法人日本サイクルスポーツ振興会は、日本国内の自転車競技のトップ選手たちも出場するオンラインMTBレースを、2020年5月10日(日)に開催することを発表しました。

このレースは、インドアサイクルトレーニングアプリ「ZWIFT」上で行われます。



トップレーサーも参加!「オンラインMTBレース」が開催へ

「オンラインMTBレース」は、インドアサイクルトレーニングアプリ「ZWIFT」内のジャングルサーキットで行われる、オンラインMTB(マウンテンバイク)レースで、2020年5月10日の午前11:00にスタートします。

トータルで約1時間のレースが予定されています。

「オンラインMTBレース」は、日本のMTBレースシーンをリードする日本サイクルスポーツ振興会評議員でもある、"Dream Seeker MTB Racing Team"の山本幸平選手を中心とした国内の自転車競技のトップ選手たちが集結して、また日本自転車競技連盟マウンテンバイク委員会協力のもとに行われるものです。

同財団によると、

「昨今の新型コロナ情勢により各種自転車レースの開催も延期や中止が相次ぐ中、たびたび叫ばれている"STAY HOME"を明るくアクティブに乗り切る手助けになればという思いから開催が決定された」

ということです。

イメージ

MTB Japan community on ZWIFT公式Facebookより

エントリー受付中!YouTubeでライブ配信も

レースへのエントリーは現在受け付けられており、エントリー方法はレース公式Facebookで案内されています。

カテゴリー別エントリー方式が採用されており、トップクラス選手による屋外大会さながらの“ガチ”レースをはじめ、様々なレベルのサイクリストがレースを楽しめるようになっています。

またレースの様子はYouTubeでライブ配信も行われることになっており、レース観戦を楽しみたいというニーズにも応えつつ、eスポーツの新たなる可能性を日本から発信する機会にもなっています。

【日時】2020年5月10日(日)10:45~12:00(予定)

【実況】松本佑太選手&JCSPA天の声

【解説】鈴木雷太氏(MTB日本代表監督)※リモートでの解説参加

配信(YouTube『バンクリーグ』チャンネル)

レースカテゴリー

参加者は、FTP別で各クラスにエントリーすることが可能です。

・Aクラス(FTP 4.0~5.0wkg) ジャングルサーキット 3周 スタート11:00

・Bクラス(FTP 3.2~4.0wkg) ジャングルサーキット 2周 スタート11:01

・Cクラス(FTP 2.5~3.1wkg) ジャングルサーキット 2周 スタート11:02

・Dクラス(FTP 1.0~2.4wkg) ジャングルサーキット 1周 スタート11:03

エントリー詳細(公式Facebook)




Aクラスには6人のトップレーサーが参加

今回エントリーが受け付けられているクラスの内、Aクラスには、同財団をはじめとする3チーム6人の選手が参加します。

また開催の発表と共に、レース発起人選手代表として、同財団評議員の山本幸平選手からのコメントが公開されています。

レースのキャンセルや延期が続いている中、今回オンライン上でレースが開催される事に、喜びを感じると共に、エキサイティングな気持ちになっています。eスポーツならではの走り方が勝利につながると思っています。安全且つ健康と強化に繋がる、素晴らしい機会を設けてくれた事に、感謝すると共に、世界が一刻も早く、平和な日々となることを祈っています。

引用:「オンラインMTBレース」プレスリリース

Aクラス出場選手

Dream Seeker MTB Racing Team

イメージ

山本 幸平選手/北林 力選手

FUKAYA RACING Team Scott Japan

イメージ

松本 佑太選手

イメージ

竹内 遼選手

Team Scott Japan

イメージ

松本 一成選手

イメージ

松本 璃奈選手

ゲストライダー(予定)

沢田 時(BRIDGESTONE CYCLING)

平野 星矢(BRIDGESTONE CYCLING)

今井 美穂(CO2bicycle)

永田 隼也(KONA RACING TEAM)

九島 勇気(玄武/Mondraker)

まとめ

トップレーサーたちも参加するオンラインMTBレースが、インドアサイクルトレーニングアプリ「ZWIFT」内のジャングルサーキットで開催されます。

このレースは昨今の社会情勢から叫ばれている"STAY HOME"が明るいものになる手助けになるようにと企画されたもので、現在エントリーが受け付けられています。

レースの様子もYouTubeでライブ配信が予定されており、ネット環境さえあれば自宅からでも観戦することができます。

最近「自粛疲れ」という言葉をよく耳にしますが、このようなオンラインイベントへの参加・観戦を通して、今の事態を乗り切っていきましょう。

ソース:「オンラインMTBレース」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう