イメージ

株式会社XENOZが運営するプロeスポーツチーム「SCARZ」と株式会社STUN・大日本印刷株式会社は、バトルロイヤルゲーム「Apex Legends(PC版)」のアマチュアとプロプレイヤー及びストリーマーを対象とした大会「Cypher CUP」の第2回大会のエントリー受付を、2021年4月22日より開始したことを発表しました。




「Cypher CUP」とは?

「Cypher CUP(サイファーカップ)」は、プロeスポーツチームSCARZとSTUN社が主催し、DNP社が企画運営協力する、アマチュア・プロプレイヤーとストリーマーを対象にしたeスポーツ大会です。

世界中で人気のバトルロイヤルゲーム「Apex Legends(PC版)」を使った熱いバトルが、2021年4月~7月の全5回大会で繰り広げられます。

賞金賞品総額は200万円で、各大会の上位5チーム(4回計20チーム)がGRAND FINALへの出場権を得られ、GRAND FINAL優勝チームには「120万円」の賞金が贈られます。

第2回大会のエントリースタート!

5月16日(日)に開催される第2回大会の一般枠出場チームのエントリーの受付は4月22日から開始されました。

この大会は有名ストリーマーと戦えるチャンスとなっており、応募締切は5月5日までとなっています。

エントリー:Cypher CUP公式サイト

Cypher CUP 開催概要

アマチュアチーム、プロチーム、ストリーマーチームそれぞれで構成した計20チームでバトルが繰り広げられます。

大会3回・祭1回・最終の『GRAND FINAL』の全5回の日程で実施され、大会は各回アマチュア17チーム、ストリーマー3チームで競います。

7月開催の祭ではプロ10チーム、ストリーマー10チームが参加します。

大会では公式大会ルールを採用し、祭では特殊ルールを用いた企画を絡めて盛り上げます。

大会概要

イベント名:Cypher CUP (サイファーカップ)

応募締切: 5月5日(水)23:59

ゲームタイトル:Apex Legends (PC版)

配信日時: 各回とも18:00より開始

[第2回大会] 5月16日(日)

[第3回大会] 6月27日(日)

[祭]    7月24日(土)

[GRAND FINAL] 7月25日(日)

会場:参加チームはオンライン参加。MC・解説はスタジオ参加。

配信先:YouTube

Twitch

主催: SCARZ、株式会社STUN

企画運営協力:大日本印刷株式会社

第2回出演者:
MC・実況 トンピ? / 解説 Rumad

参加費:無料

参加資格:
・ 大会当日にオンライン大会に参加できること

・ 一般応募のアマチュア枠は、プロプレイヤーの参加は不可

詳細:Cypher CUP公式サイト

Cypher CUP公式Twitterアカウント

第2回大会 出演者紹介

MC・実況: トンピ?

FPSゲーム、主にAlliance of Valiant ArmsやRainbow Six Siegeを中心にeスポーツキャスターとして活動。

国内・国際大会の大会実況やMCを務め、自身でも多くのイベントを手掛けeスポーツ業界の活性化とコミュニティの拡大を目標に掲げ活動を行っている。

プレイヤーとしても優勝経験がある実力者。

引用元:プレスリリース

解説: Rumad

SCARZ所属のプロ選手として活動中。

解説、コーチ、選手など様々な経験を持ち、的確で頭脳明晰な解説が視聴者に刺さり定評がある。

Cypher CUP第1回から解説を担当。

引用元:プレスリリース




第1回(4月11日)大会結果

第1回の結果も今回の発表と併せて公開されており、ストリーマーチーム代表は、NIRUさん・TIE Ruさん・Alpha Azurさんの3名が参戦しています。

またストリーマーチームメンバーとして、アルス・アルマルさん(にじさんじ)、乾伸一郎さん、アマチュアチームメンバーとして、瀬戸 美夜子さん(にじさんじ)などの豪華メンバーが参加しました。

優勝チームは、ストリーマーチームの「Team NIRU」で、GRAND FINAL出場権を獲得した上位5チームは、アマチュア枠から3チーム、ストリーマー枠から2チームという結果になっています。

第1回ダイジェスト動画(Youtube)

まとめ

「プロに加えてアマチュアも輝けるような大会」がコンセプトの「Cypher CUP」。

4月11日に開催された第1回大会に続き、第2回大会が5月11日に開催されます。

一般枠出場チームのエントリーも公式サイトで受付が開始されました。

有名ストリーマーと戦えるチャンスに、是非奮ってご応募下さい。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう