イメージ

マルチクライアントの市場調査レポートを発表しているKenneth Researchは2020年7月24日(金)、2020年~2030年の期間の世界のeスポーツ市場の成長に必要な統計的・分析的アプローチに基づいたレポートを発刊しました。

このレポートでは市場の概要がまとめられており、市場の成長に関連する現在と将来の市場動向に関する詳細な議論が掲載されています。




eスポーツ市場に関するレポートが公開へ

2020年7月24日に発刊されたレポートは、世界中のあらゆる分野に関する市場調査レポートを発表しているKenneth Research社が公開したもので、今回はeスポーツ市場に関する2020年~2030年までのビジョンがまとめられています。

eスポーツは現在、スポーツのすべての機能がヒューマンコンピューターインターフェイスを介して実行される電子システムによって促進されるスポーツの一種と認識されており、ゲーマー達は様々な種類のゲームの側面を単一のシステムで体験することが可能です。

またソーシャルメディアを含む様々なプラットフォームでストリーミングできるシステムによって促進されており、野球やサッカーなどリアルスポーツの主な媒体である新聞・ラジオ・テレビなどを超える勢いで広まっています。

昨今のコロナ禍で更なる広がりへ

レポートによると世界のeスポーツ市場は、昨今の新型コロナパンデミックの中で、リモートスポーツと仮想ゲームの必要性が高まっているために、2020年~2030年の間に年間18.8%の成長率で成長し、2030年までには73億230万米ドルに達すると予測されています。

また

・視聴者のリーチとエンゲージメント活動の増加

・ゲームのライブストリーミングの増加

・リーグトーナメントのインフラストラクチャの増加

は市場の成長を促進する重要な要素と捉えられており、ゲームトーナメントの人気の高まりや印象的な国際的な賞金プール・ストリーミング収益・1対1のスポンサーシップによって、eスポーツをプロのキャリアとして検討する傾向もみられます。

さらに大学や専門学校などでは、熟練した専門家を育成するためのeスポーツ専用カリキュラムを始めるところも出始めています。

イメージ

ゲーム人気が市場の牽引役に

何十年も昔からビデオゲームは存在しており、子供も大人も同じように楽しめるエンターテイメントを提供しています。

その中で、最近のゲームテクノロジーの進歩や消費者間の好みの変化・所得水準の上昇・モバイルゲームの需要の増加などの要因により、オンラインゲームの市場は健全なペースでの成長が見られています。

またゲーマーの数は、スマホの普及とインターネット接続の向上によって急速に増加しています。




eスポーツ市場はジャンル・地域によって分類

このレポートでの世界のeスポーツ市場は

・"FPS"や"PvP"などのゲームの種類別

・スポンサーシップや商品化などの収入源別

・スマホやPCなどのデバイス別

・Youtubeなどのストリーミングプラットフォーム別

・閲覧者のタイプ別

・年齢層別

によって分類されています。

さらに北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)、中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカの地域に基づいてさらに区分されており、レポートでは各分類・地域のY-o-Y成長率やBPS分析・市場の魅力と併せて、値および量別による市場規模の詳細な予測も報告されています。

また予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因と、成長ドライバー・市場機会・課題・脅威などの市場ダイナミクスも強調されており、SWOT分析・PORTERの五つの力の分析・PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用した予測評価も提供されています。

レポートのサンプル(英語)

調査レポートの詳細内容(英語)

まとめ

Kenneth Researchから、eスポーツ市場に関する調査レポートが発刊されました。

このレポートでは2020年~2030年のまでの世界eスポーツ市場のトレンド予測と成長機会を、ゲームタイプ別・収益源別・デバイス別・ストリーミングプラットフォーム別・視聴者タイプ別・視聴者別・年齢層別・地域別にまとめて報告しています。

ここ数年でeスポーツ市場は成長を続けていますが、今年のコロナ禍を機に急激な広がりを見せています。

「ウィズ コロナ」となるこれからの時代、eスポーツ市場は実際にどのような発展を遂げていくのでしょうか。

ソース:Kenneth Researchプレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう