イメージ

株式会社meleapは2019年12月15日(日)に開催された「HADO WORLD CUP 2019」の結果を発表しました。

「HADO WORLD CUP 2019」は計16チームが世界王者の座と勝賞をかけて戦ったほか、様々なパフォーマンスや最新AR技術を体験できるブースが設置されるなど、会場全体が熱気に包まれた世界一を決めるにふさわしい大会となりました。

「HADO WORLD CUP 2019」とは

「HADO WORLD CUP 2019」は、meleap社が開発運営する最新AR技術を使ったテクノスポーツ「HADO」の世界一を決める大会で、2019年12月15日(日)に渋谷ヒカリエホールで開催されました。

世界9ヶ国と地域の代表16チームが集結し、世界王者の座と優勝賞金200万円をかけた戦いを繰り広げています。

4年目の開催となる今回の会場には、HADOの大会史上最多となる676名が来場し、この熱い戦いを見守りました。

イメージ

世界王者についたのはチーム「和心」

本年度大会の結果、上位には

1位:和心

2位:ヒュブリス

3位:BuG Bro.

がランクインしており、1位には賞金200万円・2位には賞金50万円・3位には20万円が贈呈されています。

決勝戦では本年度大会の優勝候補にあがっていた「ヒュブリス」と、1年ぶりにグランドスラム大会へ出場した「和心」が熱戦を繰り広げ、撃ち合いとなった第1ラウンドを「和心」が制します。

続いて行なわれえた第2ラウンドでは、シールド特化のプレイヤーを二人使うという作戦を展開した「和心」が序盤からのリードを守りきって勝利。

連続で勝利を果たし、見事世界王者の座につくという結果になりました。

イメージ

チーム「和心」

イメージ

チーム「ヒュブリス」

3位に輝いた「BuG Bro.」は、最古参チーム「わちゃごな☆ピーポー」との戦いでフルセットの末に勝利し、見事3位に入賞しています。

イメージ

チーム「BuG Bro.」

本大会で活躍したチームにも特別賞が

また今回の大会で活躍したチームとプレイヤーにも、それぞれ特別賞が贈られています。

特別賞は

ベストチャレンジャー賞:Team MAS

ベストパフォーマンス賞:わちゃごな☆ピーポー

ゴールデンエナジー賞:津軽三味線健太郎君選手

の2チームと1選手に贈られており、それぞれ賞金10万円が贈呈されています。

ベストチャレンジャー賞に輝いたマレーシア代表の「Team MAS」は今大会において唯一日本チームを破った猛者で、決勝トーナメントへの進出を果たしています。

イメージ

チーム「Team MAS」

ベストパフォーマンス賞を獲得した「わちゃごな☆ピーポー」は、試合終了0.5秒前で2点を返しオーバータイムへ持ち込むという神業を繰り出し、会場を大いに沸かせる一戦を展開しました。

イメージ

チーム「わちゃごな☆ピーポー」

そして大会MVPとなるゴールデンエナジー賞を手にしたのは津軽三味線健太郎君選手で、決勝戦第2ラウンドの多大なプレッシャーの中、唯一のアタッカーとして6得点をあげるという快挙を成し遂げています。

イメージ

津軽三味線健太郎君選手

試合の様子はYoutubeでも配信

また大会の様子は大会はYouTubeで生中継されており、会場に来た来場者だけでなく、ネットを通じて多くの人々も観戦しています。

>>配信チャンネル(Youtube)

会場ではダンスパフォーマンスも

そして試合の合間にはHADOのPRチーム「HADO CREW」がダンスパフォーマンスを披露し、セクシーでクールなステージを観客に見せることで更に会場を盛り立てています。

イメージ

PRチーム「HADO CREW」

会場では他にもWORLD CUP限定のオリジナルグッズの販売や出場チームによる物販コーナー、寿司や軽食の販売・HADO体験ブースなどが展開されており、スポーツエンターテインメントとして老若男女誰もが一日中楽しめる大会になっています。

大会概要

大会名:HADO WORLD CUP 2019

開催日:2019/12/15(日)

開場/開演:12:00/13:00

会場:渋谷ヒカリエ ヒカリエホール

大会公式サイト

まとめ

今月15日に東京・渋谷で、「HADO WORLD CUP 2019」が開催されました。

この大会は最新ARスポーツ「HADO」の世界一を決めるもので、今年の王者にはチーム「和心」がつくという結果になっています。

上位3チームの他、奮闘したチームや選手には特別賞が与えられ、それぞれが賞金を手にしています。

今シーズンはこれで終わりですが、これから始まるであろう2020年シーズンも今大会に負けない盛り上がりになりそうですね。

今回勝利したチームも、惜しくも敗れ去ったチームも、来シーズンのさらなる活躍が期待されます。

ソース:「HADO WORLD CUP 2019」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう